スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女子高生 GIRL’S-HIGH 第7話です。


今回は、香田の影の活躍?が光ったのかもしれませんね(^◇^)v


主観的あらすじ


待望の夏休み。
プールにやってきた、おバカ軍団外部生組。
しかし、綾乃はしっかり下高谷も呼んでいました。
呆れつつも、楽しんでいる絵里子と由真。
そこへ、声をかけてきた2人組みの男。
『ナ○パ初体験?』
大喜びの二人だったが、現実はそんなに甘くない。
声をかけてきたのは、アイドルODAGIRIとマッチョ松尾だった!
弱みを握った二人は、散々小田桐に貢がせる事に。
その頃、2人に合流するべく集まった姫路と小川。
一方、香田は朝からオーディションに向け、張り切っていた。
6人が合流した場所は小川が見つけたアトラクション。
しかし、入場条件は『カップル限定。』
それぞれ不本意な組み合わせだが、豪華賞品獲得を目指し、
熾烈な女の戦いが・・・始まったのか?


さて、まとめ感想に。


・香田、遊園地に立つ。

青い空、白い雲。
待望の夏休み!!
香田がやって来た場所は、新人女優発掘オーディション会場。
気合入りまくりの彼女。
しかし・・・
『さて、今日の運勢は?』
アノネエ・・・
まあ、ウンも実力のウチとは言いますけれど(苦笑)
そんな香田の運勢は『友達を助ける日』。
ラッキーアイテムは『ひげ』。

しかし、これが後々御話に絡んでくる事に・・・


・遊園地にやってきて
絵里子、由真、綾乃3人組は揃って遊園地にやってきました。
アレ?姫路と小川は?
実は彼女達は『8時間耐久大富豪』の為、徹夜だったとか^^
『若さ』ってやつですかねぇ(*^-^)


・意外にスタイルが良かった?
これはその通りです。
絵里子のスタイルに、正直感心しました。
ちなみに、水着の選択は『ビキニ』。
ワンピースを外した理由は『貧○』と
『ずん胴』隠しのためだとか。
ナルホド・・・深いですね。
男が『ブーメラン』ぱんつを避けるのと同じ理屈ですか(意味不明)


・今回の綾乃迷言&狙ってます言動
何故か『すくーる』水着。
しかも・・・その手の方御用達と思われる(爆笑)
咲女の水着でもいいんじゃないの?なんて
観ながらツッコンデマシタ。

さらに、しっかり下高谷君をお誘い済。
抜かりないですね(笑)
彼もナカナカ格好良かったですが・・・
『(綾乃ちゃんは)都会のトビウオみたいだね』
『私(下高谷君のためなら)アジにもサバにもなるわ(*>∀<*)』
『どっちも”光物”だね(o^-')b』
由真の台詞が光ってました。
『お前ら寿司屋でさばかれてろ(-_-#)』
サイコウデス^^


ま、オイルの塗りッこしてないしと2人は考えたのですが・・・
『やってるし。』


無敵カップルですね、ホント。
『相手になる』敵がいなくて『無敵』なのか、
『(二人を)相手にしたい』敵がいなくて
『無敵』なのかはオイトイテ。


・夢の為に
着ぐるみのバイトをしながら、開始時間までを過ごす香田。
実は本気で女優を目指してたんですね・・・・
改めて、感心しました。
モットモ・・・お誘いは『JAC』から来そうですけれど(苦笑)


・ひと夏の体験?
いつもと違うお洒落な二人。
そんな二人に声をかけた男性2人組。
『これでアタシラモ・・・∑d(o▽≦o)bグッ!!』
期待に震えつつ、最高の笑顔で振り向いたら・・・


『 ○| ̄|_ 』



アイドル小田桐と、マッチョ松尾でした(爆笑)

その後弱みを握ってウサ晴らしまでは良かったんですけれど・・・
やはりそこは女子高生。
そんなことで終わるはずが無く。


・伏字モード全開のウォータースライダー。

ウォータースライダーにやって来た4人。
このシーン、かなり伏字な会話がアチコチニ。
まずは由真。
『ま、摩擦が・・・』
ま、マジュイ。
『な、中に・・・食い込む(((゜Д゜;)))ヤヴァイ』
水が入るゥ~


・・・・。


どう、したら良いのでしょう?
さらに拍車をかけたのが絵里子。
何と、『ポロリ』イベント発生!
小田桐、よけてぇ~!!
必死の願いも空しく・・・
宙を舞った○ラ。
そして・・・衝突する小田桐と絵里子。
『パ○パ○』と言うイベントが、ドラクエにもありましたが・・・
ソウイウコトが起こってしまいました(苦笑)


このぐらいなら、別に伏字でもないんですが、
問題は次の由真の台詞にありました。
『どうせなら、ピーした小田桐にxxxから突っ込んでピーすれば』
今までも潔い作りだなと思っていましたが・・・
ココまでやるとは思ってもおらず。
インパクト大、でしたね。
この後の話が霞んでしまう位に。


・ヒゲ姫路、ヒゲ小川
と、言う訳で、後半の話がかなり霞んでしまいました^^;

小川が見つけたアトラクションで合流する事になった6人。
カップル限定の催物の為、姫路と小川は困ってしまうのですが・・・
そこへ『着ぐるみ香田(バイト中)』が参上!
『ひげ』を手渡す事で万事解決。
ひげ装備『姫路』、ナカナカのものでした。
似合ってましたしね。
※後に小川もつけてましたが、こちらは可愛らしかったですね。

絵里子達の方は、
・由真、松尾
・絵里子、小田桐
・自己中バカップル^^
で問題なかったみたいです。


その頃、香田も控え室で気合を入れなおし、
オーディションを迎えるのですが・・・
『ふ、この程度なら楽勝ね』
威張る前に、下着姿でいるのを何とかしなさい^^
『天才女優とアピールする・・・』
だから着替えなさいって(爆笑)


・豪華賞品の為に
この後、豪華賞品を目指して各自が戦うのですが・・・
意外にも小田桐がカッコ良かったですね。
絵里子を『お姫様抱っこ』して走るわ、華麗な運転を見せるわと。
当の絵里子は『○娠する~』とかヒッドイ事を言ってましたけど^^;


最後の決戦(光線銃のサバイバルゲーム)は、
対ビーム防御・反射システム"ヤタノカガミ"
(絵里子のペンダント)のおかげで優勝したみたいですが。


オチが『カップルでkiss』だったもので・・・
かなり焦った二人。
しかしここでも香田の活躍?が役に立ちました。
実は彼女、電飾衣装を使用して登場したのですが・・・
なんとその衣装のおかげで遊園地が一瞬停電状態に。
その隙に、絵里子達は脱出に成功したようです。
END後のエピローグで香田の髪型がスゴイコトニなってましたが。


次回は絵里子達の過去話のようです。
ナニやらより面白そうな予感が・・・
※今回の感想が後半グダグダなので、後で手直しをしようと思います。
(いつもグダグダじゃん、と言うツッコミは無しで^^;)


原作マンガの公式サイトを追加しました。
興味のある方は、御覧になってみてください。


スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。