スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D.C.ⅡS.S.第6話「桜迷宮」 
2008 05 13
Tue 19:22:18
D.C.ⅡS.S.第6話です。

第6話「桜迷宮」

主観的あらすじ

初音島全域で、原因不明の火事や事故などが起きるようになった。
義之は、そのことに妙な胸騒ぎを覚えた音姫とともに
原因を突き止めようと、冬休みを利用して図書館で詳しく調べることに。
だが結局判明したことは、事件は毎日のように多発しているにも関わらず、
まだ死者が一人も出ていないことだけ。
とはいえ、これも偶然では片付けられない事実であることは間違いない。
ますます事件の関連性が気になった義之は、
不思議な現象の調査を得意とする杉並に協力をあおぎ、
彼の自慢の情報網・非公式新聞部の資料を借りて目を通した。
初音島における過去半世紀以上に渡る数々の出来事が収められた極秘資料。
そこには事件ではなく不思議な噂がまとめられていたが、
それらはすべて50年前に集中していたため、
不思議に思った義之と音姫は純一に当時の話を聞いてみることに。
2人を前にして、純一は昔を懐かしみながら話しはじめた。
その中で、歌が得意で人の心が読める少女や、
猫から人間になった料理好きの少女の話が出てきたときには、
さすがの音姫も冗談かと思ったが、
初音島名物である枯れない桜が彼女たちの願いを叶えたのだという。
今でも、その桜に恋愛成就の噂はある。
しかし、自身の努力では決して成し得ない願いさえも
本当に叶えられるとしたら……? 
にわかには信じられない話だが、
念のため枯れない桜を調べはじめた義之たちは、
やがてある人物から衝撃の事実を告げられる……。

前回の主観的あらすじ

3日間続いたクリスマスパーティーも終わり、
義之たちは初音島を離れ仲間内でスキー旅行に出かけた。
メンバーは、義之、音姫、由夢、小恋、杏、茜、ななか、渉、杉並。
やがてゲレンデに到着した彼らは、初音島では見られない降り積もった雪に歓喜の声を上げる。
早速滑ろうとする義之だったが、
由夢がいないことに気付き音姫に尋ねた。
なんでも彼女は、長距離の移動で疲れたため休んでいるという。
そこでひとまず由夢以外の全員で、スキーを楽しむことにした。
経験者の義之と音姫は最初から華麗な滑りを見せ、
初心者である雪月花の3人はななかに指導を受ける。
そして渉は転びまくり、その傍を杉並がエッジをきかせて滑り降りるのだった。
思い思いにたっぷりと滑ったあと、食事を満喫しながらスキー談義に花を咲かせる。
だが、まだ滑っていない由夢は一人会話から取り残されていた。
そこで義之は、由夢をナイトスキーへ誘おうとするも、
なぜか断られてしまう。
ところがその後、風呂上がりにみんなで部屋へ集まろうとしていた際、
義之はスキーウェアに着替えた由夢が外へ出て行くところを目撃。
音姫から「由夢が湯当たりした」と聞いていた義之は、
体を冷ますために滑りに行ったのだと思い、彼女の後を追うことに。
そして由夢のもとへ姿を見せた彼は、一緒に滑ろうと改めて誘う。
だが、由夢はその誘いを振り切り、一人で滑りはじめた。
一体、由夢が自分を何度も避ける理由は何なのか。
そう考えながら再び彼女を追う義之。
だがそのとき、彼の目の前で由夢が驚くべき事態に見舞われてしまう!

物語の印象点

・頼子さんにことりさんのお話がちらりと。

猫が人間になったお話は無印ダメーポの頼子さん、
そしてヒトノココロが読める女の子も、同じくことりさん。
ダメーポ2で言うなら、ななかさんのおばあちゃんに当りますか。

ズンイチ君・・・君はオンム(音夢)さんと結ばれたのじゃないのかね?
まったくこの元祖ラブルジョワ野郎はホントニモウw

と思いつつ、視聴はしてました。

そして今回は物語の核心についてちらりと触れたこと、
それから・・・杏さんの真相についても触れてましたね。

枯れない桜がなぜここにあるのか。
その理由はさくらさんにあるんですが、そこはおいおい
語られるとして・・・努力しても叶わない願いを
かなえる奇跡を起こす桜の木。

それは一人の健忘症の少女の願いをも叶えていたと。
自分が捨てられたのはその健忘ゆえと悲しんでいた少女。
願いはやがてかない、人並みはずれた記憶力を得るに
至った、あのガーター少女。
ではありますが・・・

対価なくしての願いなどありえないこと。
故にいずれは・・その支払いを要求されることも
確かな訳で。

それは義之君にも、あるいはさくらさんにも。
そして、音姉さんにも。
もう一人、あのキモウトちゃんもある意味そうかもしれないですね。

今の楽しい時間を共有する為にあえて、その未来に目を瞑ると。
それが正しいことかと言えば、そうではなく。
【いつかは】訪れる未来であるのなら、それを回避する為に
何らかの手立てを講じたい。
けれど、それが見えてこない・・

難しい話ですよね。
物語も中盤にさしかかり、今の初音島の謎にも
ゆっくりと迫りつつある流れは良かったと思います。
これなら次回も楽しみですね・・(*^-^)♪
スポンサーサイト

Trackbacks.

D.C.II.S.S. 第6話 「桜迷宮」 2008/05/17 02:30:12 ◇ ゼロから
初音島での火事や事故の原因を探る朝倉音姫。義之とのデート姿は、某探偵ものドラマを連想させますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。