スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン第22話です。

物語の印象点

・いきなりトランザム空間w

冒頭からいきなりこれですか(*^-^)♪
目のやり場に困ってしまう空間ですね、トランザムは。

と言うのはさておき・・・・

戦い、と言うスタンスの食い違いもここでは
修正できる、と言うことですか。

戦いしか知らない男が、【生きる為に】戦う道を選んだ。
戦うことを矜持と考えていた男は、汚名をそそぎ
勝利の美酒を得るためだけに全てを削ぎ落とした。

戦う、って生きるってことでしょう?
と言うのはどこかの薔薇乙女ですが・・・

戦って死ぬ事よりも、生きて戦う方が本当の戦いだと
ワタシも思うのですよ・・。
矜持とか、生き方とかそういうのではなくて。
誰かの為に、精一杯生きる。
死にたくないから、生きようと精一杯足掻いて足掻いて生きようとする・・・

それはソレスタル陣営にも、アロウズにも・・・連邦にも
カタロンにも、何ら変わることの無いお話なんですけどね・・

それでも今は、終局に向けて刃を向け銃を突きつけあう。
流された血を、無駄にしない為に。

って、せっさんそこで白刃取りとは
いくら00ライザーでも無理があるでしょうと(苦笑)
普通にマニュピュレータ壊れますからww
その上スサノオソード叩き折ってますし・・・

どこまで凄いんだ00ライザーとは思いますけどね(*^-^)♪

・まだやるのかよ新装備w

ラスト1ヶ月きってから新装備とか
バ●ダイ・・・(*^-^)タハハ

とは正直思いましたし、スパロボへの参戦も
真面目にいずれあるでしょうからその時は・・・

シナリオ経過ごとに武装追加があるんでしょうね、きっと。
何せピザMK-2のフルアーマー化に、アーチャー電池にも
大火力のライフル、付きましたし・・
ケルディムに至っては肩部キャノン装備でしたし、
せっさんガンダムも・・・ってあれれ?
新型ソードだけですかせっさんのはorz

そりゃないですよ(*^-^)タハハ・・・
といいつつ、0ガンダム搬入してましたし、
カラーもトリコロールでしたから・・・

これは初代にならってラストシューティングも
あるかな・・・と期待はしたくなりましたが(*^-^)♪

・ブシドーとは・・・

死ぬ事と見つけたり、とどうやらグラハムさん勘違いしてますが・・
HARAKIRIが武士道じゃないんですよ、真面目な話。

むしろこういう覚悟、のことではないかなと。

切り結ぶ 太刀の下こそ地獄なれ
踏み込みいけば、あとは極楽・・・

死を覚悟しての生を求める姿勢・・・つまり
覚悟を問うと言う部分ではあながちハズレでもないんですが、
その先に【生きる】と言う道筋を見つけられるかどうか、と
そういう部分で勘違いをしているのだなと。

【死ぬ】=DIEじゃないんだぜ、乙女座さんよ(*^-^)♪
なんて言いたくなりましたね、日本人としては^^

それか・・・・

ワタシ「思いとどまってキシドーになるとかw」
と言うなら良いのかもと思いましたけどね(*^-^)♪

・フェルトxせっさんか!!

意外、と言えば意外な場面に驚きましたが・・
フラグ、とも見えなくは無いですね実際。

まさかの14・・・・せっさんへお花を渡すとは
思わなかったですが・・・

かわいそうなのは姫の立場ですか(苦笑)

せ「そんな関係じゃない( ̄ー ̄)」

姫様また否定されちゃった…可哀想(涙)
せっさんを追って・・と言うわけじゃないですが、
宇宙にいるのに。

と言うか、姫様の【おしり】・・・
なかなかいいお尻でしたね(*゚∀゚)=3

・ソーマ(この電池何言ってんの?)

ソーマと一生懸命名前を呼んでいる電池。
根負けしたんですかね、Pちゃんも。

「マリーでいい・・・」
コクピットでのやり取り、泣かせるじゃないですか。
だからこそですかね・・・今回電池さん、2機を落とす
活躍を見せたのは(苦笑)

アロウズの大艦隊との戦い・・・・激戦でしたからね。
しかも敵さん・・・ビーム主体のソレスタル陣営を見切って
アンチフィールドによる実体弾攻撃+物量戦仕掛けてきましたし。

108機VS4機の無謀な戦い・・・の中、
まさかのカタロンの増援は驚きでした。
もっともアンチフィールドを予想していた、と言うよりは・・

×アンチフィールドを予測していた
○旧式の装備しかなかった

と言うのが正解なんでしょうけどね(*^-^)♪

・そしてコーラ、見事に美味しいところをw

マネキン大佐と共に、美味しいところを
持っていきましたよね!
ジンクス3を駆って、見事にアヘッド撃破!
お見事でしたよ、コーラさん(*^-^)♪

久しぶりの名台詞「不死身のコーラサワー、只今参上!」
も聞けましたし、何より・・マネキン大佐の
この場面での造反はタイミング、最適でしたしね。
信念に基づき、私も生きる為に戦う、と言うように
見えましたし・・・・

・純粋種VS人工種の闘争をクライマックスに。

リボンズもついに配下のイノベーター、集結させましたしね。
天然として覚醒したせっさんか、それとも人工種たる
自分たちか・・勝ち残った方が人類を導く。
ここにも【生きたい】と言う気持ちが根源にあるわけですが・・・

それを横取りしようとする悪党がいたわけで。
そう、ティエ子さんの同位体、リジェネさんここで
とんでもないことを!
リボンズ撃って、自分が主導権握るですか(*^-^)♪

でも次回予告・・普通にリボンズいましたしね・・・・
もしかしたら、ヴェーダそのものに彼の存在は
残してあって、ボディはその都度取り替えているのかな?とも
思いましたけどね(*^-^)♪

次回以降の戦いが相当激化しそうな話だと聞きましたしね・・・

24、25話のあらすじを見ると。

24話 BEYOND

間断のない猛攻にさらされ、防戦一方のプトレマイオス2。
ひとり、またひとりと仲間が倒れていく中、
彼らの思いに応えようと、刹那が戦場を翔ける。

25話 再生
幾多の艱難辛苦を乗り越え、最後の決戦に身を投じる刹那。
ライルの意思が、アレルヤの想いが、
ティエリアの思念が宇宙を翔けるとき、
ダブルオーライザーから発せられた粒子が周囲一帯に広がる。

と言うのを見ると、来週も目が離せないですね・・

それからルイスさんも。
「ざまあみろ・・」の言葉を残してますが、彼女を
救えるのはサジ君しかいないですし・・・
伸ばした手が、今度はちゃんと彼女に届くといいなと
感じた、そんな23話なのでした。
スポンサーサイト

Trackbacks.

- 2009/03/08 20:11:41 ◇
管理人の承認後に表示されます
- 2009/03/08 20:25:24 ◇
管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。