スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子高生 GIRL'S-HIGH 最終話です。


最終回を迎えてしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
視聴したばかりの頃は、『おぱんちゅ』アニメなのか?
なんて思っていましたけれど、ココまでハマってしまうとは
思いもせず(苦笑)


4月から視聴させて頂いているアニメの中でも、
いろんな意味で『型破り』な作品だったと思います。
スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした^^


主観的あらすじ


年に一度の文化祭。
絵里子達のクラスは、メ○ド喫茶を開く予定のようです。
eriko『入れ食い状態間違いなし』
がっぽり儲けたら、クラス全員で海外よ!!
妄想するおバカ軍団を、物陰から不敵に笑う西園寺。
そして文化祭当日。クラスメイトのホトンドが欠席するなか、
いるのはメイド姿のおバカ軍団と宝塚系の毛利&小柴さんだけ。
それでも気合をいれ、やる気を出すおバカ軍団。
校舎内は活気にあふれてるし、
宣伝ポスターも人目につくところに貼ったし。
後は、『モエ』をお目当てのお客を待つばかり。
しかし、客が来ない。
すっかりだらけたおバカ軍団の前に香田が現れ、こう告げます。
客が来ない理由はなんと!
松組のメ○ド喫茶だった!
しかも猫耳!
作戦勝ちと評し、鼻で笑う西園寺。
怒りのおバカ軍団は、
あろうことか竹組VS松組の売り上げ勝負を持ちかける!


ogawa『また来週!』
yuma『ってか、来週ないし』
ogawa『じゃ、また今週^^』
eriko『駄目だ、こりゃ(ー'`ー;)ハア』


さて、まとめ感想に。(長くなりそうです)


・最後は『8○だヨ、全員集合!』ですか(爆笑)

せっかくなので、今までのOPネタなど。
コチラで判明したものだけ載せておきます^^
※元ネタが明らかなものに限ってます。


2話 ワ○ピース
3話 太陽にほ○ろ
4話 西○記
5話 太○戦隊サンバルカン(又は電子戦隊デ○ジマン)
※姫路のエ○リアン女王の下○タ・・・もとい元ネタは
両作品に出演の『ヘド○アン女王』です。
8話 マ○ア様が見てる
9話 NA○A ⇒わからなかったので、妹に聞きました。
10話 必殺仕○人シリーズ
11話 と○メモ
12話 8時だョ!全○集合


OPから色々と楽しませて頂きました。
『来週』がないのが、本当に残念です。


・文化祭!文化祭!文化祭!
年に一度の行事に気合を入れる絵里子達。
とは言え・・・
実際に参加していたのは
いつもの軍団メンバーerikokodayumaayanohimejiogawa
毛利&小柴さんの『耽美派』コンビ。
他のクラスメートは
『部活の催物』『高レベルの娘はお出かけ』
『特定ジャンルの娘は同○誌販売会』
なんともバラバラのようです。
『良く似合うよ、サヤカ・・・』
『愛の女神も嫉妬するよ(*^-^)』
今回の前半の見せ場その1ですね^^


小川のツッコミが冴えてました。
ogawa『声変わってるけど・・・変声期なのかな?』
あのね、男の子じゃないんだから(苦笑)


そこへリサーチから戻ってきた香田。
かなりの重要情報を持ち帰ったようです。
西園寺の松組なんだけど・・・
ウチと同じメ○ド喫茶やってるし!!
しかも『萌え』重視の『猫耳』装備だし!!


早速隣の様子を覗いてみると・・・
『お帰りナサいだニャン♪』
ナルホドね・・・
勝ち誇る西園寺。
と言うか・・・貴女誰?
随分前に登場したきり出てこないので・・・
正直、忘れかけてました。
そんな視聴者?の心のつぶやきに答えたのか、
必死に弁解の西園寺。
『香田のライバルで、運動会の玉転がしで熱闘を繰り広げた・・・』
そういえば、いましたねそんな娘が(笑)


『ダセエ着こなし』
これだから”未経験”組は・・・
見下す西園寺。
アノネ、姫路himejiだけ”違います”から^^;
その一言が、絵里子達の闘争心に火をつけて・・・
eriko『竹組VS松組の売り上げ勝負よ!』
あーあ、始まっちゃいましたよ。


・今までの総集編をかねて

先攻は、竹組から。
まずは、いじられキャラの綾乃を。
ウチの喫茶は今だと・・・
eriko『スカート短縮サービスやってま~す!!』
由真の手に光る裁ちばさみがキラリと光り・・・
ジョキジョキ・・・
ayano『なんで私だけなのよ~(ノ◇≦。)』
ホトンド布地のないミニスカートが完成。
eriko『スカート切るの上手くなったジャン』(第1話)
yuma『まあな』
コラコラ^^;
問題は・・・放送終了まで、綾乃はあの格好で営業してたのか?
なんてツマラナイ事を考えてみたり見なかったり。


対する松組は、『お兄ちゃん』戦法に変更!
体操着姿で『特定属性』を喚起する作戦に。


ますますエスカレートする営業活動。
今度は、身体検査のケープを導入する作戦に!(第2話)
himeji『それはサスガにねえ・・・』
koda『風○じゃないんだから』
・・・ゴモットモです。
ayano『じゃあ、どうしてこんなカッコさせたのよぅ!!』

絵里子達が繰り出した最終作戦は、何とスパ&マッサージ。
キーマンは、『マッチョ松尾』でした。
かつて由真を口説いた証拠写真(第7話)を用い、
温水プールの使用許可を取る荒業を披露!

ところが、これが更なるエスカレートを呼ぶ事に・・・


・ODAGIRI、『アートネ○チャー疑惑?』
どうやらそのようです。
1番手のお客がODAGIRIだったのですが、
yuma『ったく・・・ゲンが悪い』
eriko『仕方ない、ぼったくるか』
酷い言われ方をされた上に、
プールに突き落とされる悲惨な結末。
画像をお持ちの方は是非確認を。
『カツラ』が飛んだ瞬間を見られると思います。


・サービス、サービス!?
加速度を増すおバカ軍団の暴走。
マッサージは良いのですが・・・
eriko『折角だから、客寄せに』
ローションをたらして・・・
erikoyumaによる『☆△○□※』プレイを敢行!
※とても書けません(爆笑)
最後の最後まで、女子高生テイスト満載でした。


これが功を奏したのか、お客が入り始めるのですが・・・
himeji『ゴメン、この人と付き合うことになったから』(2・3話)
ogawa『お昼寝タイム』(3話)
yuma『マズイ・・・生○』(4話)
しかも、血のついた手で絵里子と握手!
た、助けてぇ~(泣)


最後に残った香田と絵里子ですが・・・
※綾乃は下高谷君とラブラブ受付中。
『アタシが弱音吐く訳に行かないでしょ』
香田・・・と感動する間もなく。
『俺、中村だけど・・・』(第11話)
あの時は悪かったけど、一目ぼれしたんだ。
虫がいい話だけど、良ければ付き合ってくれないか?
eriko『え・・・』
思わぬ告白に戸惑いつつも、受け入れる絵里子。
しかし・・・
『香田さん』
eriko『え゛』
悪いわね、絵里子~♪
koda『女の友情より、男よ、オ・ト・コ』
こらー!!
と言うよりも、桃香momokamodoki登場の時点で振られてました(爆笑)


最後に現れた救世主は、桃香でした。
momokamodoki『いいですか、私達女子中高生は・・・』
一番価値のあるブランドなんです!!
彼女の機転により、人数不足のハンデを補う事に成功しますが・・・
それでも、売り上げ的には松組には敵いませんでした。


・キャンプファイヤーの炎を見つめて

eriko『ば』koda『か』yuma『ぐ』ayano『ん』himeji『だ』ogawa『ん』
momokamodoki『妹』


罰ゲームとして、額に『キ○肉マン』仕様の
落書きを入れられる絵里子達。
大騒ぎした文化祭も、これでオシマイ。
校庭の中央に立つキャンプファイヤーがとても綺麗に見えました。
由真に耳打ちする桃香momokamodoki
yuma『来年、咲女受験するってさ』
いい終わり方ですよね・・・
そして月日が経ち、2年に進級した絵里子達。
入学式には、咲女の制服を着た桃香の姿。
腐れ縁のように、
今年も6人erikoyumaayanokodahimejiogawa揃って同じクラスの絵里子達。
担任も、『アイドル教師ODAGIRI』ですし。


