スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話『涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ』 
2006 07 04
Tue 03:06:48
涼宮ハルヒの憂鬱 最終話です。


ぶっ飛びアニメも今回で最終回を迎えました。
3ヶ月間があっという間だった気がしますね・・・
4月からの放送の中で、女子高生と並んで一番のインパクトが
あったかもしれません。
スタッフの皆様、本当にお疲れ様でした(*^-^)


主観的あらすじ


自称、宇宙人製アンドロイド『長門』yuki
自称、『時をかける少女』朝比奈みくるさんmikuru2
自称・・・少年エスパー戦隊、『古泉koizumi(ー'`ー;)フウ』。
それぞれがそれぞれの形で、
オレにその証拠を見せ付けた毎日。
だが、何で。
『俺kyonなのだ?』
それをハルヒが望んだからか?
何で俺が巻き込まれなければならんのだ(-_-#)
これは、誰の書いたシナリオだ。
ハルヒか!?
まあ、それはいい。
せいぜい走り回れば良いのさ、”俺以外”の誰かがな。
なんて事を、あの超監督様が黙ってお見過ごしになる訳ないだろ!
kyon『お前は知らなかっただろうけど。』
世界は確実にお前haruhiを中心に、面白い方向へ進んでいたんだよ。


さて、マトメ感想に。


・キョン的、ごまかしのシナリオ。
対朝倉戦の後の長門との抱擁(くそ、何でそうなるんだ(ー'`ー;))
それを谷口に見られちまった俺は・・・
『悩んでる彼女の相談に乗ってたら・・・』
貧血を起こしてだな・・・床に激突するのを防いで・・・
そこへお前が・・・モゴモゴ。
『・・・嘘付け。』『ちっ』
しっかり誤解されてました^^
これって後のお話の伏線みたいだったようですね。
『誤解』と言うところが。


・ラストねこまんは『ゴ○ンジャー?』
トリを飾ったのは、秘密じゃない秘密戦隊でした。
子供の憧れ、ですよね。
当時の女の子の憧れの1つに、
『モモレ○ジャーになりたい』と言うのもあったようですし(笑)


・キョン妹kyonimouto大活躍^^
兄を起こす為に、ベッドによじ登ってドタンバタン!
起きてよぅ!!
いい妹さんですね(笑)
その無邪気さを、いつまでも無くして欲しくないものです。
・・・ナンテネ。


・だから、何でアタシの所には不思議がやってこないのよ?
体操服姿でぶすくれるハルヒサン。
haruhi『いいのよ、どうせ着替えるから(`皿´)』
それより、みくるちゃんの着替えだけど、次は何にする?
kyon『・・・(;´Д`)ハァハァ(妄想中)』
haruhi『間抜け面(-_-#)』
ほんと、退屈。
キョンは、”エロ”キョンkyonだったし(笑)


・事件は唐突に
煮え切らないものを感じたまま、部室のPCに向かうキョン。
『そうだ・・・』
例の隠しフォルダを開き、朝比奈さんの『ほくろ』を確認するキョン。
※公式サイトの『例のアレのアレ』ですね^^
mikuru2『何見てるんですか(*^-^)?』
すかさずファイルをシャットダウン!
しかし・・・『mikuru』フォルダの名前に気づかれてしまい、
キョン君大ピンチ!
じゃれあう二人。
少なくとも、この瞬間はキョンにとって、そして・・・
多分視聴者の何割かは『怒りが殺意に変わった瞬間』かもしれません(爆笑)
そしてもう一人。
haruhi『・・・・何やってんのよ、あんた達(-_-#)』
ちゃーちゃーちゃーちゃっちゃちゃーちゃっちゃちゃー♪
(ダースベイダーのテーマorTプロデューサーのテーマとも)


仁王立ちのハルヒharuhi
そのままずかずかと入り込むと・・・
『アンタ、メイドモエだったの(・3・)』
着替えるから。
ああどうぞ。
『・・・でてけぇ!!!』
あーあ、始まっちゃいましたよ(笑)


・もしかして?
着替えを済ませたハルヒと団員その他。
おもむろに朝比奈さんの髪をいじり始めるハルヒ。
もしかして、曜日ごとに髪型を変えていた頃って
三つ編みだったり、シニヨンだったり、ポニーテールだったり?
それとは別に、haruhi『キョンはどんな髪型なら萌えるのかしら?』
なんて考えてる・・・訳はなさそうですね。


・ゲンジツから非ゲンジツへ
突如、ハルヒと二人閉鎖空間に放り出されたキョン。
『目が覚めたらいつのまにかここにいて・・・』
それもアンタと二人。
いつもの勝気さが影を潜めたハルヒ。
どう見ても、普通の女の子らしいですね。
これが常識的な部分、なのでしょうか?
『とりあえず学校を出よう』
キョンの制服の袖をつまんで、同行するハルヒが
とても、弱弱しく見えましたね。


後にハルヒが探索に出た後、古泉と会話をしたキョン。
どうやらここはharuhiが作り出した新しい世界らしいとのこと。
『つまんない』現実を捨てて、『面白い』非現実へ。
現実とは、人の頭に有る幻想のことならば、
ツマラナイ幻想を捨てて、新しい幻想を作ればいい。
ただ、それだけのこと。
『じゃ、なんで俺までここにいるんだよ?』
唯一涼宮さんが共にいたいと思ったのが貴方です。
産めや増やせよ、アダムとイブharuhiで良いじゃないですか。
※トイレマークでなければ良かったんでしょうけど^^


