スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネオアンジェリークAbyss second Age第11話です。

主観的あらすじ

マティアスの残した言葉とルネの助言により、
アンジェたちはファリアンを目指すことになる。
そこにエレボスを倒しニクスを助けるための、
ある物があるというのだ。
ふたりきりで別れを惜しむアンジェとルネ。
ふたりの衝撃的な会話をレインが聞いてしまい・・・。


物語の印象点

・今期の遠藤綾キャラはみんな死んで終わるのかな

とりあえず視聴している作品において
可能性を考慮してみました(*^-^)♪

現在の死亡確率

シェリル…70%
作品:マクロスF

アンジェリーク…50%
作品:ネオアンジェリークAbyss second Age

松…0%
作品:セキレイ

・誰も逆らえない絶望の中で~

って今回そのままじゃないですか本編の展開orz

OP曲とのシンクロ、狙いましたかスタッフさん(苦笑)

まさかに教団長・・・死亡ですか(涙)
限界を超えてビーム・・使いすぎた為ですね・・・
けれど最後の最後に、ちゃんと生きる意味とそして・・
本当は何を守りたかったのか。

そこを見据えられたのであれば・・・
死んでしまう事は悲しいことだけれど、
彼にとって悔いの残らない教団長としての生涯だったのかとは
感じますね・・・・

しかも憎スさんがもうこれでもかとイヤラシイ台詞の連発で(苦笑)
死ぬ順番が前後しただの、希望を消し去りましょうだの・・・
怒りに剣を抜いたゴス子にさえ・・・
「ほう、(小馬鹿にした口調で)勇ましいものですね」
ってどこまでヒートアップさせてくれるんですかと言うか、
大川さん上手すぎですその台詞!
※ニクスさんの声優さんは大川さんです。

これ以上ない侮蔑の言葉に、ついにゴス子の怒りも
マックスハートでしたしね・・・

第二段階を覚えましたよ、ゴス子。

ハーレム剣・ゴス子浄化斬りの第二段階・・・
「浄化・フルバースト」を(*^-^)♪
体中から立ち上る浄化の力。
それは都を襲うタナトスを滅するだけでなく、憎スさんまでをも
押し返すほどの力に溢れていました。

と真面目に書けば良いのですが・・・

そこはワタシですからネタにしてしまうとw

憎ス(とりあえずアンジェの写真で一息つこう)
本当は後一寸耐えればゴス子もエンストするし・・・
それは分かっているが、今日の日課を済ませてないしな(*^-^)♪

ニクス「写真見に帰るか」

って感じで消えちゃいましたしねww

・都に向かう途中で。

村人とのやりとり。
悲しい事があったとき、人はやりきれない思いを
必ず誰かにぶつけるものだから・・・
助けに来なかったゴス子に、それをぶつけた。
村人たちの気持ちも正しく、また・・全力で戦っている
ゴス子の気持ちもまた正しく。
どちらも悪くないだけに・・残るのは後味の悪さだけ。
加えてゴス子には・・目的を果たして後、さらなる悲しみが
待っているのだから・・・

でもゴス子は内心で多分・・・

ゴ(この村は救わないリストに記載しておこう)

と思ったんじゃないかとw

と言うのが中盤の流れでした。
そんな中、ルネがついに星を渡る船の在処を提示しました。
エレボスを撃つ事が可能な、その手段となる船を。

ってその見返りに何をしとるんだルネ!!
都のお別れにって・・・抱きしめるなゴス子をwww

これには男性視聴者がヒートアップではないかと(*^-^)♪
良いとこなしで来ている現教団長ルネの癖にコラ!
と思った人、少なくは無いと思うんですよね(苦笑)

ともあれエレボスを滅ぼす手段も見つかり・・・
ってこらレイン!
男女の逢瀬を盗み聞きなんて趣味が悪いぜww
まあ、ゴス子を一番案じているのも彼ですから
分からなくはないんですが(*^-^)♪

・ジェットとメ↑ガネ↓の邂逅。

エレンの元に現れたジェット。
俺は不良品だと自らの解体を申し出るジェットに
エレンは、それは心を持ったからと説明する場面・・
良かったですよ。
ココは本編を見て欲しいものですが・・・
レビュー的には、アンジェのぱんつ力、
機械に心を宿らせる力があるのですね・・・としておきますかw

・終盤の無声演出。

あまりに悲しい内容だから、あえて無声演出を狙ったと
思うんですが本当は・・・

あの空白はきっと、小野坂がアドリブで
放送禁止用語連発したので削除されたんだな
うん、間違いないw

※小野坂さんはジェイド(注:レビューでトンファーと言っている人です)の
声を当ててます。

じゃないんですかね(大爆笑)
なんてことを思いましたよ。

ともかく次回、いよいよエレボスとの決着前半戦。
物語も後2話で終了ですか・・・・
心して見ようと思った、そんな11話だったのでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。