スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルゴ13 第22話「インディアン・サマー」 
2008 09 09
Tue 15:24:32
ゴルゴ13 第22話です。

主観的あらすじ

アメリカ・ユタ州砂漠地帯のモーテルに立ち寄るゴルゴ。
そこへ出稼ぎにいっていた
モーテルの一人息子・ハンクが戻ってくる。
妹と目の見えない母親をだまし、
仲間のテッドと共に部屋に潜むハンク。
彼らはリノでカジノ強盗を犯し、
追ってくる警察から身を隠しているのだった。
ゴルゴがこのモーテルに滞在したのは
果たして偶然なのか!?
田舎の小さなモーテルで悲惨な事件が起きる!

原作「SPコミック収録巻数:85巻」

物語の印象点

・親の心、子知らず

その逆もしかり・・・ですか。
母親はただ、その店にずっと息子にいて欲しかった。
けれど息子は、母親の為に店を建て直したかった。
その為には・・・出稼ぎの金では時間も、金も足りない。
だから・・・あんなことをした。

目が不自由、な分その他の感覚に鋭敏にはなったけれど
たった一つ見抜けなかったのは・・・心ですか。
ゴルゴが立ち寄ったのは偶然ではないでしょうし、
ターゲットを仕留める為の一連の流れの瑣末な事でも
あったでしょう。

けれど・・・その家族にとってはとても・・・
悲しい夏の日の出来事。

せめてもの救いは、息子を撃ったと
母親が気付いていない、と言うことだけでしょうかね。
とても悲しい・・そんなエピソードでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。