スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魍魎の匣(もうりょうのはこ)第10話「鬼の事」 
2008 12 10
Wed 19:47:37
魍魎の匣(もうりょうのはこ)第10話です。

主観的あらすじ

久保が本当に犯人なのか、という関口の問に、
京極堂は、その理由を明かし始めた。
バラバラ連続殺人事件の3人の被害者の家庭が
御筥様の帳簿に載っていたこと、
久保が幼少・青年期の生活環境が
御筥様の祈祷などに影響を与えていること、
久保の作品にそれらの全てが投影されていること―。
御筥様を作ったのが久保だと断定する京極堂は、
その猟奇的な小説の内容が、想像の産物ではなく、
実際の出来事を日記風にまとめたに過ぎない、と話した。

まもなく、関口と榎木津を伴い御筥様の道場に乗り込んだ京極堂は、
その化けの皮を剥がしにかかった。
無数の箱が置かれた道場内で、教主・寺田兵衛と相対した京極堂は、
その膨大な知識と観察眼で、攻勢を強めた。
寺田は、最初こそ威勢がよかったが、
本物の陰陽師である京極堂の話に何も反論できない。
やがて、御神体の箱の中に、
息子・久保の指が入っていると言い当てられた寺田は、
力が抜けたようにヘタり込んだ。

京極堂らの尋問に対し、息子の犯行に薄々気付いていたらしい寺田は、
久保との関係を自供。一昨年以来、
寺田が久保の言いなりだったことが明らかになった。
だが、バラバラ連続殺人事件の終結を宣言したものの、
京極堂は、加菜子の事件は、今さら真相を暴く必要はない、
とそれ以上触れなかった。

その頃、木下と共に久保のアトリエに入り込んだ青木は、
突然、殴りかかってきた久保を取り逃がしてしまった。
無数の箱が壁を埋め尽くす部屋の内部を調べた青木は、
ひとつの箱の中に、頼子の頭部と体がきれいに収められているのを発見。
だが、問題の久保が、まもなくバラバラ死体で発見されたため、
一連の事件は、再び振り出しに戻ってしまった。

・物語の印象点

・先週の粗筋を3行で

ついに御箱様の謎が解けた!
俺たちの戦いはこれからだ!
僕は・・・取り返しの付かない事をしてしまった・・・(アムロ・レイ風に)
※久保の声は、アムロの声で、00のリボンズの声の人ですw

今回を一言でまとめると、こんな感じですか。
真面目に言うなら、点の一つが明らかになったという事ですね。

まだ線となってつながっている訳ではないですが・・・
バラバラ事件についての大まかなあらましは
ハッキリしたと。

動機、を単純に求めるなら【箱詰めの娘】を再現したかった。
それに尽きるのでしょうが・・・。
とすると、彼はどこでそれに出会ったのか。

出会いが彼の運命を決めたと。
所謂、逝ってしまった人と言うことになるんでしょうけれどもね・・

残る問題点はそうなると3つですか。

1.加奈子行方不明&誘拐未遂事件

2.須崎殺害事件

3.久保バラバラ事件

もう1つの最初のバラバラは・・・もう少し予想したいですね。

1.について考えるとすると・・・
頼子により、重傷を負った加奈子が研究所に運ばれたと。
その後、彼女は一命をとりとめるものの行方不明に。
思惑としては幾つかありそうですが・・・

絹子さんの豹変と教授の台詞から
恐らくは・・・延命措置には金が要る、と言うことで
ケリが付きそうですけどね。

2.は単純ですね。
恐らくは雨宮さんの仕業と。
だとすると・・・1.の行方不明に絡む人でもありそうな
感じはありますね。

以前推測したのですが、
人一人が一瞬で消えるなんてことは物理的にあり得ない訳ですから、
それを可能にした、と言うのなら
【運びやすい】形態になっていたと考えるのがスムーズですし・・
であれば、消去法で須崎さんと。
で、彼は焼却炉の前で雨宮さんと何かあって・・・殺されたとしたら。
恐らくは加奈子も雨宮さんの手によって・・でしょうし。

そうすると、さらなる問題が。
最初のバラバラは、【誰のもの?】と言う事があるんですよね。
ここがまだ解けてなくて。

3.に関しては冒頭の久保の作品に【遺作】と但し書きが
常々付いてましたから、まあありうることだと。
つまり久保を知る誰かが【彼をばらばらにした】のは
もちろんとして、じゃ何の為に?と言う話で。
バラバラ、と言う行為の目的が久保の場合も【箱詰め】にすると言う
ことにあるのであれば、その犯人も【箱詰め】が
目的の一つなのだろうと。

あと1ピース・・・ヒントが欲しいですね(*^-^)♪

・インチキ宗教、終焉。

ここの畳みかけは見事でしたね。
学問知識を駆使し、教義の矛盾点を明らかにして
綺麗さっぱり憑き物を落としたと。
鬼門と魍魎の関係性の誤りを指摘し、そこから
水が流れるように教主の知識不足を粉砕していった流れはお見事でした。

それにしても、バラバラの順番と言うのがただの
50音順であったと言うのは・・
頼子にとっては悲劇であったと言う事でしょうか。

後は関口君の涙目の表情が何故かハマリ役だったようにも
見えましたしねww

次回はいよいよ真相もクライマックス。
ますます楽しみですね・・・。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。