スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俗・さよなら絶望先生第13話(最終話)です。

後番組は、D.C.SSですね。

物語の印象点

・最後の最後で完成したOP?

と言う感じですかね(*^-^)♪
何より2期の総括を述べるとすると・・・

スタッフさん、良い意味で遊びすぎです(苦笑)
物語単独としての面白さは1期のほうが上ですが、
個別エピソードの質の高さは2期の方が上ですね・・・
パロディの元ネタを知っているか、と言うところに頼ってしまうのは
如何せんなんですが、そこを除いても・・・・

今回で言うのならBパートのメルメルの話が面白かったかなと。
確かに自分で録音した声・・・変な風に聞こえますしね(*^-^)♪
で、芽留さんの場合はトラウマになってしゃべれなくなったと。
そこで彼女の声のオーディションってねえwww

彼女の場合、放送ごとに声を当てる声優さんが変わる
と言うネタを知っているだけにそういう意味でも面白かったんですが・・・

まさかのVOCALOIDアニメ進出には吹きましたよ(*^-^)♪
初音ミクそのまんまじゃないですかwwww
いいんですかこれはwww

最終回だからってチャレンジャー過ぎる気もしますが・・・
面白ければ、それもアリですかね。

そしてCパートは新海監督・・・自分の作品の宣伝ですかw
さりげなく、efの宣伝もしちゃってまあ(*^-^)♪
ただ、永遠の17歳のツンデレメイド・・・あれはあまりにも
シュールだったような気がしなくもないんですけどね^^

ともあれ、三ヶ月間しょうもない笑いで楽しませて頂いた
作品だったと思います。

良い意味で遊びまくっていた良作だったと言えますし。
スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。