スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネオアンジェリークAbyss第3話「銀色の騎士」 
2008 04 22
Tue 11:06:45
ネオアンジェリークAbyss第3話です。

主観的あらすじ

陽だまり邸に財団からの依頼が舞い込んでくる。
内容は、古代遺産「星の舟」に巣食う
タナトスを退治してほしいというもの。
何か裏があるのを感じつつも出向いた道中で、
アンジェリークは浄化能力を持った銀髪の騎士と出会う。

物語の印象点

・おしり!それから前、前!!

3話にしてとんでもない場面を持ち込みましたね・・・(*^-^)♪

銀髪の騎士ヒュウガさんは(*^-^)♪
メンバーも3人と増え始め、そろそろゴス子ハーレム完成か?
と言うところなんですけれどもね^^
ゴス子な衣装の割に楚々とした性格のせいか、
可愛い印象を持っている彼女なんですけれど
その彼女にあんな強烈なインパクトを与えるアレがねえ・・・(*^-^)♪

そして物語としては今回はレインさんの過去に少しだけ。
あの財団メガネ君・・・・どうもいけ好かない感じがして(苦笑)
綺麗な顔をしている割に、レインさんには冷たい感じですし。

タナトス退治の裏・・・やはり何かありそうですし
1話のアレにつながる話を持ってきそうでも有りますしね。

目的地にやってきて、街を散策した後
ふと現れた蝶に導かれて森に入り込んだゴス子。
綺麗な泉に見惚れるのは、まあネオロマンスならではなんですが・・・

綺麗な【半ケツ】まで拝んでしまうのは予想外でしたよね。
あまりの光景にゴス子、固まってしまいましたしwww

しかもヒュウガさん・・・臆することなく前隠しませんし
あのねえ・・・年頃の楚々とした女の子ですから、
気ぐらい使えっての(*^-^)♪

大笑いしましたよ全く。

トドメがタナトスを退治して後・・・
貴女こそ捜し求めていた女王の卵。
私をその従者の末席にお加えくださいって・・・
生真面目すぎる台詞、本当はカッコいいはずなのに
何故かまた笑いが・・・・ww

それにゴス子も内心こう思ったのではないでしょうかw

「あの人は・・・(私のハーレム要員の1人・・・裸担当の・・・・)」

・レインさん・・・実は鈍チン。

なのはまあお約束でしょう。
街を散策する時に、真っ先に目を留めたのが本屋。
連れのゴス子の事も忘れて読書に夢中と。
これにはゴス子も笑いを禁じえないみたいで。
可愛いとでも思ったんでしょうね(*^-^)♪

しかしゴス子・・そういうときの表情も可愛いぞw
そしてレインさんも。
頭カキカキ、でも手と目は次の本に・・・って
子供みたいじゃないですか。

そういうところが良いのかも。

深夜帯を使っていろいろ楽しませてくれますね、
今回のアンジェリークシリーズは(*^-^)♪
次回も楽しみですよ。

スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。