いつもと変わらない日常と、少しだけバカやりながらの青い春。
いつかは遠い思い出になる世界。
でも、あのときの疾走感だけは忘れない。


3ヶ月がとても短く感じられました。
DVDなどでまた、タノシミに視聴するとしましょうか。
※画像アイコンは、『Luner-Light』様の素材をお借りしています。


特設サイトの方では、ストリーミング配信を行っているそうです。
興味のある方は、公式サイトから行ってみては?
(現時点で9話の配信なので、お早めに)


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)








参照りんく
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1438769
スポンサーサイト
女子高生 GIRL'S-HIGH 第11話です。


今回は、美に磨きをかけた女達の?
戦い・・・・でイイノカナ^^


主観的あらすじ


せっかくの休日を、部屋でぐうたらしながら過ごす絵里子eriko
母親に言われ、しぶしぶ掃除を始めた時に見つけた一枚のハガキ。
翌日。
ニヤニヤしながら御登校の絵里子。
髪形も変え、香水もつけ、元気良く教室へ
いつもと違う絵里子を不思議がると言うより、
『くちゃい○| ̄|_』と言うおバカ軍団。
そこで絵里子を問い詰めると、同窓会があることが発覚。
そこで語られた思い出話。
小学校時代の淡い恋の思い出。
『なるほどね・・・』
納得した香田達。
放課後に絵里子を含め、
おバカ軍団の乙女化計画を敢行することに。
しかし、すぐに行き詰まりが。
そこで由真の妹、桃香の力を借りる事になるが・・・


『子持ち・・・?』
『目的がなくなるとだらしなくなるから嫌なの(`皿´)』


さて、まとめ感想に。


・ついに、やっちまったか『女子高生』ネタ^^
これはどこの『と○メモ』でしょう?
懐かしさと共に、どこか笑える要素が
満載だったのが女子高生テイストかも。

せっかくなので・・・

絵里子eriko=詩織siori、香田koda=片桐さんkatagiri
綾乃ayano=如月さんkisaragi、由真yuma=清川さんkiyokawa
小川ogawa=古式さんkosiki、姫路himeji=鏡さんkagami
・・・でイイノカナ^^
で、隠しキャラって『またツボ』を押さえたところを^^
その意味では、絵里子は館林さんtatebayasiになるのかな?


・決戦、同窓会。
と、ソノ前に。
絵里子さん、部屋ぐらい片付けましょうよ(笑)
それでは、折角の恋も逃げてしまいますって。


・勘違いイメチェンの法則。
あるいは、○○デビューなんてキッツイ言われ方かも。
絵里子的には、精一杯の背伸びかなと思うのですが
(実際可愛らしかったですし)
おバカ軍団的には今ひとつだったみたいで・・・
『香水くちゃい』(by小川)
『この匂いで虫殺せるんじゃない?』(by香田)
最後に由真の『1(ワン)・2(ツー)・3(スリー)』
kabuto『・・・ライダー・キ○ク』
撃破される絵里子ワーム。
(ゴメンナサイ^^分かる人には分かります)


挙句の果てに『いじられキャラ』に確定されるし^^
綾乃の台詞が哀愁を誘います。
『一緒にいじられよヾ(^―^*)』


・絵里子のハツコイ。
小学校の時の思い出。
憧れの男の子に、チョコも渡せなかったあの頃の思い出。
それが、心残りでもあったみたいで
折角の同窓会の機会を逃したくなかったみたいです。
そこで、友情に厚い軍団としては・・・
『乙女度チェック』を敢行!
腕毛、足毛ってモシモシ・・・
まあ、身だしなみ、ってヤツ・・・ナノカナ!?


それぞれの個性がありましたが^^
小川はサプリ。
由真は・・・『鼻毛切』で眉毛の手入れ?
吹き出しました。
リアルすぎですって(笑)


・お値段は250万の素材の差?
桃香の力を借りる事にしたおバカ軍団。
彼女曰く、絵里子は『50万』。
香田は『300万』とのこと。
美容整形で『綺麗になる』金額とのコトですが・・・
ヒッドイの^^
とは言え、お姉ちゃんの友人の為に、
アレコレ丁寧に指導する辺りは
とてもイイ娘に見えました。
洗顔パックに始まり、
ハーブティーで新陳代謝UPまでの至れり尽くせりフルコース。
(絵里子だけラーメンどんぶりと言うのが笑えます)
その甲斐あって、綺麗にメークアップ完了。
絵里子・ハイパーフォーム完成。
パチパチパチ・・・。
しかし、香田がそれを台無しに(爆笑)
『最後は手編みのマフラーで想いを伝えるのよ!』
あのねえ・・・大正浪漫じゃないんですから^^;
『そんなの今時送られても・・・』
『ドン引きだよね』(姫路&桃香)
いやソレハ言わない”お約束”ですから。


・想い出はいつまでも色褪せないままで
始まった同窓会。
憧れの男の子は、確かにイケメンでしたが・・・
隣に立っていた、ちょっと恰幅の良いA-BOY風少年。
多分、ソウイウコトなんだろうなと思いましたが、
やはりソノ通りになりました。

夜なべして作ったマフラーを由真の家に忘れた絵里子。
後を香田達に任せ、取りに戻りますが・・・


香田達も絵里子のためにと作戦を練って・・・いるはずがなく。
姫路は男の子に声をかけられるも、
小川の登場で『子持ちか・・・』
哀れ玉砕。

由真は食べる事に御執心。
香田は、イケメン君に迫ってました。
絵里子が戻るまでの時間稼ぎのようです。
何故かフラフープで登場し、
大股広げて『そそる?』ってアナタネエ^^
『我慢せずに、タベテモイ・イ・ノ・ヨ?』
ふーっ。
耳に息を吹きかけるなっての!
助けて・・・・。


ソノ頃の絵里子。
桃香にゴミと間違えて捨てられたマフラーを追い四苦八苦。
何とかマフラーを手に会場へ戻り、
憧れのイケメン君にコクハクしますが・・・
『俺は隣のクラス。』
君の憧れ君は・・・こっち。
恰幅の良いA-BOY風少年がそうだったのです。
ああ、無情なり。
刻の涙を見る絵里子だったのでした。

あれ?伊集院ijuinは?
だってと○メモなのに?

今回もとても楽しいお話でした。
次回を持って女子高生は『最終回」だそうです。
土曜の楽しみが1つ減ってしまうのは寂しいですが、
9月のゲーム版の発売をタノシミにするとしますか。
※画像アイコンは、『Luner-light』様、
『A.V.M』様のフリー素材をお借りしています。


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)








参照リンク

http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1433515

女子高生GIRL'S-HIGH 第10話です。


今回は、綾乃中心の回でした。
それから・・・下高谷君がとても『素敵』に見えた感じがします。
やはり、彼は『良い人』でした。
この放送の良心なのかも(*´∀`)″ケラケラ
伏字な会話は今回も健在でした。
と言うより・・・ストレートでしたねかなり(爆笑)
それから前回の香田の1件。
しっかり絵里子がツッコミ入れてたのもナイスデス^^


主観的あらすじ


某西○池○線近辺の場末のスナック。
年季の入ったママさんと、酔客のやりとり。

そんなある夜の佐藤家。

下高谷君と時代錯誤なラブラブトークを展開中の綾乃。
それを見て呆れる母、蝶子と姉・史乃。
二人に問い詰められ、
挙句の果てに家にカレシを
連れて来いとまで言われる綾乃。
翌日。
真っ白なブレザーに身を包み、緊張した面持ちで
綾乃宅を訪れる下高谷君。
下着姿の姉と、威嚇する母にタジタジの彼。
男で苦労した?母と姉は下高谷君を質問攻め。
正直に回答していく彼の態度に好感を持つ母と姉。
しかし、その行動が
とんでもない方向に向かってしまい、
危険を感じた綾乃と下高谷君。
その時、天の助けか、由真から電話がかかってくる!


