スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
灼眼のシャナⅡ 第23話「危難の胎動」 
2008 04 01
Tue 01:41:01
灼眼のシャナⅡ 第23話です。

主観的あらすじ

御崎市に突如現れた、この世のものではない“殻”。
その中に悠二の存在を感じたシャナだが、
マージョリーの自在式だけでなく、ヴィルヘルミナのリボンですら
その殻には傷一つ付けられない。
これほど大掛かりな仕掛けを施せる者とは誰か?
シャナの口から言葉が漏れる「バル・マスケ…」。
しかし、“殻”の中で何が行われているのか、シャナたちには推測すらままならない。
一美がシャナの元に駆けつけたのはそんな時だった。
そして彼女から告げられた言葉にシャナ達は驚愕する。
一方その頃、バル・マスケの三柱臣が一柱ヘカテーは、
その目前に悠二から奪い取った零時迷子を置き、大杖『トライゴン』の錫杖を鳴らそうとしていた。

物語の印象点

・ヤッターマンですか(*^-^)♪

最後の最後で登場した教授なる人物。
どうにもオカシイ人と言うのはまあ、間違いないこととして。
面白すぎるんですけどね・・本当に。
と言うか、物語の盛り上がりを半分以上お笑いに変えてくれる
好人物とでも言っておきますか。

抜き取られた零時迷子を核に、ダメテーさんを用いて
感情を収集それを頭脳として動き出す大命詩編の壱、暴君と言う所ですか。

今までの仕掛けがバルマスケの手の上で行われていた事。
後はそれにどうフレイムヘイズたちが抗するのか、
悠二君は・・・どうなるのかと言うのが見所ですか。

物語的にはどうにもまとまらない、と言うのは
ほぼ確定事項ですけれど、上手に収めて欲しいかなと思いますね・・・
広げた風呂敷の納めどころを。

それにしても時計台内部の戦い・・・あれ、どう見ても
今週のビックリドッキリメカなんですがwww

・試合に勝って勝負に負けて

と言うのが前回のシャナさん&吉田さんの恋の結末と言う所ですか。
ヒロインそれぞれの想い方の違いを見せてもらいましたね・・

「悠二と一緒に戦う為に」がシャナさんの答え。
「坂井君を助けるの?」が吉田さんの答え。
根本的に気持ちの出所が違う、と言う意味で・・・
勝負にはシャナさんが勝ちましたが、試合には吉田さんが勝ったかな?
なんて風に感じましたね・・・・。

これはまたいずれ語られる時があればそれを期待するとして。

・マージョリーさん、終了。

惜しい人物が退場ですか、最終回を前にして。
グラサンの攻撃に散った姐御。
シャナさんとカルメルさんを先に行かせる為に自らは囮に。
姐御らしいといえばそうですが、活躍が少なすぎなんですがorz
もう少し見せ場が欲しかったですね・・

シャナさんのおぱんちゅもそうなのかもしれませんが(苦笑)
何はともあれ次回が最終回。
綺麗なオチを期待したいですね・・・・(*^-^)♪
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。