スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WHITE ALBUM 第5話です。

物語の印象点

・こらこらこらーーーーーwwww

ユキさん・・やはりあなたはそうですか(*^-^)♪
前回あれだけ期待させておいて・・・・

ワタシ「寝てやがる!!!!」
ここまでなら、まあ許せる範囲だと(*^-^)♪

しかし・・・しかしですよ。
彼女はなんと・・・

ワタシ「しかもシャワー浴びたあとにジーパンはくな(怒)」
ここは期待した気持ちに一気に冷水浴びせられた感じでしたからねw
全くこの人はもう・・・・。

と書き出しておいてから、真面目に。

・来たw欲望処理w

今回はユキルートの障害でもあり、また攻略対象でもある
弥生さんの話について少しだけ本編から引用しましょうか。
※原作からです。

主人公「…でも由綺、たまに俺と会って話をしたりすると…すごく、喜ぶんです…」
弥生「マスコミの方達もお喜びになるでしょうね。しかも、三流雑誌などは特に」

主人公「…由綺に、あまり無理させないで下さい…」
弥生「…由綺さんに無理をさせない為に私がいるのですから…お判りですね…」

だから彼女は、自らの身体を投げ出してでも、と考えたのでしょうけれど。
また彼女はこうも言っていました。

「由綺さんにとって、あまり大切な存在になって欲しくはないのです」
「実質的に由綺さんがあなたを頼るようになってしまうと、あの人はその時点でお終いなのです」
「あなたは、今あなたの偽らない愛情で彼女の将来を潰してしまうおつもりですか、それとも?」

これに対する、主人公の心の迷いの始まりが
これからのアニメ版を引っ張り始めるのかなと感じましたね。

本編そのものに関して、主人公の心情を一言で言い表すのなら。

「人が霧の中に迷うのは、その奥が深いからじゃなくて、その奥の深さが判らないからだ」
そういうこと、なんですよ。

と言うかタクシーの中でのキスシーンですが・・

ワタシ「これほどうらやましくないキスシーンは初めてだ。」
なんてしみじみ思いましたよ。

現在の攻略ルート進捗、ばい・アニメ版

由綺:継続中 理奈:継続中 弥生:√開始
はるか:継続中 先輩:今
マナ:継続中

と言う感じですけれどね(*^-^)♪
中盤のお邪魔虫はむしろはるかさんと先輩ですか。
どっちも思わせぶり・・と言うか、ハッキリしないですからね実際。
言葉に出して告げれば、傷つく事はあっても
自分の気持ちに整理もつくのに、あえてソレをしないで・・・
今のぬるま湯の中に浸っている。
そんな風にも思えますし・・・逆の見方をすれば、
主人公にもそれは心地よい感覚、なのかもしれないですね。

高嶺の花より、手近の雑草・・・みたいな気持ちが今後、
邪な思いと共に芽生えるのであれば。
会えない人よりも、会える人に気持ちが揺らぐのは
男女を問わずそうなんでしょうし、信頼・・・と言うのは
愛とイコールでは決して無い、と言うことも
この話の中では見え隠れしつつありますしね。

じっくりと修羅場が熟成されつつある5話。
いよいよ中盤ではどんな展開に持っていくのか、
ソコが楽しみになりましたね(*^-^)♪
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。