『僕がときめいたのは、メガネじゃないんだ!!』


さて、まとめ感想に。


・来たか、時代劇^^
某必殺シリーズ、池波シリーズなどをちりばめたOP。
必ず殺すと書いて『必殺』
殺すのは、貴方のハート?
じゃあ、綾乃以外は
『必殺仕事人』じゃないじゃん(*^-^)


・ミョーにリアルな綾乃の家族
年季の入ったママさんが、綾乃母。
お水系統のお仕事をしていると思われる、姉・史乃。
『オトコってのはね・・・』
女をモノとしか考えてないんだから。
うわ、生々しいですね今回(笑)
でも、お母さんはかなり良い人でした。
男で苦労させたくないからね。
確かに。
何だかんだで泣くのは女の子、ですから。


・綾乃妄言劇場
下高谷君との電話で・・・
『あーん、下高谷君』
『アイラブユーが溶けちゃうぞ(≧▽≦)』


・・・・。


どんなオトコなんですかそれは?
『春風のような人』
生暖かいのかね(母)


・伏字の会話モード
下着姿で出迎えるお姉さん。
ちょっとマテ、なんて思っていたら・・・
おネエさんがかなり直球な台詞を投下!
『その春風君だって・・・』
『綾乃ちゃん・・・』
『・・・(;´Д`)ハァハァ、うっっ!!』
なんてことあるんじゃない^^


『ぁqwせdfrgtyふじこlp;@:』
飲んでいたコーヒーが・・・


気に入られた後も後で・・・
『布団の用意しておこうか』
『アレは?』
『いらないよ』
『どうせなら、仕込んでもらった方が良いし』


た、助けて・・・


さらに由真まで。
綾乃を抱き寄せ、『お前の全てが欲しい』
『優しくしてね・・・』
ここまではOKでしょう。
問題は次。


『シェイクをこぼしてだな・・・』
あん、下高谷君。
『私、白いので・・・(;´Д`)ハァハァ』
※画像のあるサイトさんで御覧になると良いかも。


ココまで来たら拍手するしかないですね(^◇^)


・下高谷君の憂鬱

周囲の無責任なアドバイスにも、素直に頭を悩ませる彼。
香田が、彼のカウンセリングを買って出ますが・・・
香田、たらこクチビルで迫るのはイカン!!
さらに、綾乃の雰囲気を醸し出そうとメガネをかけたことで・・・
下高谷君の隠された属性が明らかに!!
『メガネかけたほうが綾乃らしく見えるよね?』
『・・・・(〃・pq・〃)モジモジ』
すちゃ(メガネ外した)
『・・・?』
すちゃ(メガネ付けた)
『・・・・(〃・pq・〃)モジモジ』


どうやら、そのようです。
さらに小川と姫路を呼び寄せ、実験を行い、
さらに確信を深めた香田。
※姫路と小川はこの為だけに出演のようです。
『お前は”メガネ”に惚れたんだ!』
それで、タイトルが『メガネ!メガネ!メガネ!』ですか^^


その頃、絵里子達は、綾乃に逆のアドバイスを送っていました。
『コンタクトにした方が良いんじゃない?』
実験の為、街中を歩く綾乃。
その姿にときめく下高谷君。
『イカン、綾乃サン以外の人にときめくなんて!』
いや本人ですから^^
と言うか、気づけよオイって所ですか(爆笑)


・お姉さんも良い人でした
公園で黄昏る彼を励ますお姉さん。
『女だってデタラメ言うんだからさ』
オトコだって同じもんよ。
でも、あんた達はまだ子供だから、
『メガネを外した綾乃と会って、ときめかなかったら別れな』
それぐらいでちょうどいい。
上手なアドバイスを送ります。
で、オチが・・・
『駄目だったら私が可愛がってあげるから』
半脱ぎで迫るなっての!!


そしてご対面の二人。
『綾乃ちゃん、メガネ外してくれないかな・・・?』
素直に応じる綾乃。
『・・・・(〃・pq・〃)モジモジ』
そうだ、さっきのオンナノコ!
あれは綾乃ちゃんだったんだ!
ようやくお気づきの下高谷君。


二人の迷走純愛劇場は綺麗にまとまるのでした。


今回は本編そのものが面白かったですね^^
主体の二人を中心に、
メガネを絡めた意外性で笑わせてもらいました。
伏字の会話も多かったですが、とことんストレートだったので、
ホトンドいやらしい感じはなかったですし。


次回は同窓会のお話ラシイデスネ・・・
残るお話もあと3話。
笑わせてもらえるのもあと3回ですか。
寂しくなりますね・・・


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







そういえば、PS2で9月にゲーム版が発売になるとか。
どんなゲームになるんでしょうね^^


女子高生GIRL'S-HIGH 第9話です。


今回は、シリアスな感じで、実は『コメディ』でした^^
香田の夢にかける情熱がとても素敵だった感じだと思います。
そして、絵里子達おバカ軍団のとても素敵な友情も良かったですね。
あ、そういえば珍しく『おぱんちゅ』が
1回も出なかったですね(苦笑)


主観的あらすじ


『はあ・・・(´⊿`)』


物憂げに外を見つめ、溜息をつく香田。
その様子を見ていた絵里子は、香田に話しかけますが、
その場から離れてしまう香田。
いつもと違う香田の様子が気に掛かる絵里子。
そんな時、絵里子の携帯に弟・大地から
怪我をしたとの連絡が入り、急ぎ病院に向かいます。
怪我は足の骨折で、思ったよりも軽く、安心する絵里子ですが、
そこで診察室に入っていく香田を見かけます。
香田のことが気に掛かる絵里子は診察室へ。
すると、診察室から香田と先生の話し声が!
香田が不治の病にかかっている事を知ってしまいます。
ショックを受け、泣きながら病院を飛び出す絵里子。
物音を聞き、ドアを開ける香田。
何故かその手にはラジカセが・・・


『助けてください!』
『誰か助けてください!!』


さて、まとめ感想に。

・今回のOPネタってナンデショウ?
見ていても分からなかったですね・・・。
どなたかご存知の方がいると良いのですが。
最後に『レッツゴ~!』



『ぼえ~♪』




ひん曲がる東京タワー。
これが最高でした((笑´∀`))ゲラゲラ


・香田あかりの憂鬱?
溜息また1つ。
窓を見ながらメランコリーな香田。
『あたし達の頃ってさ・・・』
某アニメの実写CMのような憂鬱気分。
そんな彼女を心配する絵里子。

大いなる勘違い物語がここから始まりました。


・面倒見の良さがあのオチを生んだのか?
弟君からのSOSコールを受け、早速病院に足を運んだ絵里子。
『なんだ、ただの骨折じゃない(・3・)』
でもホント痛かったんだよ、姉ちゃんヽ(`Д´)ノ
面倒見良いですね、絵里子も。
そんなところへやって来た香田。
彼女を心配し、後をつけた絵里子が耳にしたのは?

『急性骨髄溶血B型肝炎心筋梗塞症候群』
つまり、不治の病だ。
『手遅れだ、助からない』


ガ━━━(°Д°;)━━━ン!!!!!


ショックを受ける絵里子。
いや、その前に・・・
『そんな病名』アリマセンから^^
診察室から出てきた香田。
手には、ラジカセ。
『役作りには、やはり本物の環境で練習しないとね・・・』
そう、彼女が診察室にやってきたのは、
『世界の中心で愛を叫ぼう』のオーディションの為でした。
その中の看護婦役になりきる為、わざわざ病院にやってきたわけで。
もちろん、婦長さんに見つかって、
すぐ叩き出されてましたけど(爆笑)


・誤解、六回、すれ違い?
翌日、香田の事を話す絵里子。
『自分の世界が中心病』『いつもポジティブ病』
『ヘンタイコスチューム病』
などひっどい言われ方をされている香田ですが、
それでも『不治の病』と言う『絵里子の勘違い』だけは
一人歩きを始めてしまったようで^^

役に入り込む香田。
『死ぬってどういうことかしら?』
(役になりきらないと駄目よね:香田)
それを『余命いくばくか?』と勘違いしている絵里子達。

そんな香田を励まそうと、アレコレ考える絵里子達ですが・・・

1.足ツボマッサージを薦める絵里子
『いいの!!』(健康になったら役にならないじゃない:香田)
『ヤッパリ気にシテルンダ』(絵里子)
2.元気になって貰おうとお弁当を薦める由真、小川、絵里子
桃香に作らせたから。
サプリ弁当だよ^^
って小川!
『ドリンク一瓶』がおかずってナンデスカそれわぁ!!
『いいの、食欲ないから』(絶食しないと、役に入れない:香田)
『香田っち、やっぱり・・・。・゚・(ノД`)・゚・。』(小川)


屋上ですきっ腹を抱える香田。
『おなか、すいたな・・・』
でも、目標である女優の為に、ココは我慢、我慢。
ホント、大したものですね(感心)
絵里子がコンナ事を言いました。
『私達、ずっと友達だから』
こっちもこっちで友達思いですよね・・・
微笑ましいです。


3.雨を想う香田
姫路がさりげなく香田を気遣いますが・・・
『コレも運命なの』(そう、女優になるのはね:香田)
『死ぬって運命を受け入れてるんだ』(姫路)

4.体育の授業を休む香田
『あたし達が体をはって守らないと!』(由真)
『体育休まないとね』(病弱な役なんだから:香田)

5.綾乃暴走劇場
今回だけ、下高谷君を1日カレシにしても良いよ。
『デートもした事無いなんて哀しいし』(綾乃)
『それは嬉しいけど』(何か勘違いしてない?:香田)
『王子様と呼んで良いよ』(下高谷君)
彼が一番オカシイですって^^

6.お泊り会の『シオリ』違い?
香田を励ます為、お泊り会を計画した絵里子達。
『しおり』まで作る手際の良さ。
『しおり』と言うワードが台本にあったことから、
『応援会』と勘違いする香田。
アノネエ^^
それはいわゆる『(道案内の意味の)しおり』じゃなくて
『(本に挟む)しおり』ですから!


