スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERSONA-trinity soul-第14話「狭間の彷徨」 
2008 04 13
Sun 06:29:33
PERSONA-trinity soul-第14話です。

主観的あらすじ

突然の訃報に悲しみに暮れる慎は
亡き影と真相を追い求め彷徨い続ける。
そして季節は夏へと移り、
街では人々の多くが次第に生気を失いつつあった……。

物語の印象点

・自分をーせかーいさーえーもー♪

OP変わりましたよ!
なんとギアスのOPを歌った経験もあるFLOW!
そしてムービーの変化も良かったです(*^-^)♪

2クール目からバトルも多めに動き出すと言うように
見受けました。

そして本題ですが・・
10年、と言う歳月はやはり・・・
兄弟の間をもかなり遠くしているようですね・・・
兄の失踪、好きだった女性の変死と言う
二重のショックを受けつつも、事の真相を知りたいと
警察に足しげく通う慎君。

けれど肝心の刑事さんも、どうにも身動きとれずというか
正直、蚊帳の外だけに彼らも苦心していると言う感じで。

「俺、兄の行きそうな所って思いつかないんすよ・・・」
そう寂しげに告げた慎君がとても、可哀想で。

その一方で洵君もまた・・・兄は死んでいないと
こっちはあの能力で確信はしている分、いつ帰って来ても
良いように自宅には必ず顔を出す、と言う優しさを見せてましたね・・。

何故か叶鳴さんがしかと参上仕ったのには・・・
多分「ペルソナのヒロインはワタシよ!」なんて
裏の事情もあったかもしれませんが(*^-^)♪

洵君と共に慎君の昔のアルバムを眺める彼女。
写真の中の慎君、諒兄貴・・本当に幸せそうな顔だったんですよね。
それが・・・マレビトの手により引き裂かれる。

慎君の心にどんな想いが去来したのか・・・
そこも気になるところですが。

・無気力症候群、蔓延。

相対する組織の重要メンバーが脱落した事で
逆に勢いづいたのがマレビト。
堂々と慎君に接触し、駆け引きを持ち込むと。
狙いは互いに諒兄貴の事。

マレビト側は複合ペルソナの抑制にあの薬を必要とし、
同時に接点を持つ人物である諒兄貴の行方を知ろうとしていると。
合わせてその弟にして特A潜在の能力を持つ慎君も
引き込もうと言う策略ですか。

あれ、見てみろよ・・・・
だるそうな面、してるじゃねえか。
「マンドクセ・・・ってよ・・」

その意味、分かるよな?
まあ敵役のワカメ頭もイヤラシイ物言いで(苦笑)

そうこうしている間に、街では一つの事件も持ち上がってました。
ついにペルソナを抑制できなくなった人物が暴走、
あらゆる人から心の力を吸い取る事件が発生したと。

居合わせたアフロたちを始め慎君も応戦しますが・・・
そこに一条の光弾が走り、白い羽根が舞った時・・・

ワタシも驚きましたよ!
兄貴、生きてるじゃないですかwww
13話で胸に穴開けられていたのに!
疑問に答えることなく物語は15話へと進んでしまいましたが、

兄貴・・無事でよかったですよ。
それに今回から肉彦先輩も登場しましたしね。
次回からはもっと活躍もしてくれそうですしw
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。