スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D.C.ⅡS.S.第8話「さくらんぼとお兄ちゃん」  
2008 05 25
Sun 10:38:27
D.C.ⅡS.S.第8話です。

前回の主観的あらすじ

大晦日の夜、芳乃家で忘年会が行われた。
義之、音姫、由夢、さくらの4人で食卓を囲み、
御馳走の数々を堪能する。
会話は弾み団欒の時は続くも、突然、
甘酒で酔った音姫と由夢が義之に絡みだしてしまう。
ろれつの回らなくなった調子で急に笑いだす音姫、
義之に何かと文句をつける由夢。
普段の真面目な姿から変貌した2人に義之はウンザリ。
こうして、芳乃家の大騒ぎの夜は更けていくのだった。
明けて元旦。義之は姉妹とともに神社へ初詣に出かけた。
そこでおみくじを引く義之と音姫だったが、
由夢はなかなか引こうとしない。
彼女は、「大凶」のおみくじを引くという予知夢を見ていたのだ。
そんな事情を知らない義之が由夢の代わりに引いてみるが、
結果は案の定「大凶」。
しかし、悪い運勢を変えるためにも、
由夢は翌日、出かけようとする義之に
「夜6時に帰ってきてほしい」と頼む。
1月2日は由夢にとって大切な日のため、どうしても義之とともに過ごしたかったのだ。
彼はそのことを知らず由夢の思いを汲み取れなかったが、
頑なに頼んでくる彼女に従い、時間通りに帰るという約束を交わした。
その後、音姫とともに原因不明の事件の調査を続けていた義之は、
彼女から今日が由夢の誕生日であることに気付かされる。
そこで義之は、6時に間に合うよう由夢のもとへ戻る途中で、
ショッピングモールで彼女へのプレゼントを買うことに。
満足のいくプレゼントがすぐ見つかり、安堵する義之。
ところがその直後、彼は予想だにしない異常事態に巻き込まれてしまう……。

第8話「さくらんぼとお兄ちゃん」

物語の印象点

・夢の終わりは

それはさくらさんの願いだった。
かつてそう願い、結局はかなえられなかった夢。

53年の時間をかけて、今度は自分の手でそれを叶える事が出来た。
その幸せを自分が受けるということは出来なくても・・・
彼との子供、ともいえる存在を見守ることで・・・

義之君の存在の真相が明らかになった回ですね。
桜によって生み出された幻。
故に願いを叶えるサクラが消えれば、彼もまた消えて行く。

そういう、はかない存在。
桜の樹に邪気があるのではなく、ただ願いに呼応しただけで。
元々良い願いだけを叶える、と言う都合のいい話は
なかったのかもしれないと。

そうして生まれた夢ならば・・・いつかは覚めてしまうだけ。
その時に・・・笑ってアリガトウをいえるのか。
あるいは・・・悲しみにくれる毎日を過ごすのか。

それは、二人の姉妹だけが知っている・・・と言うことでしょうね。
キモウトちゃんが見た予知夢。

結果が分かっているから、運命だからとあえて踏み込まない。
だとしても・・・ソレまでの間は楽しい思い出をたくさん作りたい。
だから、ほんの少しだけ甘えてみる。

消えてしまうのが悲しいから、姉は涙を流した。
一身同体の可愛い弟君を、自分の半身を永遠に失う事が
哀しくて、だから・・・責める事もなく、泣き続けた。

そしてさくらさんは・・・大好きな「お兄ちゃん」に
最後の別れを告げる為に、髪を切った。
夢の精算をするためだけに。

そこに言葉は必要なく、ただ・・・
ほんの少しの昔語りがあればいい。

可愛い妹分を「さくらんぼう」と呼んで
可愛がっていた頃を懐かしみ・・・

「かったるい」と照れ隠しの言葉を紡ぐ、
優しいお兄ちゃんを思い出しながら。

そうして彼女は・・・桜に帰っていったと。
けれど、それで終わる訳じゃなく。

残された義之君や、キモウトちゃんたちの想いが
もし奇跡を見せてくれるのなら。

そんな部分を次回以降は楽しみにしたいですね(*^-^)♪
スポンサーサイト

Trackbacks.

D.C.II.S.S. 第8話 「さくらんぼとお兄ちゃん」 2008/05/26 22:56:52 ◇ ゼロから
おっと、予\\想が外れましたね。義之は、芳乃さくらが純一を朝倉音夢に取られたので桜の樹に願い作ったものだったのですね。
D.C.II S.S~第8話「さくらんぼとお兄ちゃん」レビュー 2008/05/26 23:29:14 ◇ K@Blog-更新のフリをした日記2
「こんばんは」 「はじめまして」 「桜内義之。君の名前だよ」 ああああああ!この時点でなんとなく把握してしまった!! なんてこった。これは痛い。 痛すぎるぞさくらさんよ……。
D.C.II S.S. ~ダ・カーポII セカンドシーズン~ 第8話「さくらんぼとお兄ちゃん」 2008/05/28 07:06:06 ◇ のらりんクロッキー
切なそうに見えて突っ込みどころ満載だったような… よい願いも悪い願いもかなえてしまう桜の木。 桜の木をコントロールしていたのがさくらさんで、 システムの欠陥をフォローし続けてきたけどついに限界。 初音島の異変を止めるには 木を枯らすか自分が内部に入る...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。