ドンチャン騒ぎのあと、リビングで絵里子と二人会話する香田。
『逝っちゃ・・・やだ・・・』
『最高のプレゼントだったよ』
チラシ裏(審査会場のおしらせ)に
『さようなら』とだけ残して、部屋を出て行く香田。


大いなる勘違い劇場もクライマックスですね。
例の伝言を『書置き』と勘違いした絵里子達。
その友達を想う叫びが、審査会場の審査員の胸を打ち・・・
『審査員特別賞』を受賞してました^^


そして、とうとう現れなかった当の本人、香田。
『お客さん、終点ですよ・・・』


最後にこのオチでシメですか^^
今回はすれ違いを上手に織り込んだお話で、
とても面白く楽しめました。
たまにはこうしたお笑いも良いですね、この作品の場合(笑)
自分の予想は外れましたけれど^^;


次回の放送も楽しみです。


『WEB拍手』に参加しました。
面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)




女子高生GIRL'S-HIGH 第8話です。

今回は、おバカ軍団の『デビュー前』?が
ヨーク分かった回なのかも・・・しれませんね((笑´∀`))ゲラゲラ
ある意味、おバカ軍団の唯一の『勝ち組』は、
現時点では『姫路』なのかも。


30分、笑わせてもらいました。
アリガトウございます^^


主観的あらすじ


夏休みも終わり、今日から2学期。
2学期早々『ダレ』てるモードの絵里子、由真、
香田、小川の元に中学時代の3人の写真を持ってくる綾乃。
そして絵里子達は昔話に花を咲かせます。

『あの時はね・・・』

絵里子の優等生ぶりが気にいらない由真。
入学早々由真から絵里子にちょっかいを出したのがきっかけで
2人は何でもかんでも張り合ってしまう『犬猿の仲』に。
なんとか仲を取り持とうとする綾乃ですが、ナカナカ上手く行かず。
『このメガネ(`ω´)ペッ』
意外な過去に驚く香田達。
今度は小川が、中等部時代の自分達の写真を取り出し、
昔話を始める。今と変わらない香田、さらに小さい小川、
太っている姫路・・・
絵里子達も香田達の過去に驚きつつ、
それぞれが当時の思い出を懐かしみながら・・・


さて、まとめ感想に。


・これはどこの姉妹(スール)ですか?
真面目に某『12』関係は
大丈夫なんでしょうか?
察しのつく方は多分つくと思います。
だから、『百合の花』な訳ですね。
あるいは、聖リ○アン女学園とか、
今年OVAが出るとか出ないとか^^
・・・あ、CVの人が2人同じだからイイノカ(?何か違う??)


・掃除しなさい、絵里子さんヾ(^-^;)
前回の水着がかけっぱなし・・・
床は散らかり放題・・・
掃除しましょうよ、絵里子さん(苦笑)
これでは、今しばらく、春は遠い思い出の彼方になりそうで・・・


・香田は絵里子以上に『ダレテ』ました^^
香田はそういう人だからOK・・・な訳は無く。
『オヤジ』臭いですって、その格好は。


・今日は、妄言劇場は無しでした。
珍しく、下高谷君が登場しなかったこともあり・・・
毎回楽しみだった妄言劇場はアリマセンデシタ(残念)
でも、綾乃の悲劇は続く訳で・・・
『アルバム持ってきたの(・∀・)』
どうせ”下高谷”とのラブラブバカ写真だろ(-_-#)!!
絵里子と由真の鉄拳制裁発動!
カワイソウに・・・


・ウチも昔は若かった。『おぱんちゅ伝説』ザ・ビギニング~
中学入学当時、総代を務めた絵里子。
そんな絵里子の何が気に食わなかったのか、
同じクラスになった由真はさっそくチョッカイを出します。
『古典的だけど・・・』
足を引っ掛け、見事に絵里子の『おぱんちゅ』丸見え!
しかし、絵里子は冷静にリベンジ。
由真の椅子を引っ張り、同じ目にあわせることに成功!
『ナニヨヾ(`◇´)ノ彡☆』
『上等ジャン(`⊿´)』
そんないきさつがあったのですが・・・


・策士絵里子?
実際、頭は良さそうな感じですしね・・・
決着を、『早食い勝負』に求めた二人。
結果は、由真の勝ち。
勝ち誇る由真を余所に、余裕の笑みを浮かべる絵里子。
実は・・・
『翌日、身体測定』でした^^
つまり・・・由真は・・・・
『デブ』。
恐るべし、絵里子の策略。


・趣味は身を助ける?
実は同じアーティストが好きだった二人。
CD屋での鉢合わせで、
好きなアーティストの『レア盤』の話題が
出た事がきっかけでした。
『一生懸命お手伝いしたけど・・・』
間に合わなくて、買えなかった。
絵里子は言います。
それに感じるものがあった由真。
翌日・・・
『これ。』
ぶっきらぼうに、自分の持っていたレア盤を
絵里子に貸し出すのでした。


・何気に『ローゼン』とか『G.U』とか?
CD屋の棚に、ソレっぽいCDがちらほらと。
※分かったのはソレぐらいですね^^


・ウチも昔は若かった。姫路『勝ち組』伝説への道~
ゴメンナサイ、そんな風に見えました。

後半で、姫路の株がかなり上がった感じがします。
前半の内容を受け、今度は小川が自分達の
中等部時代の写真を出しますが・・・


・香田はさほど変化無し(デコぐらいかな^^)
・キューピー小川(しかも今よりも小さい)
・ビア樽が一樽(ホントゴメンナサイ)
あれ?姫路は?と疑問に思う絵里子達。
『何言ってるの?いるじゃない。』
そうなんです・・・かつての姫路は『太っていた』んですよ!!
(,,'Д')ポカーン


いまのスレンダー姫路からは想像もつかないんですが^^;
これには、とあるきっかけがあったそうです。
エスカレーター組だけに、『免疫』のなかった3人。
中学に進学した今、心機一転、『カレシ』を作ろうと考えた訳です。
道歩く男の子にも簡単にときめいてしまう自分を変えたい。
それが始まりでした・・・・って姫路!!
匂いをかぐな残り香を(爆笑)
ちなみに、小川はこの時点で『目腐れ』
(いい男の判別がつかないこと)を起こしていたようです。
カワイソウに・・・
さらに、『末期症状』だとか。
※年配の先生を『カッコイイ( *^▽^)』なんて言ってましたし(苦笑)
この頃の香田は、女の子にモテテいたようです。
『今の自分達は、目腐れ、アイドルオタ、デブ』
このままじゃヤヴァイ・・・
お婆さんになるまで女同士仲良く・・・
それはイヤ!!
さらに、姫路の隠された秘密?が・・・
実は中学時代『アイドルODAGIRI』に一目惚れしていた事が発覚!!
これは驚きました。
で、ダイエットを決意したと。
結構、健気だったんですね・・・


・女の悩みは『おトイレ』で解決?
一人トイレで悩む姫路。
助け舟を出したのは・・・なんと絵里子達でした。
もっとも、壁のせいで顔は分からず。
『インドで修行』『海で10年ほど漂流』『滝に打たれる』
かなり『テキトー』な助言?をする由真。
それが姫路の中の『ナニカ』を変えたとは夢にも思わず・・・


・What Time is it now?
『今南寺』にて修行を決意した姫路。
って・・・シャレですかこれわ^^
その結果、なんと夏休み中に『17キロ減量』に成功した姫路。
で、現在に至ると。
しかし・・・現実は甘くアリマセンデシタ。
綺麗になったし、イザ憧れの先生に告白!と思ったら。
『イイヨ、ユウイチロウ・・・』
『その角度も素敵だ・・・』
何とナルシストであることに気が付いてなかった姫路(苦笑)
こうして、この記憶は忘却の彼方へと・・・


・綺麗にまとまる訳ないじゃないですか^^;
エピローグで、例のCDの件を尋ねた由真。
『・・・ごめん』
ネットオークションで『¥12000』で売ってしまったそうです(笑)
ヒッドイですね^^;
女の友情は、そんなものなんでしょうか?