そして現れた神人。
ハルヒのイライラの具現化。
あるいは、願望。
今まで彼女が目にする事の無かった不思議。
少なくとも、この時の彼女は満ち足りていたようです。
『私には邪悪なものに思えないけど』
しかし、キョンにはやらなければならないことがありました。


朝比奈さんmikuru2(未来ver.)から託された『白雪姫』。
そして、長門yukiからは。


YUKI.N> また図書館で
YUKI.N> sleeping beauty
困った時は、それを思い出して。


そしてキョンは、ハルヒの手を取って走り出しました。
自分がいたい、と願ったあの世界に向かって。


・俺kyonにとって、ハルヒharuhiとは?
『元の世界に帰りたくないか?』
ここにいても、どうにもならんだろう。
『それは何とかなるわよ』
それに、今チョット楽しいし。
『ZOZ団は?』
『いいのよ、もう。私が面白そうな体験をしているし』
少なくとも、彼女にとって望みがかなった世界。
彼女の言動に応じ、手を止めたり動かしたりの神人。
ハルヒに訴えかけるキョン。
と言うより、キョン自身の気持ちを確かめるようなやりとりでした。
『あの世界が好きだったんじゃないのか?』
YES。
『戻りたくないのか?』
YES。
そんな風に、自問自答している気がして。
そして目の前で子供みたいに拗ねている、
気の強そうな団長様haruhiについても。
『あのなハルヒ、お前は知らないだろうが』
俺はここ数日、かなり面白い目に会ってるんだよ。
お前が知らないだけで。
それを俺kyonに見せてくれたハルヒharuhiとは、一体俺にとって何なんだ?
ただのクラスメートで、後ろの席の女生徒、
なんて誤魔化すつもりはない。
『で、白雪姫かよ』←視聴している自分の心のつぶやき、ですか^^
『ハルヒ』
『俺、実はポニーテール萌えなんだ』
いつぞやのポニーテール姿、似合ってたぜ。
少し強引な口づけ。
ほんのちょっと、驚いた感じのハルヒ。
そして・・・世界は元に戻りました。


付き合うなら、電話じゃなく直接面と向かっていいなさいよね!
かつて彼女haruhiはそんな事を言っていましたね。


・そして、あの時の続きを・・・
長門も、古泉も、そしてドジで愛くるしいあの人も。
皆がいるこの世界。
haruhi『悪夢を見たから、今日ほど休もうと思った日も無いわね』
ちょんまげみたいなポニーテール。
kyon『そうかい。』
でもなハルヒ、似合ってるぞ。


そして、かつてのパトロールで成し得なかった組み合わせ。
二人だけの不思議探索。
ハルヒを待つキョン。
『遅刻は奢りだからな』
まずは、アイツharuhiに何から話してやろうか。
俺はまず、宇宙人と未来人と超能力者について
話してやろうと思っている。


そして、物語は少し距離の縮まった二人と周囲の織り成す
ハルヒ時系列の7話以降につながり、
サムデイインザレインで大団円、となる訳ですか。
晴れの日ばかりじゃない、雨の日もあるけれど。
それでも二人はいつも一緒にいる。
スキトカキライトカソウイウノジャナイケレド。
振り向けばいつだってそこにいる。
『やれやれ』といつもの台詞を言う貴方kyonが。


公式サイトの仕掛けと言い、不思議な物語の並び方と言い、
いろんな意味で面白い作品でした。
特に第1話(キョン時系列)。
あれはまず忘れられませんね^^
※アイコンは『第3事務所』様の素材をお借りしています。


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)








参照りんく
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1445223
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10570823
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

涼宮ハルヒの憂鬱 「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 2006/07/04 06:53:27 ◇ ゼロから
長門有希のぽつりと言った言葉は、良かったぞ。
涼宮ハルヒの憂鬱 VI 2006/07/04 14:54:57 ◇ Old Dancer's BLOG
 恐らく「あえて」おとなしい表現に留められていた先週「憂鬱 V」の、いや既に放映順で第4週の「退屈」において既に某「光の巨人=アダム」に似せた姿を見せていた「神人」が、こともあろうにマーラー交響曲第8番の「創造主」を招く調べに乗せて、堂々たる存在感と共に新
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱?」 2006/07/08 20:43:37 ◇ 二千万パワーズ
いよいよこのアニメも最終回。 人気の原作小説、ハイクオリティで有名な京アニが製作とあって注目されたけど、その期待に答えハルヒは数々の伝説を視聴者に見せてくれた。 あの不朽の名曲「ハレ晴れユカイ」を生み出したり等だ。 それに1話目からあの話を放送して原作未読
涼宮ハルヒの憂鬱 第14話「涼宮ハルヒの憂鬱 VI」(終) 2006/07/09 05:08:36 ◇ AGAS~アーガス~
----おわったぁああああああ。6日遅れは結構辛かったで御座いますよ、TVQさん。こっちでは次は恋するアンジェリーク?だそうです、NHKじゃないのかよ。てかキッズステーションが放送最速じゃん、TVQは・・・また放送ビリか、どうせ見ないけどね。('A`)閑話休題、サムデ
【感想】『涼宮ハルヒの憂鬱』最終回「涼宮ハルヒの憂鬱VI」 2006/07/16 19:05:38 ◇ 『遍在 -omnipresence-』
「遍在するラピスラズリの懐かしい…」 今回は最終回ということでTBをさせて頂きました。 超長文ですが、宜しくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。