スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタズラなKiss第10話です。

主観的あらすじ

入江家での居候生活も1年以上が経った。
これ以上世話になるわけにはいかないという重雄の考えで、
琴子と重雄はアパートへ引越すことに。
入江パパ・ママは深く悲しむが、
直樹はいつも通りのクールな様子。
引越しの車中で、楽しかった思い出が心をめぐり
琴子はそっと涙ぐむ。
学校帰り、つい入江家に足が向いてしまう琴子。
その時、家の中から大きな物音が!
不審に思い中へ入ると、
裕樹が激しい腹痛で倒れていた・・・!!

物語の印象点

・琴子さんの純情ロマンチカ(*^-^)♪

なのかな・・と思いきや。

わずか一週間も経たないうちに
また同居確定なのかおーーーーーい!!

こらーーーー(*^-^)♪
あの素晴らしいオチにヤラレマシタネ今回。

そこまでの話は本当に純情で可愛い話だったんですよ。
親父さん許さん!と冒頭は真面目に思ってましたし。

タクシーの中で、寂しそうに黙り込む琴子さんが
真面目にいじらしく見えてましたし。

大学でも学部が違う、ということから
なかなか直樹君とは会うことも出来ず、
すれ違いの日々に寂しさを募らせ・・・みたいな感じでしたから。

それを見事に最後はギャグでまとめてきますかww
これにはヤラレマシタ・・・お見事です。

・弟君がキューピッド。

弟君の不慮の事態が、今回の肝でしたね・・・・
直樹君を思って、つい足が直樹くんハウスにって・・・
琴子さん、それストーカーですから(*^-^)♪
でも、これが功を奏したと言えば後付ですけれど
そうなりますか。
弟君のピンチに、何よりもまず直樹君に電話を入れて。
どうしよう、どうしようとオロオロする彼女ですが
それでも指示をもらってからはテキパキと。
かなり気が張っていたみたいで・・・
病院で一息ついたときのあの表情、そういうものだろうなと
思わずじーんとしてしまったり・・・
「怖かった・・・」としっかり直樹君の胸も借りている所は、
さすが琴子さんしたたかですかねww

何せその場面・・【回想風味】で表現してますしww
ここはスタッフさん、お上手だなと(*^-^)♪

・あれ?陽ノ下光??

本物でした(*^-^)♪
ただし、中の人(野田順子さん)ですけどね。
病院で出会った男の子、のんちゃん。
とても可愛い子でしたよ。
病気を抱えていても、素直で可愛くて。
やりとりが年頃っぽい感じだったのも好感持てましたしね・・・
やるな光・・・と、ときメモラーとしては
感じずに入られませんでしたしね(*^-^)♪

次回からは再びアドバンテージを取り戻した琴子さん、
きっとライバルにも勝てるでしょう・・・・か??
スポンサーサイト

Trackbacks.

イタズラなKiss 第10話 「さよならレイニー・デイ」 2008/06/14 02:13:42 ◇ ゼロから
遂に入江家から引越しをする相原父娘。入江直樹のことを脳内再生する相原琴子さん。なんだか、虚しいよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。