スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレ巴里編第11話(最終回)です。

物語の印象点

・歌うように真っ直ぐに~♪

思えばこの最終回の為に、今までの流れがあると
感じられる2期のお話でありました(*^-^)♪

日本編の頃と同じく、求める音楽、折り合わない個性、
そしてそれとない恋話にバカ話の組み合わせる
なんとも不思議なコンチェルトは、まさに
カンタービレ・・・な響きを持っていたのかな?

・・・・ってコレじゃ訳分かりませんね(*^-^)♪

オーディションを行い、改めてマルレオケの新生に
着手した千秋君とコンマス。

二人とも音楽、ことに真剣さにかけては
気の合う部分、多かったのだなと。

最初は団員さんも・・・勘弁してくれよみたいな
オーラ、多かったですけれど。
それでもいつしか、千秋君の魔法にかかってしまって。
仕事を持っていたり、学校に通っていたりと
兼業の状況でありながら、それでも頑張っているんだと、
音楽を大切にしていこう、と言う気持ちが少しずつ
響きを良くして行ってましたしね・・・

特に千秋君の場合、のだめさんから今回は
学ぶ所も多かったのじゃないでしょうか。

音を楽しむ、と言う事は神様が下ろした理論を
表現する為の、近づく為の手段だと。
幾何学しかり、数論、天文学もしかり・・
その音楽性を表現できる、と言う事はある種・・・

神様の魔法をかけてもらえるような、そんな気持ちに
聴衆を引き込んでいくのかなと感じました。

そして黒木君にも何気にフラグたったミタイデスシねw
ターニャさんが、と言うことですが。
3期ではこちらの進展も何気に気にしたいところではありました。

何だかんだと綺麗にまとめてきた2期でしたしね・・・
3期への期待を込めながら、スタッフの皆様・・・
3ヶ月間楽しい物語をありがとうございました^^
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。