スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルゴ13第45話「ロックフォードの野望」 
2009 02 14
Sat 23:39:30
ゴルゴ13第45話です。

主観的あらすじ

ロックフォード財閥の当主、デビッド・ロックフォード。
彼は単一の巨大資本による世界制覇という野望を達成するため、
ロックフォード家専属のスナイパーとしてゴルゴを雇おうと、
秘書を派遣し依頼する。
しかし、ゴルゴに断られると、あらゆる機関に手を回し、
ゴルゴの財産を凍結させる。
彼の動きを封じ込めて、強制的に屈服させようとしたのだ。
この状況を打破するため、
ロックフォードの情報を持つ華僑の黄一族の長老を訪ねたゴルゴは、
そこである依頼を引き受ける。

原作:「SPコミック収録巻数:63巻」


物語の印象点

・ゴルゴ(明日からUFJ銀行にしよう・・・)

と、最初は思ったんでしょうね(*^-^)♪
言われなき資産の凍結に、何物かの妨害工作の可能性を
考慮したゴルゴ。

まさかに世界を牛耳る男からの邪魔がその原因とは・・・

ワタシ「ゴルゴさん相変らず狙撃者のくせに素性ばれすぎやで!」

と思いましたしね(苦笑)
ただ、相手もきちんとゴルゴの恐ろしさを理解し、
暗殺ではなく懐柔と言う手段を取ろうとしたのが
また面白いところでしたね・・・

せめて個人として最多の依頼回数を誇りながらも
病死するまで彼の信用を勝ち得た・・

ヒュームさんのような関係を築ければ良かったんですけどね。
今回の場合は、その方法論を間違えたと言う事ですか。

彼は決して思想、理念、特定個人の継続的な目的の為に
動く人物ではない、と言うのを見誤ったのが
世界を動かす立場にいる男の・・傲慢さが生んだ見誤りと
言う事ナンデスカネ(*^-^)♪

・まさかにタイムリーでオ●マ大統領がw

大「もしもしオレオレ大統領だけどさぁ今すぐ引き返してくれない?」

これにはゴルゴもビックリですね(*^-^)♪
こんなフランクさで話しかけられたとしたら、ですが^^
世相を作品に上手に生かしているのが原作の妙味ですが、
アニメでもこうしてタイムリーなネタを仕込んでくるとは
思いませんでした。

・しかし我らの薔薇スィーは。・゚・(ノД`)・゚・。

ローゼンメイデン好き、の人には今回薔薇水晶として・・
ストロベリー・パニック好きには温暖化コンビの桃の人として、
あるいは・・・ときメモラーにはアニメ版Only Loveのあやめさんとして

馴染みの深い人が登場したんですよ。

後藤 沙緒里さんが(*^-^)♪

さて、薔薇スィー、「お父様・・・」とは
言ってくれるのかな?と楽しみにしてたんですが

台詞はなんと一言だけorz
しかもモブの銀行員。
「お客様・・・このカードは凍結されており使えません」

そ れ だ け な の かwww

なんて事も思った、そんな話なのでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。