スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PERSONA-trinity soul-第15話「明日を閉ざすもの」 
2008 04 20
Sun 10:07:36
PERSONA-trinity soul-第15話です。

主観的あらすじ

諒の失踪と《リバース》事件の周知を受け、
綾凪署へ赴任していた参事官・真田明彦が、慎のもとを訪れる。
拓朗、めぐみと共に『ペルソナ使い』として
戦うことを求める真田。
彼と諒は、超常精神体による事案専任の特務機関員でありながら、
実際には関連する事実の隠蔽のみを上層部から義務付けられていた。
互いが胸に抱く「ペルソナの歪んだ研究を絶つ」という
目的意識のもと、二人は密かに共闘していたのだった。

物語の印象点

・肉彦先輩、登場。

この人の傍若無人ぶりにまず吹いた後・・・
叶鳴さんもとい、【オナル】さんは何をしとるんですかと。
いつのまに慎君への好感度を溜めていたんですかと(*^-^)♪

街で見かけてその跡を尾けて・・・って。

これじゃストーカーじゃないですかもう(苦笑)
と言うのが一番笑えた展開でしたね。
とは言うものの、依存症の方もどうにか緩和されつつ
あるみたいですし、慎君の渡したオマモリの効果・・・
これはちゃんとあったみたいですね(*^-^)♪

真田先輩の目的は簡単で。
ペルソナ使いとして、一緒にマレビトと戦って欲しい。

その為に影抜きと言う噂すら利用し、
ペルソナ使いの資質を持つ学生を選んでいたと。

その事に憤るアフロ。
でしょうね・・・
その過程の中で守れなかった命もあり、
また日常の生活に戻れなかった友人もいる。

そんな事をさせているコイツラに素直に協力などして
いいのか?
そういう、若者らしい葛藤で締めくくられた15話。

慎君は心を決めたようですけれどね・・・
兄の真意を知るためにも、また生きているのなら
自分も共に戦う事で、兄の消息に近づけるかもしれないと。

16話からは2つの動きに注目かもですね・・・
肉彦先輩と共に戦う事にした慎君の動向と、

アフロたちの今後・・・
それからオナルさんのフラグの行方と(*^-^)♪
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。