スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西の善き魔女 第11話『吟遊詩人の道』 
2006 06 18
Sun 23:49:01
西の善き魔女 第11話です。


今回は、ようやくフィリエルとルーンが
お互いの気持ちを確かめ合えた回だと思います。


主観的あらすじ


運命の歯車は、再び二人を分かつ。
果ての地へと飛ばされたフィリエル。
そこはトルバートの果て、グラールの東の砂漠。
一人の吟遊詩人と出会うフィリエル。
彼の名は、バード。

そのころ、フィリエルの姿を求め、
壁のあちこちを調べるルーン。
それは互いの心にもう一度向き合うための試練。
乗り越えるべき見えない壁は、
目に見えない自分の心。

壁を乗り越えたその先に、あなたの待つ真実があると信じて。


『二度振られたけど、もう一度かけてみる!』
『私って謎だと思わない?』


さて、まとめ感想に。


・失って初めて知ること
壁に飲み込まれたフィリエルを見て、初めてルーンは
自分が押し殺してきた感情を明らかにします。
『フィリエル!!』
彼の叫びは、彼の心そのものでした。
『フィリエルは生きてる、この世界のどこかで』
原因も仕組みも分からないけれど、必ず生きてるんだ!
だから僕はあきらめない。
強い決意がそこにありました。


・世界を俯瞰する存在
星の綺麗な砂漠で目覚めるフィリエル。
側には、一人の吟遊詩人。
名をバードと言いました。
今回のフィリエルの身に起こった事は、
彼だけが使える特別な道を、女王試金石の力で開いた事が
直接の原因だったようです。
見も知らぬ国で一人、ルーンを思うフィリエル。
『ルーンは、待っていてくれるかしら?』
ただ、今は案ずる事しか出来ないこの身が恨めしい。
そんなところナンデスカネ・・・


・町に流れる不穏
砂漠を歩き、エルロイと言う町にやって来た二人。
そこで、帝国軍の真の侵攻先を偶然耳にします。
レアンドラ達が守りを固めようとしている裏を突き、
真の侵攻目的はグラールとのこと。
何としても、この事を知らせないと。
別の意味で、フィリエルには目的が出来るのでした。


・二人の女王候補
レアンドラ率いる、志願兵軍の練成は進んでいるようですが、
彼女としては今ひとつのようです。
自らが資金提供している蛇の杖の技術を借りてこの程度か。
また、敵対する帝国の王の施政を持ってこう評します。
『愚かな臣下の首を切ったらしい』
役に立たないものは処分すべし。
実に彼女らしい考えだな、とも思えました。

ソノ様子を、木陰から視察するアデイル。
彼女の目的は視察のほかに、
宮廷内の暗部を明らかにする目的があったようです。
その相手とは、ロッド・クリスバード男爵。
つまり、ユーシスの親友を疑っているようです。
貴族の奥方を篭絡、また故リイズ伯爵の屋敷に
頻繁に出入りしているとのこと。
当の本人は、竜退治に同行中。
もしや、裏で帝国とつながっているのは彼?
次々と明らかになる真相。
果たして、どのように収束していくのでしょうか。
ソノ一方で、非戦を唱えるアデイル達保守派と、
必要と有れば武力行使もやむを得ず、とする革新派のレアンドラ。
この二人の対決もいよいよ佳境ですね^^


・想いは1つに
バードにより、再びルーンの元へ帰還がかなったフィリエル。
ルーンは彼女を見つけるや、
その身を抱き寄せ、このように言いました。
『もう消えないでくれ!』と。
君が宮廷で幸せに暮らし、僕が学問の研究を出来たらソレでよかった。
でも、学問を続けるのは君がいてこそだ、
『君のいない世界で学問を続ける意味なんて無い!』
言葉にして初めてわかること。
それが、見えない壁を乗り越えるための唯一の方法。
雄弁な口を唇で塞ぎ、フィリエルはこう言って甘えるのでした。
『私って世界の謎だと思わない?』
だからルーン。
『私の事も研究してくれるかしら?』
もちろんさ。
『君にキスしようとするヤツも、僕は許さないけれど』
『それは私だって同じ』
なんだか、スゴク情熱的ですね・・・
見ている方が赤面してしまうぐらいの(苦笑)


その睦まじげな雰囲気を破るように現れたバード。
『ケイン!?』
ルーンが呼んだその名。
そして、空に輝く星が近づきを増して・・・
終盤へ向けての流れるような展開が始まりました。
次回は帝国との戦いにイチオウの決着が付くのでしょうか?


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







参照リンク
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1433708





スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

西の善き魔女 「吟遊詩人の道」 2006/06/19 20:26:49 ◇ ゼロから
地上へ近づく、真昼の星。アニメは、衛星落としをしようとしているのでしょうか。
西の善き魔女-Astrea Testament- 第11話「吟遊詩人の道」 2006/06/21 07:10:01 ◇ AGAS~アーガス~
見えない壁に反応する女王試金石、一体何なんだろう試金石ってのは?ファンタジーな世界だけに、吟遊詩人やら魔法陣やらワープやらが出てくるとよりRPGぽくなりますね。フィリエル×ルーン、再会のキスキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!と言いたいところですが、ル
西の善き魔女第11話「吟遊詩人の道」 2006/06/22 02:28:33 ◇ Mr.克樹のアニメブログ(アニメ感想日誌)
なかなか、面白い展開になってきました。吟遊詩人のお兄さんは、まあ置いておいて・・・(笑)内側で手引きしていた物が・・・・リイズ公爵とロット・クリスバード男爵と接点が・・・・男爵といえば、ユーシスの側近ですから・・・・彼が本当に・・・。そのあたりの展開が...
レビュー・評価:西の善き魔女/11話『吟遊詩人の道』 2007/09/15 19:34:40 ◇ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
品質評価 23 / 萌え評価 38 / 燃え評価 9 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 9 / お色気評価 57 / 総合評価 26レビュー数 21 件 世界の果ての壁に、ルーンたちを残したまま吸い込まれたフィリエル。そこで出会ったのは、バードと名乗る不思議な青年。彼によると、彼だけが通れ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。