スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネオアンジェリークAbyss第7話「幸せの種」 
2008 05 19
Mon 03:31:02
ネオアンジェリークAbyss第7話です。

主観的あらすじ

ジェットとの戦い以来、
体調のおかしかったジェイドはついに倒れてしまう。
そこで明かされるジェイドの秘密。
あらゆる手を尽くしても、ジェイドの意識は戻らない。
彼を救うため、アンジェはヒュウガと共に、
たったひとつの手がかりを握りしめ、ある場所へ向かう。

物語の印象点

・トンファーよ、アタシの歌を聴けぇ!

と、この場合シェリルさん風に言えばOKですね^^
※ゴス子の中の人は遠藤綾さんです。
マクロスFでは、シェリル・ノームさんを演じてます。

実はターミネーターだったトンファー。
その手に握り締めていたのは・・
かつて彼に笑顔を、感情をもたらしてくれた約束の品物でした。

本来機械に感情が宿るのか?と言えば、
それはないと言うことになるのでしょうが・・・
トンファーはアーティファクト。
もしかしたら、と言うこともある訳で。

と言うか、レインさんがあれだけ手を尽くして
修繕方法が分からないものが・・・

ゴス子の歌一つで蘇るんですから、恐るべし女王パワーですかね。

・ヒュウガさん・・・

彼を治すきっかけを求め、ヒュウガさんと共に
旅立ったゴス子。
道中での野営で・・・・
寝ずの番をすると言うヒュウガさんに
交代を申し出たゴス子ではありますが・・・

本音はキット。

ワタシ「ゴス子、寝たら何かされると思ってるなw」
と視聴しながら思っていたり。
こっちの人はまだまだ雪解けも先のようですね・・・・

・ひまわりは希望の花、笑顔の花。

トンファーに笑顔をくれた少年、名前をカイと言いました。
向日葵のように明るく、惜しみない笑顔を振りまいて
トンファーに優しかった彼。
その素直な心と、向日葵のような明るさが多分・・
トンファーの中の何かを変えたのかもしれません。

それまでは機械のようにただ戦うことしか、
誰かを守る命令しか知らなかった彼に・・・・。

そしてトンファーが為そうとしたこと、それは・・・
【今度は自分が誰かを笑顔にする】
それをメモリーに刻み、旅立ちそして・・・

ゴス子のハーレムメンバーに加わったと。

ゴス子、良いこと言いましたよ。
「貴方が心を失いかけた時は、私が何度でもこの歌で心を取り戻してみせる!」
私達の、大切な(ハーレム)仲間なのだからと。

ワタシが思ったのはその時・・・・

「便利な言葉ですよね、仲間って(柚木涼香さん風に)」

と言うことだったり(*^-^)♪

そんな感じの7話でした。
今回お笑い形式でレビューまとめているのは
実は・・・次回予告で

トンファーの量産タイプが出るらしいんですが、
ゴス子の紹介が・・・

ゴス子「キャラ被ってませんから、大丈夫です!」

キャラ被ってませんからって(笑
このおかげでレビューの方向も決まってしまった訳なのですよw
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。