スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルゴ13 第42話です。

主観的あらすじ

1頭のヘラジカ狩猟しか認められていないカナダの猟区内で、
2頭を一発の弾丸で射殺したゴルゴ。
銃声を聞きつけた猟区管理官に連行され、
管理事務所に身柄を拘束される。
そこへ乗り込んできたゴルゴの命を狙う謎のスパイグループ。
突如現れた男たちをかわし、ゴルゴは車に残っていた
女スパイを山小屋に連れ去っていく。
翌日、女を残して山小屋を出たゴルゴは、
ライフルを片手にラージ・マウスと呼ばれる大きな湖へと向かった・・・。
ゴルゴの行動は全て、
湖上に現れるはずのターゲット殺害のために計算されたものだったのだ。

原作:「SPコミック収録巻数:32巻」

物語の印象点

・桑島のエロスシーンはまだですか?

と、声優さん好きの人からは声も上がったでしょうが・・・・
残念ながら、太ももだけでしたよorz

そんな42話でしたと言うと、話が終わってしまうので
真面目に(*^-^)♪

今回のゴルゴの狙いは・・・囮、と言うことにあった訳で。
あえて狩猟のルールのイレギュラーを突いて
自らを疑わせ、かつ・・・女を生け捕りにしつつ
あえてその手から逃がしてからが本番と。
ここまでお膳立て通りに事を運ばせられるゴルゴの計算高さ、と
言う部分が凄みありましたね・・・

女を全裸にしたのは、マーキングの為ですか。
どの道逃げる事を考えているのなら、それを逆手に取り
スナイプの時の目印にすると。
視聴していたときは・・・・

ワタシ「ああっ!ブラになんてことを(涙)」と
思ったんですけどね・・・(苦笑)
暖炉に女の下着を放り込んで燃やしている時は(*^-^)♪

しかしゴルゴの性格を考慮すれば、これも計算の内であったと。
恐ろしいですよね・・・。

こんなゴルゴもいつかは彼を上回る狙撃者の手により
スナイプされる日が、やってくるのかと思うと・・・
その物語もいずれ見てみたいとも思った、そんな話なのでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。