スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス~反逆のルルーシュR2~第22話です。

主観的あらすじ

世界は変貌を遂げようとしていた。
超合集国とブリタニア帝国。
二極化した力の激突は避けられないのか?
それとも…。多くの人間の運命が変転し
絡み合い新たな物語を紡ぎ、
いよいよクライマックスへと突入する!!

物語の印象点

・驚天動地の次回予告とラストシーン。

21話までのワタシはこうでした。

けれど咲世子さんはワタシの心の中で生きてるよ(´・ω・`)
けれどナナリーはワタシの心の中で生きてるよ(´・ω・`)

それが22話の話を聞くところによると・・・

俺の咲世子さんが生きているかも!!(・`ω´・)
俺のナナリーが生きているかも!!(・`ω´・)

そして22話・・・

俺の咲世子さんが生きてた!!(・`ω´・)
俺が咲世子さんで生きてた!!(・`ω´・)
俺達が咲世子さんで生きてた!!(・`ω´・)

・・・・・。

俺【だけ】の咲世子さんが生きてた!!(・`ω´・)

さらに・・・

俺のナナリーが生きてた!!(・`ω´・)
俺がナナリーで生きてた!!(・`ω´・)
俺達がナナリーで生きてた!!(・`ω´・)

・・・・・。

俺【だけ】のナナリーが生きてた!!(・`ω´・)

数話ぶりに復活ですよ、【咲世子】マイスターに
【ナナリー】マイスターがwwww

公式をもひっくり返す超展開、驚きもありましたが
嬉しかったりもしましたね(*^-^)♪
悲しみをさらなる悲しみで塗り替えようとしている
ルル山とスザクの行為を彼女の涙が
もしも止められるのだとしたら・・・

・Aパート2行でまとめると。

・細かい裏切りの清算は時間の都合で何もなし
・ラウンズ、アーニャとジノ以外大整理

もうね、スザク・カレン・ジノ・アーニャ・
ジェレミア・シンクー・かぐや・天子様だけがルルの味方でいいよ

と言うことになりますねw

ところで扇・・・

ワタシ「そろそろ千草と呼び続けるのをやめろ」
扇「すまん、では今日から「乳房」で」

ボカッ!

と言う展開も欲しかったですね^^

それから勢力整理も。

◎ルル=ブリタニア側
ルル山、スザク、CC、ロイド、17歳、
ジェレミア

◎シュナイゼル=潜伏仲
シュナ、オカマ、オナニーナ、みっくるんるん

◎扇ジャパン=呆然

って感じでした。

・ラウンズ、瞬殺。・゚・(ノД`)・゚・。

ワタシの12が。・゚・(ノД`)・゚・。
一瞬ですよorz

ルル山を認めないラウンズメンバーたちとの激突。
その最中で合間見えた4、12・・・・
特に4!!

17才使い回しの4番wwwwwwwwwwwwwwwwwww
即効死亡wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

貴重な【00】要員が一言で死亡ですか!!
しかも12まで。・゚・(ノД`)・゚・。
可愛かったのに・・・。

1との戦闘は意外な事実に驚きでしたが、
ギアスのバーゲンセールですからさほどではなかったと。
未来線を読むギアス・・とありましたが、
ナイトメア・オブ・ナナリーを知るギアスファンなら
さもありなん、と思いますよね。
ナナリーのギアスも、【同じですから】。

となれば、後は精神力。
「俺は1を越えたゼロだ!」
それだけで勝てるものなんですかwww
と言うか真面目な話は、ランスロット・アルビオンの
性能が上回ったと言う感じですけどね。
第9世代の最新鋭KNFですから。

・ルル山の真意

虐殺皇女の名が、悪逆皇帝の名で上書きされるまで
俺はこの行為を止めるつもりはない。
俺たちはあまりにも大事なものを失いすぎた・・・
だからもう誰も【失わせない】、その為に・・・
この強固たるギアスの意思で世界を統べてみせる。

自分の為に、と言う話ではなく・・・
ただもう悲しみを増やさない為にそうする。
方法が間違っているなどどうでもいい、結果が出れば。
なんてところですか。

そういう意味では小物兄貴も同一ですかね。
コッチはギアスがない分・・・目に見える形での
示威行動を見せましたが。
空中要塞ダモクレス・・・フレイヤ付き。
神の鉄槌ですか、あの爆弾は。
とでも言いたそうですね、実際。
まあ実際の所は・・・後がなくなったと観るべきですが。

・カレンとの別離。

シャーリーの時と同じ、ですね。
大事に思うからこそ遠ざける。
ましてギアスの事を知られた今であるならば、
側にいてもらうより、【生きていて欲しい】から
何も話さなかった。

そんなの、分かる訳もないからカレンは・・・
お別れのキスだけを残して敵対した。
今の居場所である、黒の騎士団を守る為に。

会談の最中・・リヴァルが叫んだ一言が
ルル山の真意かな?とも思いますけどね。
【友達だから、当たり前だろ!】というその一言が。

そして黒の騎士団がルル山を認められない理由は一つだけ。
【矜持】、と言うものがあるからこそ認められない。
自らの意思で従ったのでなく、ギアスによって
成された事だからそれが許せない。
そして彼のやろうとしている事が結局・・・
頭がぶるぁからルル山にすげ変わるだけで
何も変わらないから、許せない。

だとして・・・力のない今は何も出来ないとも
思うんですけどね。
目指したい目的の果ては一緒なんですけれど、
アイデンティティの違いがそれを拒んでしまい
また悲しい血が流れる。

場面とは関係なく、苦悩するジノの姿がふと
オーバーラップしましたよ・・。

そんな22話でもありました。
スポンサーサイト

Trackbacks.

コードギアスR2第22話『皇帝ルルーシュ』の感想レビュー 2008/09/10 18:00:23 ◇ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
『…私は嬉しかった。ゼロに必要とされたことも光栄で、誇らしくて。でもゼロがルルーシュだって分かって、訳が分からなくなって…。 それでもブリタニアと戦うあなたを見て…。 そんなあなたがスザクと手を組んで、今度は何をやりたいの?力が欲しいだけ?地位がお望み?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。