スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ToLOVEる-とらぶる-第4話「宇宙のLOVEエプロン」 
2008 04 26
Sat 16:46:47
ToLOVEる-とらぶる-第4話です。

主観的あらすじ

美柑の作るごく普通の料理に、ララは大感激。
デビルーク星の王族であるララの食事には
毒味役が付いており、
ご飯が温かいというだけでも彼女には貴重なものなのだ。
リトと美柑に振る舞おうと
ララがデビルーク星の料理を作ってみるが、これが激マズ。
「これだ!」と閃いたリトは、
ララとの結婚を回避すべく
「俺は料理の下手な女とは結婚しない!美味い料理が作れないんならデビルーク星へ帰れ!!」
と宣言。
ララは家を飛び出してしまう……。

物語の印象点

・来ました触手エ○アニメ(大爆笑)

しかもオチをつけないままの放置プレイぶりw
確信犯ですかスタッフさんと、画面の向こうで
大笑いしておりました。

ネットの風聞で耳にしていた「触手がなにがし」と言う
今回のお話。
ジョークだろうと思いながら視聴したんですが、
まさか本当とは思いませんでしたね^^

裸エプロンに触手攻撃、短いスカートに忍び入る艶かしい触手。
・・・・どこかのエロアニメレビューじゃないんですから
まあ、それはさて・・・おけませんねw

と言うかララさん・・・尻尾が性感帯だとは
思いませんでした。
これじゃうたわれるもののエルルゥさんと同じじゃないですかww
アアン・・・とかッ・・あっとか、
もうドウスルンデスカホントニモウww

なんて風にケラケラもう笑うしかない状態が続いてしまって。

そういう4話でありました。

・ララさん、さらにフラグを成立。

事の次第は至ってシンプル。

はじめて家庭の温かい食事にありついたララさん・・・
その美味しさに舌鼓まではいいんですが、
ここで話に上がったのが、生まれ故郷の料理はどんなものなのか。
当然、それなら論より証拠と腕を振るう彼女ですが・・
何も料理した事の無い設定でなくても(苦笑)
おまけにどうやったらあの禍々しい物体が出来上がるんですかww
牛乳や卵をつかって、あの毒々しいモンスター食物が(苦笑)

これをチャンスとみたリト君が、
「俺は【好きな彼女の作った】料理が食べたいんだ!」
出来ないなら星へ帰れ!と婚約解消を目論み一言申すと。

あのねリト君・・・君は最大の誤算をここで
しているのだが・・気がついていたかい??

【好きな彼女の作った】料理が食べたい
イコール、彼女には・・
自分=リトの彼女であると言う認識が芽生えて・・
さらに・・・

結論:リトの為に美味しいお料理を作ってみせる!

こう解釈したのだよ(*^-^)♪

前向きと言うよりは、リト君の作戦負けですね実際は(*^-^)♪
しかしララさん・・・どこで裸エプロンなんて覚えたんですかね。
デビルーク星にもそんな習慣・・あるんでしょうか??

スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。