スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストロベリー・パニック 第13話 『潮騒』 
2006 06 28
Wed 03:30:23
ストロベリー・パニック 第13話です。


今回で、前半戦折り返しです。
お話としては、三角関係?が中心のお話でした。
それから、前話から加速中の『kiss』ですね。
スピカ組も・・・やっちゃいましたよm(→_←)m
光莉hikariと夜々yayaが^^;


主観的あらすじ
hikari『もしも私に不思議な力があったなら・・・』
時を刻む砂時計をすぐに落としてしまうのに。
『そうすれば、夏休みなんてすぐに終わってしまうでしょ?』
そうすれば、あの人amaneに会える。
約束を交わした、あの人に。


二学期が始まり、学園にも華やかさが戻りました。
スピカの生徒会は、来るエトワール選に向け、活動を開始。
会長・詩遠の考えと、要、桃実の考えが
食い違いを明らかにし始め・・・
その頃光莉と天音は、次の日曜日に一緒にでかける約束をします。
この事を知った要は、桃実と謀って二人の仲を引き裂く事に。
光莉と天音の接近が、
自らがエトワールになるための障害になり得るから。
そして日曜日…。
もう一人、心を痛める人物がいました。
南都夜々yaya
光莉と同室のルームメイト。
たった一文字が違うだけの『情』なのに。
何故に、これほどまでに辛く、苦しいのか。


yaya『愛を止められるのは、愛だけ・・・』
『友』情と『愛』情、どこが違うのかしら?


さて、まとめ感想に。


・貴方の瞳は私yayaを見ていない
夜空を見上げて、二学期が始まる日を待ち通しそうにする光莉。
そして、夜々。
ずっと寂しげな顔をしている彼女yaya
それは、今回の渚砂、玉青ちゃんにも共通だったかもしれません。
想われるより、想う方がとても大切だ・・・なんて言った人は
誰だったでしょうか。
多分、その姿勢が一番美しく見えるからかもしれません。


・思惑が絡んで
冬森会長は、今も天音amaneをエトワール戦にと考えているようです。
それを良しとしない人物が二人。
剣城要と鬼屋敷桃実でした。
『会長はまだ、天音を出すつもりね(ーー゛)』
『・・・・諦めが悪いのね(ーー゛)』
まあ、いいさ。
所詮、天音に出場の資格が備わらなければ良い事。
しばらく監視しておこうか。
針を持った蜂たちの、静かな尾行が始まりました。


hikari『日曜日、ですか( ^∀^)』
行きます。
amane『何処へ行きたい?』
何処へでも。
出かける約束をする天音と光莉。
そして、物陰から|・`ω・) ジーと見つめる人物。
『”日曜日”か・・・』
要でした。
前回のこともありますし、
トンデモナイことをやらかしそうな予感が。


・人の気も知らないで
『映画なんてどうかな?』
上映中寄り添えるし、終わった後も話題が出来るし。
hikari『デートって・・・ヾ(///)ヾテレテレ』
じゃあ、光莉はどんなつもり?
精一杯、光莉をからかう夜々。
それより、着ていく洋服何がいいかな?
yaya『・・・何着ても、可愛いよ。』
あ、ボタン止めてぇ~。
はいはい。
(まったく・・・)
寂しそうな夜々が、今回はとても印象的だったかも。


一方、要と桃実もまた・・・
『天音には直接言った方が良いわね。』
振り回させれば良いのよ。
その上で、あの娘を壊しておけば・・・
『私達の栄光の未来に邪魔は入らないわ。』
いつでも、ネコ役の方が強い・・・ってコトですかね^^


廊下を歩く光莉。
その前に、桃実が現れて・・・
『何でしょうか?』
アナタニ、チョットオハナシガアルノ。
言うや要と共に部屋へと拉致してしまう桃実。
もみ合いになった時に取れてしまったボタン。
そのまま彼女は天音の元へと向かうのでした。
その頃の夜々。
yaya『ふう・・』
光莉は、天音先輩と会えたかしら。
ふとベッドを見やると、光莉の忘れて行ったハンカチが。
(まったく・・・)
それが、後に光莉を救うことになって・・・


・砕かれる寸前の想い、ひとつ
『そんな顔をしないでくれ』
光莉の口に手をあて、諭すように語る要。
ドア越しに、光莉を呼ぶ夜々の声。
『言ったろ、光莉に話が有るって。』
君は、CO2による地球温暖化の話を知っているかい?
???
いきなり突拍子もない事を言い始める要。
『だが、CO2が温暖化の原因と言う証拠はない』
ああ、私はどうも口下手のようだ。
いや、ギャグと人をさらうテクニックは一流かも^^
ついでに、ベッドマナーも一流かも・・・ね(コラ)
『君はこう思っているはずだ。』
要は危険だ。だが、美しい。
要は美しい、だが危険だと思っている。
『そこを疑って欲しい』
『確かに私は美しいが、素敵だ』と思って欲しい。
ちょっと、かなりアブナイ状況なんですが、見ていて
込み上げる笑いをどう堪えたらヨロシイのでしょうか(^◇^)ケラケラ


その頃の桃実もまた、天音と接触を図っていました。
『エトワール戦、出ないで下さる?』
『元々そんな気はないよ』
貴女はそうでしょうけれども。
『周りはそうは見てくれないわ』
出場したくても、出られない娘。
出たくなくても、出される娘。
そして貴女が出場すべきと、期待している娘達。
『此花さんはいい娘ね。』
貴女の行動1つで傷つく娘は”たくさん”いるのよ?
『行動は、良く考えるべきね』
それがスピカのスターの責任なのだから。
足早に、その場を離れる天音。
表情は、少し険しいものがありました。


