スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス~反逆のルルーシュR2~第24話です。

主観的あらすじ

帝都ペンドラゴンを一瞬で消滅させたフレイア弾。
その決戦兵器を大量装備した天空要塞ダモクレスが舞い上がる!
そのシュナイゼルの計画が完了すればもはや世界は彼の手に落ちる!
ルルーシュとナナリーが、
カレンとスザクが虚空の彼方で相対する時、
すべては結末に向け加速する!

物語の印象点

・希望という名前の欲望、その真名は【明日】。

人が進歩し続ける事。
その原動力、と言うのを今よりも【より良い】ものを、と
望む気持ちと仮定した場合・・・それは
比喩的に言うなら、【明日】であり・・・
ギアス的に言うのなら【欲望】なのでしょう。

その意味でなら、ルル山の言い分も納得ですね(*^-^)♪
逆に小物兄貴の言い分も。

先の見えないものに何かを託すよりも、人はその相応な部分に
おいて幸せを享受すべし。
イレブンであるのなら、イレヴンらしく。
貴族なら、貴族らしく・・・それぞれが等価に。

今回二人の勝敗を分けたものは多分・・・
【欲望】あるいは執念と言う部分かもしれないなと。
ある意味未完成だったルル山だから勝てたのかもしれないと。
優秀すぎるが故に【自己完結】という完成形を見た兄貴には
想定し得なかった事態。
だから、付け入られた、最後の最後にギアスで意思をねじまげられた。
なんて風にも見ましたけれどね(*^-^)♪

ぶるぁを過去の象徴、小物兄貴を現在の象徴、
ルル山を明日・・・

えっと、これってサン●イズのお家芸・・・
【だから明日が欲しいんだ!】ってことでいいんですかねww

何とかキャンセラーとか、何とかジャマーと言えば・・・
何処かの運命ガンダムとか、自由ガンダムに正義ガンダムのお家芸でしたしw

・斬月・・・立派に名機でした。

KNFの戦いも今回激戦ではありましたが・・
改めてナイトメアフレームの機体それぞれに
目をやってみると・・・

追悼するならば蜃気楼と斬月、と言うところですね。
接近戦はからっきしの蜃気楼でしたが・・・
しかしよくいままでルル山の役に立ち続けてくれた、と(*^-^)♪
そしてミラクルさんこと藤堂さんはアレでしたけれど、
斬月は間違いなく傑作機だった・・・と。
はやく立体化してね^^

機体性能にはるかに劣る最終決戦の中で、その性能を最後まで
遺憾なく発揮した一般機。
名機とはかくありたいものだ・・・と思いましたよ。
こういう感覚は、ボトムズやガサラキなどが好きだという人には
分かる気持ちなのかもですけれどね・・(*^-^)♪

逆にガンダム好きの人には、申し訳ないのですが
多分持ち得ない感覚なのではと。
試作機、あるいはある目的に特化した機体・・が戦局を変えてしまう
物語にカタルシスを感じる、という場合に置いてですけどね。

・最後までルル山の真意に気付けなかった人たち。

だから妻にもなれず、忠犬兼愛人にもなれず・・・
恨み言と繰言を戦意に変えて刃を向けると。
それ自体がどうなのか、と言えば間違いではないと思います。
人はそんなに便利には出来てませんし・・・
ヒトノココロをそこまで汲み取れる、とするならば・・・
それはよほど彼のそばにいなければ不可能でもあったでしょうしね。

その意味でカレンも、神楽耶さんも彼の真意には気付けなかったと。
物語的には後悔、という役どころを後に演じるのかも
しれませんけどね・・
後悔をバネに、明日を望むというような。

もっともカレンの場合は・・愛憎入り混じり確定でしたけどねww

最強最高の本妻にして共犯者のピザ女にだけは
負けられない、と言うかアタシの目の前でラブラブなんて許さない!
と思えるような介入の仕方に戦闘でしたからwww

輻射波動・・今回ばかりは【嫉妬の炎めらめら】みたいな感じに
見えましたね・・・

それからプリン伯爵と345さんの嘘がまた・・・
なんとも心憎い演出じゃないですか。
天子ちゃんの心から安心した「しんくー!!」がまたそれに
輪をかけてましたしね・・・。

とどめはオナニーナ。
彼女の心の変化がさらにこの演出に輪をかけたと。
ゼロを憎む気持ちに変わりはないけれど、
好きだった人の遺志を汲んで明日を望む為に、
ルルーシュとしての貴方に今は協力をする。
それが自分の贖罪と、明日を掴む代償だから・・・

と言う部分でしょうね。

・ナナリーの想い。

彼女から見た場合、理由が何であれ
実の兄にこれいじょうの悪行を重ねさせられない。
だから止めるのなら、自分がその責めを負うつもりで
フレイヤに固執したと。

やり方こそ異なれど、彼女も真剣だったと。
だからこそ、かけられた嘘を破る事が出来たと。
見開かれた両目・・・ギアスをかけろと訴えるその瞳に
迷いはありませんでした。

と言っても、ネタにするなら・・・

ナ「魔女との結婚なんて許しません」
オニイサマハワタシノモノ・・・

シンデイタダケマセンカ?

・・・怖っ!

・才女はしぶとく生き残る(*^-^)♪

と見出しはひっどい付け方ですが嬉しかったですね。
ちゃんとヴァヴァア殿下、生き残ってましたし^^
生きながらえたのも、兄貴が単に執着がなかったから故の
偶発的なもの・・・ですか。
それに気付いた時、支えになる人が側にいるのは
嬉しい話ですよね・・・
ギルフォードを見て、そう感じましたよ。

・ジノ、アーニャとの和解は・・

私的な希望として言うのなら
あってほしいなと。
どんな形であれ、スザクと触れ合いルル山を知り、
生徒会とも一時の友好を暖めたのなら、
その意味でアッシュフォード学園にもう一度・・・
みんなで集まって欲しいとも感じる所ありますしね。

泣いても笑っても後2話ですか。
次回も心して見なくては・・・。
スポンサーサイト

Trackbacks.

コードギアス 反逆のルルーシュR2 第24話 「ダモクレス の 空」 2008/09/21 20:05:14 ◇ Shooting Stars☆
コードギアス 24話 「ダモクレス の 空」 あらすじ 帝都ペンドラゴンを一瞬で消滅させたフレイア弾。 その決戦兵器を大量装備した天空要塞...
コードギアスR2第24話『ダモクレスの空』の感想レビュー 2008/09/22 02:54:32 ◇ gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)
「質問したい。あなたはダモクレスで世界を握りたかったのか?」 「違うよ。私はただ、皆が望むことを・・・平和を作りたいだけだ。」 「人の本質を無視してでも?」 「見解の相違だね。」 空高く浮遊する堅牢なる砦、ダモクレス。 本当に固いのはその要塞自体か。あ?...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。