スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス~反逆のルルーシュR2~第25話(最終回)です。

主観的あらすじ

ゼロレクイエム。
すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。
さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?
さよならスザク、さらば戦いの日々
そして・・・コードギアス最終回!
万感の想いを胸に全力で刮目せよ!

物語の印象点

・最後まで仮面を外さなかった悪党。

と言うのが視聴直後の感想ですね。
彼の結末については死んだ、死んでないというのは
むしろどうでもいい、と言うのも私的な感想ではあります。

大事なのは・・・・

【友人との約束を守れた】と言うことと、
悲しみを産む【憎しみ】を一時でも断ち切れた事、と言うのに
あるのでしょう。

彼の望んだ世界は確かに、そこに顕現したのであろうと。
後に悲しい想いを残し、永遠に拭えない罪咎を親友に刻んだとしても。

彼らしい、劇場的な結末だと思いますね・・・

冒頭、ナナリーの罵倒も最終回を単独で見る限りでは
彼女の中での望む世界を作り出すべく、真っ向から
ルル山の考えを否定している、と言う点で良かったとも感じました。
印象が前話と今話で見事にひっくり返されましたしね・・(*^-^)タハハ
これはお見事でした。

そしてその覚悟の程、ダモクレスに憎しみを集め
その1点管理において、人の平和を成そうと言う考えに
彼女の巣立ちを見たルル山。
あえてギアスをかけ、彼女から鍵を奪い自らがその役割を務める。
良くも悪くも、悪人は俺だけでいい・・・と言う事ですか。

元々一人で始めた世界へのケンカは、最後まで一人で背負って行くと。
このあたりの心持ち、仮に理解をしていたとしたら
神楽耶さんだけでしょうね、きっと。

・日本人として、力が(力を)欲しかったから

その方法を組織に求めた男、スザク。
その方法を日本人の誇りと矜持に求めた女、カレン。
決して交わらない二人のイデオロギー闘争は
最高の機体を互いに操っての戦闘となりました。

この二人についてもそうなんですが・・
ギアスの物語、決して互いの主張が噛み合う事が
ひとつとしてない部分に、スタッフさんの意気込みを感じますね。
人は分かり合えるはず・・とよくこの手のSFアニメではテーマにしてますが、
【分かり合えないから】人は【分かり合おうと】血を流し、憎みあい、
時に愛を育むんじゃないでしょうか。

と言うことを感じもしましたね・・。

結果としては相打ちに終わり、勝負は痛み分けでしたが
それで良かったのだろうとも思います。
どちらかが勝ち残った、と言う事は物語の中で言うのなら・・
一方の主張が正しかったとする、戦争における正義の定義に
似通った部分(勝ったほうが後世における正義である)も
見受けられそうですしね(*^-^)♪

・世界を一つにまとめて

ダモクレスから発したギアス。
世界をまとめ・・・・憎しみの象徴を自身に集めた事で
ようやく理解は出来ましたね・・。
彼のしたかった事は。

世界の意思を一つにまとめる事は出来た。
後は役者としてカーテンコールを待つだけの身。
それに・・・・適した役者も選んである。

そして・・やってきたのは反抗の象徴、【ゼロ】。
身軽な動作でルル山に迫り、剣をその胸に突きたてたと。

撃っていいのは、撃たれる覚悟のあるやつだけだ。
故に、ルル山を本当の意味で刺していいのも、
また【ヤツだけだ】と。
彼は身を持ってその言葉を体現した、と(*^-^)♪
そんなことをぼんやりと思いましたね・・・。

・気付いた人、気付けなかった人、あえて知らぬ振りをした人。

大別するとそんな風に見えますね・・・

気付いていたのは、C.C.、神楽耶ですか。
気付けなかったのは、カレン、ナナリー、アーニャ。
知らぬ振りをしたのは、ラクシャータにプリン伯爵ですね。

そんな感じがしました。
ラストシーン、彼がいなくなって後の後日談を見ると
そこが明らか過ぎるんですよ。

終わってようやく彼の真意に気付くカレン・・・
それはそれで綺麗な終わり方なんでしょうが、
正直必要は無かったですね(苦笑)
むしろC.C.のあの台詞のみで終わらせても良かったような
そんな気がするんですよ。

その意味では神楽耶さんの劇中での台詞・・・
やはり重みも合ったなと。
彼の本心に気付きながら、後の世の為、あるいは
イレブン、世界のためと心を鬼にしたのかとも
見受けられますし・・・・情と政治的判断を
いっしょくたにしないところに強さをも感じますしね・・・

と言うかその感動をオレンジ君!!

君が全てぶち壊しにしたんだぜwww
まさかのコラボネタにもなった・・
【オレンジ畑を耕す】エピローグwithアーニャ付きって

狙ったでしょうスタッフさん(大爆笑)

まったく最後の最後に予想外のサプライズをつけて終わった
コードギアス。

3年の長い間、素晴らしい物語と感動をありがとうございました!
スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした・・・。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。