・正直になったらどう?
再び舞台は光莉に。
ベッドに追われ、要に押し倒される光莉。
『月がとても綺麗だから』
そう言った作家がいてね。
夏目漱石さ。
英語は、『I LOVE YOU』。
※正しくは『月がとても蒼いから』と訳したのが正解ですが・・・
(漱石が東京大学で講義をした時の逸話だとか)
世間一般では、『月がとても綺麗ですね』で伝わっているようです。



ボタンに気がついた夜々。
その時、光莉hikariの悲鳴が響き・・・
ばん!
ドアを開ける夜々yaya
とっさに夜々の元に向かう光莉。
『(天音様の所へ)行きなさい』
自らは要と相対する夜々。
yaya『何を企んでるんですか!』
こんなこと、二度としないで下さい。
『私は光莉を愛しているよ』
白々しく言い放つ要。
『それより、君にはそういう権利はあるのかな?』
愛を止めるには、同じ愛でしか止めることは出来ないのだから。
『それから、ノックぐらいしたまえ』
この場は夜々の負けでした。
光莉を助けて、そのほかで負けてという所ですか。
これが、夜々にとっての転換期でもあったかもしれません。


・待ち人。
ホームで光莉hikariを待つ天音。
天音を追う光莉。
すれ違いには・・・なりませんでした。
向かった先は、潮騒の音が綺麗な浜辺。
amane『静かで、気に入ってるんだ』
互いの身に起こった事は話さず、ただ静かに浜辺を歩く二人。
満ち足りた雰囲気がその場を包んで・・・
途中、桜貝を拾う光莉。
夜々へのお土産にと考えたようです。


途中雷雨にあうハプニングもありましたが、
その中で光莉の身にあった事を聞く天音。
『あの二人は!』
すまない。迷惑をかけているようだね。
心からすまなそうに謝る天音。
光莉にとって、それは心外な言葉でした。
『いいんです!』
hikari『私、一緒にいられるだけで・・・ソレダケデ・・・』
『・・・ありがとう』
amane『光莉を危ない目には合わせたくない、けれど』
私は光莉に会いたい。
そっと互いの手を握り、帰り道に付く二人hikariamane
電車の中で眠る光莉の髪を梳く天音がとても女性らしかったと思います。


・夜々の決心
ボタンを持て遊びながら、アレコレと考える夜々。
yaya『行かせてよかったのかな?』
帰って来たときの台詞を考えながら時間は過ぎて行き・・・
『ただいま!』
『お帰り、光莉!』
帰るなり、夜々に抱きつく光莉。
『今日はありがとう(*^-^)』
そして、貝殻を差し出す光莉に・・・
・・・
hikari『夜々ちゃん、どう・・・し・・・』
ん・・・んんっ!
yaya(* ^)(^ *)hikarikiss♪
驚きに目を見開く光莉。
次第に膨れ上がる涙。
手から滑り落ちる貝殻。
この時、何かが変わって行ったのかもしれません。


そう、潮騒の一節にもある
『火を飛び越えた』時のように・・・


※アイコンは『ラズベリーフィールズ』様の素材をお借りしています。


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







参照りんく
http://coswata.blog20.fc2.com/tb.php/651-4bc026b5
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ストロベリー・パニック 第13話「潮騒」 2006/06/28 12:19:17 ◇ 恋華(れんか)
ストロベリー・パニック 第13話「潮騒」 まさか今回、こんな展開になるとは思ってませんでした。
主役の出番は予告だけ。 2006/06/28 21:54:18 ◇ YAMA’s Blog
色々な方向に暴走した前回から1週間、いよいよストパニも第1クールのラストエピソードとなりました。ここまでのミアトル・スピカ両校を比較してみると、ミアトルはピアノ連弾やら温室やら『マリみて』の影響が露骨なのに対し、スピカは校内に誰も知らない社があるの、と言
ストロベリー・パニック 追記11 2006/07/04 01:58:15 ◇ Geallza's Power
= 第13話 「潮騒」 ='''今回は光莉と天音のお話です。二人の距離が急接近!! 夜々はどう出る?'''[[attached(1)]]光莉ちゃん久しぶりー。「夏休みが終わったら二人だけで会えるの」純粋キャラだけど、モテモテという面では渚砂とかぶってるかな?[[at
海と山とで愛の想いは流れゆく。~ストロベリーパニック第13話 2006/07/04 21:25:04 ◇ LAND OF RARITIES~旗次郎のマイペースライフ
しっかり1クールとなってるストパニの話。天音と光莉のデートの話…のはずなのだが、明らかに危険なカップル・要&桃実の方が目立ってます☆二人のデートにかこつけて全開で画策。いきなり自室に引きずり込んで押し倒してます。一歩間違えれば犯罪ですがな。要は相変わらず
ストロベリー・パニック 第13話「潮騒」 2006/07/06 01:39:37 ◇ AGAS~アーガス~
[[attached(1,left)]]二学期が始まり、徐々にエトワール戦が近づいてきた。要と桃実はエトワール戦に邪魔な天音に対し、出馬断念計画を実行。一方、光莉と天音は、次の日曜日に一緒に出かける約束をする。途中、要達の邪魔が入ったが、2人は海に到着、光莉は貝殻を拾って帰
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。