スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
D.C.ⅡS.S.第10話「夢の終わり」 
2008 06 11
Wed 04:22:49
D.C.ⅡS.S.第10話です。

前回の主観的あらすじ

音姫が、決意の表情を見せるさくらと別れた翌日。
彼女が突然いなくなったことを不思議に思う
義之や由夢に対し、音姫は何も返すことができなかった。
枯れない桜の異常を止めるために、
さくらが自身を桜に取り込ませたという事実を、
彼らに知られるわけにはいかないのだ。
2人に何とか笑顔を見せようとする音姫だったが、
その日の登校中、彼女の表情は一気に曇ってしまう。
なんと、さくらが決死の覚悟を見せたにもかかわらず、
また新たな事故が発生したのだ。
悪い夢はまだ終わっていないことに気付いた音姫は、
さくらの代わりに状況を変えようと、
昼休みに学校を抜け出して枯れない桜のもとへ向かう。
だが、結局彼女ができることは、桜を枯らすことだけ。
枯らせば義之が消えてしまう。
初音島の人々か義之かという
最悪の選択を突きつけられた音姫は、
絶望感に苛まれてしまうのだった。
そんなとき、昼食もとらず思い詰めていた自分を心配し、
義之が声をかけてきた。
だが音姫は、何も話さず義之のもとから逃げ去るしかできない。
それでも気遣おうとする彼に、
音姫はついに「放っておいて」ときつく言い放ってしまう。
真実を話せるわけもなく、
どうすればいいのかわからない音姫の精神は追い詰められていく。
そんな心情を察した純一は、
彼女を慰めると同時にあることを告げるのだが……。

第10話「夢の終わり」

主観的あらすじ

音姫のことを案じているうちに眠ってしまった義之は、
朝、家の前で彼女が別れを告げる声を聞いて、
慌てて飛び起き外に出た義之だったが、
すでに遅く、音姫の姿は見えなかった。
しかも先に登校したのかと思いきや、彼女は欠席扱いになっていた。
義之は、いてもたってもいられず登校と同時に早退し、
理由を知らせず姿を消した音姫の行方を追うことに。
しかし、街ゆく人々に尋ねても何の手がかりも得られない。
仕方なく一度朝倉家に戻ってみると、由夢が待っていた。
小恋たちから事情を聞いていた彼女は、焦る義之を落ち着かせるため家に招く。
だが、彼が一息ついたところ、
眠気に襲われ、義之はそのまま深い眠りに落ちてしまう。
眠った義之は、夢の中でさくらに出会い、
全ての真相を打ち明けられた。
枯れない桜は本当に願いを叶えること。
その木はさくらが研究したサンプルが元になっていること。
そして、彼女がその桜に願ったことで自分が作られたため、
事故を防ごうと桜を枯らせば消えてしまうこと……。
自分の都合でみんなを不幸にした……と、
涙をあふれさせ悔やみ続けるさくらだったが、
義之は彼女に笑顔を向ける。
彼は自分という存在を生み出し、大切な人たちとの時間を
過ごさせてくれたさくらを初めて「母さん」と呼び、
感謝の気持ちを示すのだった。
その直後、夢から覚めた義之は、一人で悩み続ける
音姫を救うべく駆け出した。
もう彼女のいる場所はわかっている。
確信をもって枯れない桜の木のもとへ到着した義之は、
そこで泣きはらしていた音姫に対し、
島の人々のために自分の身を捧げる覚悟を伝えた。
そんな彼の決意を聞いた音姫が選んだ道は……。

物語の印象点

・エゴから始まった願いの終幕

綺麗にまとめにかかったな・・・と言う印象が
あるのがまず一つで(*^-^)♪

実際、感動?的にはまとまっていると思います。
さくらさんの心情を理解し、みんなの為にと
その身を犠牲にした義之君・・・・そして、
彼の願いを涙ながらに聞き届けた音姉さん。

それはそうなんですが・・・
穿った見方をすると、やはりエゴから始まった願いは
【全ての】人を幸せにするのではなく、その裏に
泣かせてしまう人を生み出すのだなとも感じました。

さくらさん、義之君にはそれで良いのかもしれませんが
結局・・・音姉さんを泣かせ、キモウトちゃんを泣かせと言う
流れは・・・やはり切なくもありあざとくもあるのかなと。

一人周囲の流れに取り残され、それを寂しく思った
さくらさんの独白の場面が良かっただけに、
ラストシーンのあれが今ひとつ・・・
心に残る感じでなかったのは惜しかったと思うのですよ。

中盤からの流れのみで見ていくとしたら、
これはこれで起承転結もきちんとしていて、
面白いのですけれどね・・・
問題はまだ話数が残っているということ。

最後に奇跡をもたらす流れだったと仮に予想するとして
彼女達の想いが奇跡を呼んだ、桜はまた咲き始めた・・
じゃ、ちょっと感動に足りない感じもしますしね(苦笑)

そういう部分に注目してみたい、そんな10話でもあったのでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

D.C.II.S.S. 第10話 「夢のおわり」 2008/06/14 02:12:22 ◇ ゼロから
義之にそっと別れを告げる朝倉音姫。D.C.II.S.S.のメインヒロインは、音姫で決定ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。