スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルゴ13 第13話「クロスアングル」 
2008 07 05
Sat 02:32:03
ゴルゴ13 第13話です。

第13話「クロスアングル」

主観的あらすじ

世界中の要人のスキャンダル写真を撮り尽くした
ビクター・ランスは、すでに好奇心も失い、
引退しようとしていた。
もはや自分の標的となる人物など存在しないと豪語する
ランスだったが、ひょんなことから
ゴルゴの存在を知ってしまった。
彼は、最後の仕事として、
世界最高のプロ狙撃者の狙撃の瞬間をカメラに収めようと、
全てを懸けてゴルゴに挑む...。

原作:「SPコミック収録巻数:93巻」

物語の印象点

・キャプする人としては(*^-^)♪

冒頭のショットに全てを賭けたかもしれないですね^^
その意味で今回の物語に共通する部分、
あったかもしれません。

狙撃もスクープもほんの一瞬を捉えるものとすれば、
こうした(*゚∀゚)=3な場面を神業でキャプするのも
ある意味同義、とネタとして見る事は可能かもと思いますね・・

しかもテレ○・・・乳首すら隠さず、堂々とSEX描写を
アニメで行うとは潔い!

すがすがしさすら感じたかも(苦笑)

・意地をかけての勝負は、ランスの勝ちか。

命を張っての勝負には敗れましたけれども、あれは・・
ランスの勝ちと見て良いでしょうね実際。

偶発的な陽光の為にレンズの反射に気づかれ、
目論見を阻止されたとは言え確かにその瞬間まで・・・・
彼は勝ってましたからね実際。

ただ、Gの恐るべき所は・・・トリガーを引くその瞬間まで
周囲に気を配れる部分にあると言うことですか。
ターゲットまでの目測距離、精密度はクリアー。
後は周囲の邪魔が入らないようにとそこまでは
理解できますが、さすがでしたね・・・・

・その集中力を生み出すのは

ブリーフゴルゴキタ━(゚∀゚)━!

ゴルゴ、白ブリーフ派ですww
作品は違いますが、某ルパン3世の次元大介も
作品の90%以上においてブリーフでしたし、
やはり狙撃に適したアンダーウェアと言うのは
あるのかなと(*^-^)♪

・・ちなみにワタシはトランクス派なので、
その場面はしかと抑える事は出来ませんでしたが(苦笑)

・今日のGの台詞。

今日のゴルゴのセリフ「何故だ」だけw

ヒロシのギャラもバカにならないとは言え・・・
アフレコも1時間あれば終わるんじゃないかと
思うぐらい短かったですね実際(大爆笑)

でも・・・1クール、ちょうどこの13話で終わりましたが
ゴルゴは安定した面白さで視聴できるのが凄い!と
素直に感じましたね実際(*^-^)♪

視聴する人はもちろん選びますけれども・・・
構成、演出、作画・・・・声優さん・・・あらゆる部分に置いて
手抜きが無いなと感じますし。

原作の魅力に頼りきらないと言う印象もあって
ファンとしても嬉しかったりしますね^^

次回はゴルゴと互角の勝負ができる数少ない男の登場ですし、
こちらも楽しみですね・・・。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。