『女子高生』らしいエピソードといえば、そうでしょうけれど(苦笑)


次回は香田がピンチのようですが・・・
もしかして『ムシムシ』君疑惑とか?
何故か、そんな気がするんですけれど・・・
普通のエピソードが似合わない感じですしね、彼女の場合^^;


女子高生 GIRL’S-HIGH 第7話です。


今回は、香田の影の活躍?が光ったのかもしれませんね(^◇^)v


主観的あらすじ


待望の夏休み。
プールにやってきた、おバカ軍団外部生組。
しかし、綾乃はしっかり下高谷も呼んでいました。
呆れつつも、楽しんでいる絵里子と由真。
そこへ、声をかけてきた2人組みの男。
『ナ○パ初体験?』
大喜びの二人だったが、現実はそんなに甘くない。
声をかけてきたのは、アイドルODAGIRIとマッチョ松尾だった!
弱みを握った二人は、散々小田桐に貢がせる事に。
その頃、2人に合流するべく集まった姫路と小川。
一方、香田は朝からオーディションに向け、張り切っていた。
6人が合流した場所は小川が見つけたアトラクション。
しかし、入場条件は『カップル限定。』
それぞれ不本意な組み合わせだが、豪華賞品獲得を目指し、
熾烈な女の戦いが・・・始まったのか?


さて、まとめ感想に。


・香田、遊園地に立つ。

青い空、白い雲。
待望の夏休み!!
香田がやって来た場所は、新人女優発掘オーディション会場。
気合入りまくりの彼女。
しかし・・・
『さて、今日の運勢は?』
アノネエ・・・
まあ、ウンも実力のウチとは言いますけれど(苦笑)
そんな香田の運勢は『友達を助ける日』。
ラッキーアイテムは『ひげ』。

しかし、これが後々御話に絡んでくる事に・・・


・遊園地にやってきて
絵里子、由真、綾乃3人組は揃って遊園地にやってきました。
アレ?姫路と小川は?
実は彼女達は『8時間耐久大富豪』の為、徹夜だったとか^^
『若さ』ってやつですかねぇ(*^-^)


・意外にスタイルが良かった?
これはその通りです。
絵里子のスタイルに、正直感心しました。
ちなみに、水着の選択は『ビキニ』。
ワンピースを外した理由は『貧○』と
『ずん胴』隠しのためだとか。
ナルホド・・・深いですね。
男が『ブーメラン』ぱんつを避けるのと同じ理屈ですか(意味不明)


・今回の綾乃迷言&狙ってます言動
何故か『すくーる』水着。
しかも・・・その手の方御用達と思われる(爆笑)
咲女の水着でもいいんじゃないの?なんて
観ながらツッコンデマシタ。

さらに、しっかり下高谷君をお誘い済。
抜かりないですね(笑)
彼もナカナカ格好良かったですが・・・
『(綾乃ちゃんは)都会のトビウオみたいだね』
『私(下高谷君のためなら)アジにもサバにもなるわ(*>∀<*)』
『どっちも”光物”だね(o^-')b』
由真の台詞が光ってました。
『お前ら寿司屋でさばかれてろ(-_-#)』
サイコウデス^^


ま、オイルの塗りッこしてないしと2人は考えたのですが・・・
『やってるし。』


無敵カップルですね、ホント。
『相手になる』敵がいなくて『無敵』なのか、
『(二人を)相手にしたい』敵がいなくて
『無敵』なのかはオイトイテ。


・夢の為に
着ぐるみのバイトをしながら、開始時間までを過ごす香田。
実は本気で女優を目指してたんですね・・・・
改めて、感心しました。
モットモ・・・お誘いは『JAC』から来そうですけれど(苦笑)


・ひと夏の体験?
いつもと違うお洒落な二人。
そんな二人に声をかけた男性2人組。
『これでアタシラモ・・・∑d(o▽≦o)bグッ!!』
期待に震えつつ、最高の笑顔で振り向いたら・・・


『 ○| ̄|_ 』



アイドル小田桐と、マッチョ松尾でした(爆笑)

その後弱みを握ってウサ晴らしまでは良かったんですけれど・・・
やはりそこは女子高生。
そんなことで終わるはずが無く。


・伏字モード全開のウォータースライダー。

ウォータースライダーにやって来た4人。
このシーン、かなり伏字な会話がアチコチニ。
まずは由真。
『ま、摩擦が・・・』
ま、マジュイ。
『な、中に・・・食い込む(((゜Д゜;)))ヤヴァイ』
水が入るゥ~


・・・・。


どう、したら良いのでしょう?
さらに拍車をかけたのが絵里子。
何と、『ポロリ』イベント発生!
小田桐、よけてぇ~!!
必死の願いも空しく・・・
宙を舞った○ラ。
そして・・・衝突する小田桐と絵里子。
『パ○パ○』と言うイベントが、ドラクエにもありましたが・・・
ソウイウコトが起こってしまいました(苦笑)


このぐらいなら、別に伏字でもないんですが、
問題は次の由真の台詞にありました。
『どうせなら、ピーした小田桐にxxxから突っ込んでピーすれば』
今までも潔い作りだなと思っていましたが・・・
ココまでやるとは思ってもおらず。
インパクト大、でしたね。
この後の話が霞んでしまう位に。


・ヒゲ姫路、ヒゲ小川
と、言う訳で、後半の話がかなり霞んでしまいました^^;

小川が見つけたアトラクションで合流する事になった6人。
カップル限定の催物の為、姫路と小川は困ってしまうのですが・・・
そこへ『着ぐるみ香田(バイト中)』が参上!
『ひげ』を手渡す事で万事解決。
ひげ装備『姫路』、ナカナカのものでした。
似合ってましたしね。
※後に小川もつけてましたが、こちらは可愛らしかったですね。

絵里子達の方は、
・由真、松尾
・絵里子、小田桐
・自己中バカップル^^
で問題なかったみたいです。


その頃、香田も控え室で気合を入れなおし、
オーディションを迎えるのですが・・・
『ふ、この程度なら楽勝ね』
威張る前に、下着姿でいるのを何とかしなさい^^
『天才女優とアピールする・・・』
だから着替えなさいって(爆笑)


・豪華賞品の為に
この後、豪華賞品を目指して各自が戦うのですが・・・
意外にも小田桐がカッコ良かったですね。
絵里子を『お姫様抱っこ』して走るわ、華麗な運転を見せるわと。
当の絵里子は『○娠する~』とかヒッドイ事を言ってましたけど^^;


最後の決戦(光線銃のサバイバルゲーム)は、
対ビーム防御・反射システム"ヤタノカガミ"
(絵里子のペンダント)のおかげで優勝したみたいですが。


オチが『カップルでkiss』だったもので・・・
かなり焦った二人。
しかしここでも香田の活躍?が役に立ちました。
実は彼女、電飾衣装を使用して登場したのですが・・・
なんとその衣装のおかげで遊園地が一瞬停電状態に。
その隙に、絵里子達は脱出に成功したようです。
END後のエピローグで香田の髪型がスゴイコトニなってましたが。


次回は絵里子達の過去話のようです。
ナニやらより面白そうな予感が・・・
※今回の感想が後半グダグダなので、後で手直しをしようと思います。
(いつもグダグダじゃん、と言うツッコミは無しで^^;)


原作マンガの公式サイトを追加しました。
興味のある方は、御覧になってみてください。


女子高生 GIRL'S-HIGH 第6話 『亀裂』 
2006 05 14
Sun 23:34:44
女子高生GIRL’S-HIGH 第6話です。


今回は、おバカ要素が少ない代わりに、
由真がとても『男』らしく感じられた回でした^^


主観的あらすじ


あらぬ噂を流して下高谷との仲を壊そうとしていると
綾乃に疑われ、教室を飛び出した由真。
妹、桃香に事の真偽を問い詰めます
『お前がどんな嘘をつこうと女の友情は壊れない』
と由真は言うが・・・
放課後、桃香を信じるおバカ軍団達。
だが絵里子だけが嘘を見抜いており、由真を信じていました。
その言葉に、自分達が間違っていたと知った香田達は、
由真に謝るべく店を飛び出します。
誤解が解けたとは言え、桃香の事が気になる絵里子。
香田と共に聞き込みを行うと、
彼女に関する良くない評判がアレコレ出てきますが、
どうしても由真を嫌う理由には結びつきません。
ますます彼女の事が分からなくなる二人。
鈴木姉妹の真実とは?


