スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
魍魎の匣(もうりょうのはこ)第12話「脳髄の事」 
2008 12 26
Fri 23:27:18
魍魎の匣(もうりょうのはこ)第12話です。

主観的あらすじ

関口、榎木津、陽子らが箱型の研究所に到着したのは、
木場が美馬坂に向けた拳銃の引き金に指を置いた直後だった。
その場の状況を見た陽子は、美馬坂が自分の父親だと叫ぶ。
榎木津は、木場の立場を考え、顔面にパンチを浴びせた。

まもなく、京極堂が姿を見せたことから、
美馬坂の研究所は、一連の奇怪な事件を解き明かす場となった。
舞台に揃った役者たちは、京極堂らの他、
編集者の鳥口、増岡弁護士、福本巡査、
木場の後輩の青木刑事ら。研究所の周りには、
警官が集結していた。

京極堂が最初に解説したのは、武蔵小金井駅での、加菜子の事件だった。
突き落とした真犯人が頼子だと告げた京極堂は、
その頼子が犯人だといった黒ずくめの男が自分だったと明かす。
そして、関口の小説を読んだ頼子が、
その影響を受けて犯行に及んだ、と付け加えた。
 
京極堂が次に話したのは、陽子の周辺に関すること。
須崎が、陽子のある重大な秘密を握って近づいた
強請り屋だったと明かした京極堂は、
それが加菜子が柴田の孫娘ではなかったことに関係している、
と続ける。この事実を知った増岡は、
加菜子が柴田の直系だと信じていただけに驚愕。
一方、木場は、この話を聞いて美馬坂が激しく動揺するのを見て、
いぶかしがる。
京極堂は、それまで柴田の遺産には全く興味を示さなかった陽子が、
急に相続すると言い出した理由が、
加菜子の事件にあった、と話した。

人を生かすことに没頭していた美馬坂の研究所は、
その維持に多額の費用が必要とされた。
陽子は、“生かされていた”14歳の加菜子が
人生を全うするために多額の資金が必要になると考えたのだ。
だが、須崎は、その遺産の詐取を計画していた。
陽子、美馬坂、雨宮を丸め込んだ須崎は、
独自の生命維持法を持っていたことから、柴田の死を待つ陽子に、
加菜子を生かしてやる、と持ちかけた。

そして、あの日、須崎は、
脳髄だけで生きていた加菜子の頭部を小さな箱に詰め、
みんなの前から、まんまと持ち出したのだった。

・物語の印象点

医療と人道の解釈の違い。

【生命活動を行う】と言う解釈の違いと言うのが
最後の魍魎、なのかなとぼんやり感じましたね・・・

教授にとっては、【生命活動】が継続すると言う
1点に置いてのみ【意味があることであり】、
普通の人にとっての【生きている】と言うこととは
大きく意味合いを異にするのだな、と思いますね・・・

発想の逆転には驚かされた部分も大きかったですけれどね。
人、を形成する部分を意識・・・・つまり脳髄の機能に限定し
それ以外を代用品・・・つまり機械にすげかえることで
可能な限りの延命措置を可能にすると言うのが
教授の言う【生きる】と言うことなんでしょう。

その行為に何の呵責も持たない以上、この観点で
攻め口を見つけるのは難しそうですね(*^-^)♪
彼を落とすのなら、どうやら陽子さんとの因縁にありそうですが・・
かつて加奈子が驚愕するほどの事実があったとするなら、
相当そこにはインモラルな匂いを感じるところもあるのですが・・・・

それ以外、と言う部分では大体物語の不明点が
明らかになりましたしね(*^-^)♪

・探偵はストーリーテラーである。

この作品においても、そうなのだなと感じました。
名探偵なのではなく、弁舌巧みな噺家、と感じますしね。
事件を未然に解決するのでなく、起きてから
慌てて、事件現場を飛び回り、そして大騒ぎして
あれはこうだああだと解説して鼻高々w

それならもっと早くに解決してくれよw
と言うのは、まあ・・・推理小説じゃなくなりますから
置いておくとして(*^-^)♪

その意味で京極堂の話は面白かったですね・・・
一つ一つをゆっくり解きほぐしていく語り口は
まさにこういう場面にふさわしいのかなと(*^-^)♪

何気ない偶然が重なり、悲劇の扉が次々と開いていくと。
最終回では一番の根幹に触れそうですし、そこも楽しみですね・・
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。