スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魍魎の匣(もうりょうのはこ)第1話です。

主観的あらすじ

戦後の混乱がようやく収まった昭和27年。
私立の女子校中等部に通う榎本頼子は、
クラスメートの柚木加菜子と言葉を交わすことが多くなっていた。
人形の頭を作る職人の母・君枝と二人暮らしの頼子の家は、
決して裕福ではない。
それなのに、クラスの誰よりも聡明で気高く美しい加菜子が、
なぜか頼子だけに話しかけてくるのだ。
頼子は、不思議なことを言い、難しい文芸誌を読む
加菜子に戸惑うが、互いに孤独だった2人は次第に親交を深める。

頼子は、そんな加菜子から、
“天人五衰”という言葉を教えてもらった。
それは、天上界に住む天女が、
衰えて死んでいく際の五つの兆しを現した言葉だった。
“頭上の花蔓がしぼむ”“衣に垢がつく”“腋の下から汗が出る”
“目が眩む”“なんだか楽しくなる”
―それだけの兆候で、天女は死ななければならないらしいのだ。

そんな折、頼子は、
君枝が作る頭の胴体部分を作っている笹川から、
頭と胴体が合体した木目込み人形をもらった。
木目込み人形は、京都・上賀茂神社の祭具をしまう
箱の余り木で作ったのが始まりだったことから、
魂をしまっておく箱だという笹川。
手にしたその人形の瞳がギョロリと動くのを見た頼子は、
思わずそれを落とし、家の外に飛び出してしまった。

夜の土手で頼子が出会ったのは、
月の光を浴びていたという加菜子だった。
日の光が生きるために、
つまり死に近付くためのものだという加菜子は、
月の光だけが命の呪縛から逃れられると言い切る。
頼子は、迎えの男がやって来た加菜子がどのような素性なのか、
その時、まだ知らなかった。

まもなく、なぜ自分と付き合うのか、
という素朴な疑問をぶつけた頼子に対し、
加菜子は、奇妙なことを口にした。
加菜子は、君は私の、そして、私は君の生まれ変わりだというのだ。
すっかり加菜子に感化された頼子は、
夏休みに一緒に旅行をしようと加菜子に誘われ、
中央線の駅で待ち合わせるが―。

物語の印象点

・2ndOPは、間違いなくマキシマムザホルモンだなw

これ、アニメ版デスノート視聴した人にしか
分からないネタですね(*^-^)♪
と言うのが、この作品・・・OPはナイトメアなんですよ。
そしてアニメ版デスノートのOPも、最初はナイトメア。
そして放送局は同じ・・・と言うことであればw

なんてオチはさておき。

待ってました(*^-^)♪

耽美的な1話でよかったですよ。
多感な少女の頃の、いわゆる破滅願望・・・と言うようにも
単独として観るのなら受け取れましたしね。
ラストシーン・・・加菜子の首筋に見た【にきび】。
透明で美しく、気高く・・・人形のように穢れを知らない
憧れの女性に生まれでた、たった1点の【汚れ】
もしもそれがタイトルに有る天人五衰の一、だとしたら・・・
頼子の気持ちもある意味わからなくはないかなと。

成長して醜くなる前に、今のままのワタシを覚えて欲しいから死にます。
と言うのは何かのノンフィクションか映画で観たような記憶がありますが・・・
(たしか髪結いの亭主、と言うフランス映画がそうだったような)
それをふと思い出しましたね・・・・。
スポンサーサイト

Trackbacks.

魍魎の匣(1話)「天人五衰の事」 2008/10/08 08:54:26 ◇ 心のおもむくままに
1話「天人五衰の事」 公式の作品紹介に出てくる妖怪、怪奇事件、憑き物落とし、バラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。