さて、まとめ感想に。


・落ち込む綾乃にかけた、香田のなぐさめとは?
これでアンタも『彼氏なし』に逆戻り(^ヮ^)/
アタシと一緒に女同士の友情を強めましょ^^
って、香田!
それは慰めになってないって(笑)
しかも、誤解が解けたことがワカルや・・・



『ちっ(`皿´)』



ってそれはマズインジャ?


・由真、『男』の花道?
桃香を問い質す由真。
私を嫌うのは勝手だけど、アタシの友達を巻き込むな!
絶対に女同士の友情は壊れない、とまで豪語する彼女が
とてもカッコよく見えましたね^^


・キーワードは『お姉ちゃん』
桃香は必ず、由真をそう呼びます。
普通嫌っていたら、もっと別の呼び方をしそうなものですが。
実は、この辺が今回の面白さのポイントでした。


・仲間を信じていた絵里子
彼女の根拠はシンプルなものでした。
1.綾乃と下高谷が付き合いだして1ヶ月だが、変な噂は
桃香にその事を話した次の日であること。
2.桃香との付き合いはまだ『3日』だが、
姉とは『3年』の付き合いがあること。
だから、どちらを信じるかは明らかでしょ。
ドリンクを『ずずーっ』と飲みながら言う辺りが彼女ラシイデスネ^^
正体がバレテ逆切れの桃香にも動ぜず、ポテトを食べてるし(爆笑)
でも、最後にはいいことも言ってましたね。
『私も、最初は由真と大喧嘩だったから、
きっと貴女とも友達になれる』


・おバカ軍団式、『けじめ』とは?
自分達の間違いを謝る香田達。
・香田:女優になったら新宿コマの優待席献上
・姫路:合コンセッティング
・小川:アヤシイ栄養剤
・綾乃:今度は私が由真の『ナニ毛』を手入れしてあげる
綾乃が一番『あぶない』っての(苦笑)


・コスプレ探偵E&K?
由真への疑惑は晴れたものの、イマイチ納得の行かない絵里子。
早速、桃香の同級生にリサーチを開始しますが・・・
あの格好に吹き出しました^^
絶対、香田の入れ知恵でしょう(笑)
そして、実は桃香の評判が『最悪』であることを知った二人。
どうみても『桃香』の方が美少女と言う事、またモテルことも
考えれば、姉を嫌う理由が見当たらず・・・


・今週の綾乃迷言劇場

障害は、愛情を深めるとは言いますが・・・
綾乃と下高谷君の場合もソレだったみたいです。
『急行の止まる駅だったら良かったね』
『ううん、まだ二人の青春18キップは各駅停車だから』
『ラブラブ電車に終点はないよ^^』
モウ勝手にして(爆笑)
香田と絵里子のキックが最高でした。
『片道超特急で小手指まで逝って良し!』だ、そうです。


・それでもアイツは妹だから
絵里子達の学校の生徒に呼び出された桃香。
古典的な校舎裏での『シメル』行為。
懐かしいな・・・なんて見ていたら、
やはり何だかんだで放っておけなかったんですね。
由真が登場・・・したと思ったら。
なんと、妹を平手打ち!
『ウチの妹がナニをしてくれたか知らんけど・・』
アタシが殴っといたからそれで許してくれるか?
カッコイイですね^^
実は、桃香にはコンプレックスがあったようです。
小さな頃から、困った時にはいつも姉が自分を庇ってくれた事。
でも、それは『自分が弱いもの』だから。
正義の味方としては、放って置けないから。
自分は弱くなんてないのに。
だから・・・
でも、心底『由真』が嫌いな訳ではなかったみたいです。
何だかんだで『お姉ちゃん』と呼ぶあたり、
やっぱり慕っている訳で。
似たもの姉妹、と言う事ですかね^^


・香田、デコ疑惑?
本性がバレテしまった桃香。
早速香田を『でこっぱち』呼ばわり。
めげない香田も最高ですが。
『アンタ、モテルんだから私に見合うオトコ2,3人紹介しなさい』
香田は、やっぱりサイコウデス^^


次回はなにやら遊園地での珍騒動らしいですね・・・
楽しみです。
女子高生GIRL’S-HIGH 第5話です。


今回は『水泳』ということもあり・・・
かなりかっ飛ばしてくれた感じもありました。
その分、後半がシリアスにも見えましたけれど^^


主観的あらすじ


遅刻ギリギリの絵里子。
たまたま落としたハンカチを拾ってくれた美少女に
絵里子も思わず『アイドルみたい』と感心。
咲女は今日から水泳の授業ですが、
学校のプールは故障していました。
ところが、体育の授業に情熱を捧げるマッチョ松尾先生は、
近所の下村中のプールを借りて授業を行ってしまいます。
マイペースな行動に呆れるおばか軍団。
何とか授業も終わり、咲女に戻ろうとする絵里子達に
話しかけてくる生徒。
しかも、その生徒は
絵里子が朝会った生徒で、由真の妹、桃香でした。
話通りの美人で清楚な妹に盛り上がるおばか軍団。
しかし、由真は先に帰ってしまい・・・


さて、まとめ感想に。


・今回は戦隊モノでキマシタカ(^◇^)
姫路が『エロ○アン女王』って・・・
このネタ、今の人達にワカルかな?
某太陽戦隊とか、電子戦隊とかが元ネタですけど^^
でも、配役としてはピッタリな印象も。


・綺麗な女の子は好きですか?
絵里子が偶然出会った女の子は、彼女いわく
『アイドル』みたいな美少女だったとのこと。
確かに、可愛い女の子ですね。


・香田の低レベル?な話
彼女は『自分以上の美少女はいない』とのたまいますが・・・
『ハイハイ』
絵里子に簡単に流されてしまいます(笑)
さらに・・・
『そんなレベルの低い話はオイトイテ』
ひっどいの(ノε`*)ンププ


・アイドルに呼応するオダギリ先生
『ロングのウェーブで・・・』
アイドルっぽかったと絵里子は言います。
そこですかさず『オダギリ先生』登場ですか!!
さすが『アイドル教師ODAGIRI』。
笑いのツボを外しませんね。


・夏に向け、お下品さも衣替え?
美少女の話を聞いていらい、浮かない顔の由真。
絵里子が心配してかけた言葉は・・・
『我慢してるの?う○こ』
た、助けて・・・
さらに、咲女の水着は競泳用仕様のため、
ハイレグらしいのですが・・・
と、くれば。
綾乃さんの出番でした。
『私・・・処理が(間に合ってない)(* ´艸`)』
で、ソレを受けての言葉が・・・
『○毛がボーン!!』って・・・
しかも、『毛抜き』って、リアルすぎて笑えますね^^
さらに、由真と綾乃のやり取りが・・・
『☆○■り返し』だの、『慣れてきたか・・・』
『イタ・・・でも、気持ちいいかも』
画像があったら、
間違いなく勘違いされそうなお笑いが随所に!!


・香田の早業着替え編
アレはスゴカッタ・・・


・水泳授業もスゴカッタ・・・
ナルホド、視聴者が『気になる』部分をクローズアップですか・・・
サスガデスネ^^;
笑いながらも、感心してしまったりして。


・可愛い女の子には棘がある?
件の美少女は、由真の妹『桃香』というそうです。
礼儀も正しく、加えて外見は確かに美少女。
だったのですが・・・
綾乃に彼氏がいることがワカルと・・・
ナニやら怪しげな工作を開始!
姉妹仲が悪そうにも見えますが、何か訳でもあるんでしょうね・・・
由真を見ていると、『姉御肌』で
『面倒見の良い』女の子にも見えますし。


・今回の綾乃妄言劇場
下高谷君との『どきどきメール』は
1日300通だとか(爆笑)
仲良き事は、美しきカナ、かな?
その上、彼氏の事をダーリンだとか、
ステディボーイだとか惚気てますし^^
どちらかと言えば、指摘にもあったとおり
『ファンタジーボーイ』だと思うんですけれど^^;


・喧嘩する由真と綾乃
どうやら、桃香の『アヤシイ』工作?がきっかけで
由真が疑われてしまったようです。
しかし、香田・・・
『○毛抜きつ抜かれるの仲』って・・・
ナニを考えてるんだ貴女わぁ!!


