スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE ALBUM 第3話です。

物語の印象点

・そんなこと言いにわざわざ家までくるってやっぱ携帯のない時代はそうなのか。

と言うか、そうなんですよ実際。
連絡手段が電話だけ・・・と言う時代の場合は直接乗り込む
ぐらいしか他に手段も無かった訳で。

まあ遥さんの場合は、別に目的と言うのも勿論あるわけですが。
非常にストレート、と言うかこうした好意の示し方に
敏感な男子諸君はモテナイ、と言うのがリアルでは相場なんですけどねorz

本編の主人公と言えば・・・まあ、フラグたてに忙しいと言うか
流されるままに・・と言う感じなんですけどね。

理奈さんとのやり取りから始まった、マネージャーのバイト。
これで由綺さんに会えると意気込む気持ちは彼氏としては
まあ当然・・・と言うことになりますが。
事情を説明しなかった事が後々響かなければいいんですけどね(*^-^)♪

・本編でのお邪魔フラグ、着々と(*^-^)♪

と言うのを30分通じて見せられた側として、
次回予告絵を見ると。

あのイラスト・・・
「今刺せば冬弥くんは私だけのものウフフ」か、
「ほんおひと押しで冬弥くんはしぬのよウフフ」
にしか見えないんですが。

ってどこのヤンデレか君望なんだと言う話になるんですけどね。
アイドルとパンピー、と言う壁を乗り越えかつ・・

主人公には等身大の彼女が持つもう1つのアイドルと言う顔を
どう自身の中で消化していくかと言う過程が
ヒロインのルートの醍醐味の一つではありますけれど・・・

アニメの場合、どうにも浮気、と言う観点を前面に
押し出していこうと言う感じがするんですよね。

今はまだじっくりと伏線を仕込んで・・・後半のクライマックスで
一気に感動をと言う流れにしていそうですが・・・・
あまりにヒロイン、報われなさすぎと言う感じも
今からしてますね(苦笑)

せっかく理奈さんが作ってくれたチャンス・・・
彼氏としては背中に抱きつかれるよりむしろ
もっと直接的な好意を示せば、今後の展開も
彼女一色・・・と言う感じになるのでしょうけれど。

そこはマネジャーさんが次々とフラグ、折ってくれてますしねw
ねえ、弥生さん(*^-^)♪

その一方で理奈さんのアプローチ、強引な部分もありますが
恋の鞘当、と言う古風なドロドロ劇にはピッタリな感じも
あるんですよね・・・・。

今ひとつ割り切れない想いを胸に溜めつつ、
それでもヒロインとのやり取りを大事にしようとしている
主人公ですが、次回からはその辺りも少しずつ
変化して行きそうな感じがした、そんな3話なのでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。