スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE ALBUM 第1話です。

2009年度視聴アニメ1作目ですね。

物語の印象点

・本作品は当時の美少女ゲームとしては珍しい、
「浮気」を扱ったゲームでありました(*^-^)♪

原作は98年の発売なのですけれども・・・
この当時、葉っぱ好き・・・後に葉鍵とまとめられる
ファン層には相当の反発もあった作品として
記憶にありますね(苦笑)

もっとも批判の対象はシナリオでなく・・・
劣悪なSLG部分にあったわけですが。
かといってシナリオに批判がなかったわけでもなく・・・

いわゆる、女性キャラのシナリオ背景にシンクロしつつ
物語の筋を追い、キャラにのめりこんでいくと言う・・・
一言で言えば【萌える】作品ではなかったということなんですよ。

強いて共通項を見出すのなら・・・
さらに4年前のエロゲーですが、
「フィギュア 〜奪われた放課後〜」と言うのを共通項として
上げたくはなりますね(*^-^)♪

ワタシには本作もそうですが、この作品にも
いろいろ所縁があるわけですがと言うのはさておき。

改めて本題に入ると。

・相手に会えない、思うままにならないと感じた時・・・

人は心のどこかにスイッチが入るのでしょう。
有体に言えば、浮気と言うスイッチが。
いつも一緒にいたい、声を聞きたい、
話したい事がいくつもある・・・だけれども、
彼女はもう【自分だけのもの】じゃなかった。
万人に夢を与える・・・アイドルだった。

彼の独白、と言う部分がそれを顕著に示していると言うか・・・
今風に言うなら【ヘタレ】と言うんでしょうかね・・・(*^-^)♪
そういうコノヤロウヾ(`◇´)ノ彡☆みたいな感情を
持って、物語に接する人も多いと思うのですよ。

逆を言えばそういう目線で見るとするなら、
視聴は勧められないともいえる作品なのですね。
何故彼がそう感じ、思ったか・・・と言うのをのんびりとでも
じっくりと考えていく事でようやくヒロインへの思い、
先輩との距離間、友人とのちょっとしたささくれと言うものが
見えてくるんじゃないかと思うのですよ。

そして演出はわざとかどうかは別として・・・・
古臭さを出したのは私的に好感持てました。
携帯もメールも無かった頃の、いわゆる遠距離恋愛にも
近かった感覚・・・信じあえるって何さ?的な、
そんな古臭いけれど、今よりも少しだけ純愛だった
そんな物語を感じましたしね・・・(*^-^)♪

万人受けはしないと思いますし、今後の展開も
どうかというのはありますが、視聴はワタシ好みの
作品なので継続です。
今後のルート展開が楽しみですね^^
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。