どうやら、このお話は次回にも持ち越しのようです。
決着は見えるのでしょうか?
女子高生 GIRL'S-HIGH 第4話です。


ホント、このアニメには救われてます(本気)
何しろ、前の放送が『ひぐらし』なので・・・
恐い気分が、かなり払拭されます^^;


主観的あらすじ


私立山咲女子学園・体育祭が始まりました。
運動音痴の絵里子は、白組応援団に任命されます。
だらけ気味だった絵里子たちおバカ軍団は、色仕掛けで
オダギリ先生に『優勝したら、全員に焼肉奢る!』
の約束を取り付け、がぜんやる気を出しまくります。
さらに香田のライバル、西園寺の登場に、
ヒートアップする6人。
玉いれ競争、バナナ食い競争、それぞれの種目で健闘する
おバカ軍団。
赤組との差も僅差のまま後半戦への折り返しとなりますが、
そんな折、
ポイントゲッターの由真が生理になってしまい・・・


さて、まとめ感想に。


・体育祭を『ぶっち』したかった絵里子?
どうやら運動音痴だったようです。
見た感じ、そんな風には見えませんけれど。


・体操服にスカート?
ヒュー(。^з^)~♪
『スゴイセンス』ですね^^
スカートに『ジャージ』装備はありますが、
その逆を行くのが今時なんでしょうか?
しかも、その場で『スカート』脱ぎだすし(爆笑)
ブルマを装備しているからでしょうけど、
そこは女子高生(アニメ)。
しっかりとオチが付いてました。


『絵里子、はみパン!!』


・・・
ブ━━━(;.;:´;:.゚;;.3;.;゚;.;)━━━ッ!!
飲んでいた、コーヒーが・・・(泣)


さらに由真も。
『ぶるまwithスーパールーズソックス』って何じゃソレハ?


・香田が一番キレテました^^
ナンデショウ、あの格好は?
リオのカーニバルじゃないんだから(笑)
その後は、『岡本○郎』ばりの衣装。
アノネエ・・・。


・しっかり宣伝してました^^
何気に登場していた『コミック・ハイ』
やるな、コレが宣伝戦略ですか・・・
あ、単行本買いに行かないと。


・ライバルの西園寺。
新キャラ登場です。
ツインテールが良く似合った女の子でした。
『かなり口が悪い』みたいですが。
これだから越境組は鈍くさいのよ。
ライバルと目する香田には・・・
『この○女軍団』
アノネ、西園寺さん・・・
軍団構成員の一人、姫路は『違い』ますから^^
もう、『オトナ』ですから。


・さらにお下品に、さらに笑いがパワーアップ?
小川は50m走に出場しましたが、
なんとドーピング疑惑が発覚!
『足ハヤクナール』ってベタ過ぎませんか、それは。
また、姫路&香田の玉いれ競争
香田の台詞に吹き出しました。
『男と遊んでるんだから』
『たま』の扱いは慣れてるでしょ!
・・・・
ココまで来ると立派です^^
サイコウデスね、このコメディ。
潔い作り方だな、と真面目に感心しました。
バナナ競争には綾乃が登場。
あの画像は、公式サイトにもありますので、是非ご確認を。
『鼻血』を出した下高谷君の気持ちもワカリマス。
騎馬戦には、小川&姫路が登場。
さりげなく香田が施した『ある張り紙』のおかげで、
見事1位になったのですが・・・
内容は、『この女はさげ○ン』です。
香田、ヒッドイの^^;



・今回の綾乃妄言劇場
メールの本文が・・・
『どっきりラブりんなワタシを見て』
いつの時代ですか、それわぁ!!


・怪しげなパパラッチ登場!
と言うか・・・お尻にあと10センチ程の距離にいたんだから、
気づけよ絵里子!と真面目に思ってしまいました。
いいキャラですよね、彼女は(苦笑)


・最後の2人3脚で
絵里子がエントリーした競技は『二人三脚』
しかも、オダギリ先生とペアらしいのですが・・・
『すね毛が・・・』とか、
短パンだから『生』足が・・・
とかヒドイ事を言ってますね^^
その罰が当たったのでしょうか、
競技開始早々に・・・
『ビタン!!』
転んでしまうのですが、そこは女子高生。
それだけで終わるはずもなく・・・
何と、絵里子のぶるまを脱がしてしまうハプニング発生!
『おぱんちゅ』全開で倒れる絵里子。
やはりこのアニメ、笑いのツボを外しませんね^^


・最後のオチも『おぱんちゅ』でした。
体育祭の反省を活かしたのか、絵里子が向かった先はデパート。
しかし・・・
『はあ?ぶるま脱がされても、
見られて恥ずかしくないモノが欲しい?』
いや絵里子さん、反省する所が違いますってそれは。
さらに、パパラッチ君により、体育祭での破廉恥な姿を
写真雑誌にまで投稿される始末。


見出しが・・・『女子高生バカ軍団』


・・・もう最高!!


今回も30分笑いっぱなしでした。
次回もこのテンションで笑いを提供して欲しいですね^^
女子高生第3話です。
今回も・・・やってくれます絵里子軍団!
30分吹き出しっぱなしでした。
実は、女子高生の前が『ひぐらし』の放送なので・・・
怖い気分がコレで一掃されますね^^


主観的あらすじ


姫路の彼氏持ちが発覚&未体験ゾーン突入に
ヤキモチを焼いた絵里子率いるおバカ軍団。
罰として、姫路に合コンをセッティングさせることに。
当日。絵里子達のハイテンション振りに
ヒキまくりのイケメン軍団。
そんな中、綾乃だけは割りと良い雰囲気に。
二人の世界に突入する綾乃。
呆れモードの絵里子達と、だれていく合コン。
そんな中、小川がイケメンの一人江崎(グリコ)と
いなくなってしまう事態が発生!
これは抜け駆けか!と息巻く絵里子達ですが・・・


さて、まとめ感想に。


・今回のOPは『4』&『8』でキマシタカ(*^-^)
山さん、ボス、ジーパン、ラガー、警察ロゴ入りヨーヨー、
ゴリさん・・・

これは元ネタを知る自分としては吹き出しました。
可愛らしくて良いですね。
ちなみに、4に該当するほうが、『ボス~ゴリさん』
8の方は、『ヨーヨー』です。

・じぇらし~ストーム爆発。
コレから姫路への裁判を行う
罪状1:抜け駆けで彼氏を作ったこと
罪状2:あまつさえ
『未体験ゾーン☆:(~O~;=;~Q~):アアンイイワ ☆』を体験したこと。
すなわち、ゴートゥヘル。


判決:絵里子達に合コンをセッティングすること。
良いですね、コレハ。
確かに、アレは青い春の思い出ですからね^^;
最初のうちは(苦笑)
でも、『ビバ!合コン!!』ってノリだけはサスガに(笑)


・禁止用語スレスレの会話
『でっかいアレでやられちゃった』
『でっかいアレでなにですか』
かなり伏字モードな会話が印象深かった気が・・・


・香田の気合がスゴカッタ・・・
画像は他のブログさんであると良いのですが・・・
『新宿で待ち合わせ』なのに、あの格好はないでしょう。
どう見ても、『ジュリ○ナ』とか、
『ヴェ○ファーレ』系な衣装デスッテ。


・策士綾乃?
一人だけ待ち合わせに遅れ、可愛らしい洋服でKOですか。
今回は綾乃の一人勝ちですね。
下高谷君もイケメンでしたし。
お幸せに・・・。


・カラオケの選曲がマイナーすぎですって
香田は『東武東上線』駅一覧を、
絵里子は『円周率100桁』
ナンナンダそれわぁ!!
だからそれじゃ、イケメン軍団もヒキますって。
その上で、このノリがフツーって。
全然フツーじゃないですから。


・綾乃迷言劇場
『ちょっぴりフシギハートビート』
もう勘弁して^^;


・天然娘小川のピンチか、オトナへの階段か?
一番隙だらけの小川をテイクアウトした江崎君。
目の付け所がナイスデス。
(チョロイぜ・・・)
『 [HOTEL]  ( ̄∇ ̄*)o―C(/-\*)キャッ』
まで持っていくあたり、さすがですね。


・仲間を心配する絵里子?
6VS6の合コンだったのに、いつの間にか8人に減っていた会場。
姫路は当然としても、小川まで?
慌てて探し回る絵里子達ですが、本心は・・・
『コトが始まる前に何とかする!』
つまり、抜け駆けは許さないと言うことでした(爆笑)
女の友情はそんなモノなんですよ^^;


・彼氏の本音に気付いた姫路
合コンの為に、ちょっと手癖の悪いイケメンを呼んだ彼氏。
どうせなら、『ピー』された方がいいじゃんか。
これに切れた姫路。
鉄拳制裁を敢行!
これには、視聴者の方も溜飲が下がったのではないでしょうか。
デモその後の台詞がネエ・・・
『ぱんちゅ脱がされるなよ!』ってそれは無いでしょう^^;


・ラブホに感動する絵里子と香田
イヤ感心する所はソコジャナイから二人とも。
しかも・・・(後述)


結局、小川の天然さのおかげで、彼女は心身ともに無事でした。
が、このアニメがそんな流れで終わるはずも無く・・・

END後のあれはナンデスカ!!

絵里子が自販機で入手したアレですが・・・
『ヴぃ~ん、う゛ぃ~ん』と怪音を発するあの物体は!
ホント、ヤッテクレマシタ^^


この作品ですが、綺麗な絵に反して
こちらの予想を遥かに越える悪乗り振りが最高です。
次回はどんな悪ふざけが待っているのでしょうか^^
単行本買ってみようかな・・・
女子高生GIRL'S-HIGH 第2話です。


見終わった後・・・
『これは感想を書くのがホント難しいな』と
正直思いました。
お話はアッケラカンとしていて、とても楽しいです。
好きか嫌いかで聞かれれば、『好き』と答えます。
コメディ好きならオススメです。
ですが・・・感想としては
『どこまで載せるべきか』が問題だったりして(苦笑)


(;゚∀゚)=3 ムフフ調の文体で載せれば良いのか、
いつものスタイルで載せれば良いのか、
今も激しく悩みますね(笑)


主観的あらすじ


高校入学後、初めての身体検査。
香田達の語る、咲女版『身体検査』とは、
『おぱんちゅ』いっちょにケープのみ!
さらにその格好で各検査会場を練り歩くオプション付き。
テンション下がりまくりの絵里子。
そこで誰が一番早く回れるか競争を持ちかけます。
始まる身体検査競争。
手際よく検査を終わらせる香田達と比べ、
悪戦苦闘の絵里子達。
そんな彼女らに、香田は珍しく真剣な面持ちで
『アル忠告』をするのですが・・・


さて、まとめ感想に。

・女子高生王になってやる!
アノネエ・・・
『8』の付く放送局からクレームが
来ないか心配になりました^^;


・綾乃妄想劇場
下着姿で花園を走る綾乃とお姉様?


ポッ(。-_-。)。。oO(┣┫♪)
何を想像してるんだアナタわぁ!

・身体測定の意義
香田曰く、『最も美しい時の自分を数字で残せる』
機会だそうです^^
ナルホド、上手い表現ですね。
この部分だけ感心しました。


・すぐに『おぱんちゅ』全開に走ってましたけど^^
今回は、趣向を変えて
放送中に何回『おぱんちゅ』が登場するのか
計測を行いました(おバカですね、自分も^^)

計測結果:12回
30分の放送時間で割ると、



『2.5分』に1回の割合で登場していたことになります(爆笑)
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。



・『お下品』度がパワーアップ?
『NYO検査』はともかく・・・
『おトイレ』での一部始終を放送するのはアリなのか?
大体、その内容を詳しく説明してどうする(^◇^)オイオイ
『左右に飛び散る』『勢いが強いから』
『あふれたぁ~(p_;)』
・・・・
イインデショウカ?
でも、ココまで突き抜けていると、逆に良いですね。
最後までこのテンションで放送して欲しいと思います。


・姫路は『一抜けた』?
早くも、『オトナ』になってしまったそうです。
自分達の世代では、『バンソウコウ』が
キスマーク隠しの定番でした^^;
経験年齢は大差ないですね、昔も今も(遠い目)
それと、香田。
岸壁の上で泣くのはOKですが、
『ケープ』姿と言うのに吹き出しました。


・小川のツンツン髪型が最高でした。
身長を少しでも高く見せようとする努力が良いですね。


・あの台詞は『オトナ』専用か?
注射が駄目な絵里子ですが・・・
『ふとくて、デッカイのが入ったぁ~』
見ていて可愛らしいとも思いますが・・・
( ゚д゚)ポカーン としてしまいました。
イケナイ想像をした方は、激しく『オトナ』だと思います(笑)


・オダギリ先生最高!
検査中、職員室の鏡を覗く先生。
『オレはなんてイケメンなんだ・・・♪(v〃∇〃)ノ』
もう勝手にして(爆笑)


・最後は放置ぷれい状態でした^^;
香田が忠告した内容とは、
検査が終われば、当然着替える訳ですが・・・
『終わってない人』はいつまでもケープ姿のままな訳で。
ソウイウコトなんですよ、彼女が言いたかったのは。


・ENDロール、アイキャッチが綺麗ですね
梅津泰臣さん、りんしんさんが手掛けているようです。
りんしんさんと言えば・・・
I"s〈アイズ〉Pure、『同級生』ぐらいしか思いつかないのですが。
綺麗な絵でビックリですね^^


かなりぶっ飛びまくってますが、『今時』を
上手に表現しているな、という印象を持っているのも確かです。
下品な部分も含めて、次回も楽しみですね・・・
女子高生 GIRL'S-HIGH 第1話です^^


視聴のきっかけは、CMだったんですが・・・
線路脇を、高校生の女の子が走っていくだけのCMでした。
何か面白そうだな・・・と思って見たのですが^^


『インパクト大!!』


今週2度目の笑撃ですね(*>∀<*)
涼宮ハルヒに続く、おバカアニメに遭遇したかもしれません。


主観的あらすじ


憧れの女子高進学を控えた絵里子、由真、綾乃の仲良し3人組。
入学前に、高校探検を敢行しますが、
そこで見た理想と現実のギャップに愕然。
たまたま同じ目的で探検に来ていた香田、姫路、小川の
内部生と遭遇し、そのとき咄嗟についた
『デタラメ』のおかげで
トンデモないハプニングに・・・


さて、まとめ感想に。



・これは『おぱんちゅ』アニメなのか!?



これでもか、と言うぐらい『おぱんちゅ』全開!!
5分に1回の『おぱんちゅ』。


・・・・。


『ヽ(´▽`)ノワーイ♪』と喜べば良いのか、
『・・・(ー'`ー;)イイノカ、コレハ』と思えば良いのか。
しかも『大股全開』(苦笑)


スゴク、困りました(笑)


ノリが明るく、雰囲気はイヤらしくないので
物語としては面白く視聴させてもらいましたが^^;


・『入学前に習字ですか』
部屋で書初めをする絵里子。
壁には『女子中学生』
新しく架け替えたのは、『女子高生』
気合入りまくりですね、霧さん^^
※『Canvas2』を見ていた人には分かるネタかも。


・恐るべし、秘密の花園


スカートを切るのは良いですが、
あれは『ヤリスギ』ですって(爆笑)
しかもそのまま校内探検。
見ていて笑いが止まらないんですけれど。
さらに、『ヒッププレス』まで炸裂させてるし。
さらに、部室。


・・・Σ(°д°lll)ガーン
『なに毛』『ヤバ毛』はキチンと始末しましょう^^
ピンと来た方は、『充分オトナ』です。


・笑点的会話
女は3つの袋が肝要だとのことですが・・・


これは、夫婦円満の秘訣「3つの袋」の話ですね。
「お袋」「堪忍袋」「胃袋」が正解なんですが、
出てきた答えは
『堪忍袋』(正解)、『イケブクロ』『ご祝儀袋』
さらに『新井薬師』ってオーイ^^;
何じゃ、それは(苦笑)
でも、ラシイですね。
きちんと『今時』の学生らしい考え方を出していると思いました。
と言うより、普通正解なんて分かる訳がありません。
分かったら、ソレハそれで
面白みの無い学生になっちゃいそうですね^^;
それから、『用具室』でのバトル。
ムンクの『叫び』、『尻拓』
吹き出しました^^


・男子校と女子校のイメージの違い
『汚れ系』が男子、『シモ系』が女子校だ、そうです。
ちなみについ最近まで学生だった妹に聞いてみると・・・
『全くその通り』との回答が返ってきました(爆笑)
ナルホドネ・・・。
脳内イメージは心の中に閉まって置けと言う事ですか。


・いい『パンチ』持ってますね
結局、絵里子のついた嘘を信じ込んだ香田は
得意気に後輩にデマを吹き込んでしまいます。
それが元で、始まる二人の因縁。
拳を握って、Ready、FIGHT!!だったのですが・・・
そのパンチの行き先は、何故かイケメンの先生の顔面に。
南無・・・。


・雨降って、土固まる
結局、何だかんだで打ち解けた2人。
学生の頃ってそういうものですよね、多分(遠い眼)
最後のシメが、『ラーメン』と言う辺りが
何故か自分の中で『ツボ』だったんですが。


感想を載せるには、かなり難しい部類に入りますね・・・
ちなみにお話はとても面白いです。
コメディが好きなヒトには、オススメできます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。