スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰からマモル! 第9話 
2006 03 14
Tue 18:27:51
陰からマモル! 第9話です^^

今回はぶる丸の活躍、激化するマモル君争奪戦、
そして・・・ゆうなのサービス?カットが中心のお話でした。
今回の陰の立役者は『お稲荷さん』という事で。

それでは、恒例となっている”アレ”から。

『陰守伴蔵よ・・・』

御前の目の前に並べられている”素晴らしい”コンニャクの数々。

『この”すばらしい”コンニャクを余の代で終わらせるなど絶対にあってはならぬ。』
『そこで、コンニャク作りの達人、紺若五郎兵衛を未来永劫守ってはくれまいか。』

『御意。』

・・・・。
(もはやこのまま最終回まで行ってくれ(ー'`ー;) )

さて、本編に。

地球に迫る、未確認飛行物体。
内部は、『ヤ○ト』を思わせる計器類と、
何故か・・・トカゲ?らしきエイリアン。

『あれが地球か。』
遠い星だと思っていたが、と言う艦長(赤)。
『いや、私どもの時空ワープ装置を使えば
このぐらい夕食前の離乳食って奴ですよヽ(*´∀`)ノ』
太鼓持ちをする副官らしきエイリアン(緑)

シバシの沈黙の後・・・
『ぎゃはははは(*_ _)ノバンバン!!』
笑い声に包まれる艦内。
ナカナカ面白かったぞ、褒美に銀の鱗をやろうと言う艦長。
『銀なら5枚、金なら1枚だ。』
・・・ってチョットチョット、それは。

『チョ○ボール』の『おもちゃの缶詰』応募方法ヂャナイカそれわぁ!!
オーイ!!こらー!!
やるな森永製菓・・・。

こりゃ何とも怪しいお話だな、なんて思って見ていると・・・
舞台は学校に。
”がらっ!!”
威勢良く扉を開けてやってくる愛里。
『ちょっと、ちょっと、私見たのよ、見ちゃったのよ!!』
かなり興奮気味の様子です。
『愛里、すごいねぇ(*^-^)』
のんびり答えるゆうな。
そうよ、でも誰も信じてくれなくて・・・と愛里。
『ゆうなは信じてくれるわよね?』
うん、と頷くゆうな。
『ヤッパリゆうなは愛里のマイベストフレンドよ( ̄ー ̄)』
お、珍しい。
今回はマトモな"イングリッシュ"を喋ってるじゃありませんか、愛里さん(笑)
で、次の瞬間
『ところで愛里、”何”見たの?』
コレを聞いて、クラス中のミンナが『ずっこけ』ます。(懐古ネタですね)
ヤッパリソウキマシタカ・・・
まあ、ココまでの放送で免疫も付いてますし(おいおい)
この程度では問題はありませんが。

ヨッコラショ、と机を直して改めて愛里に話の内容を聞くゆうな。
『UFOを見たのよΣヽ(°Д°;)ノ』と言う愛里。
コレを聞いたマモル君、『ぷっ』と吹き出し一言。
『あのなあ、いくらなんでもそんなのいる訳な・・・う゛ぁ!!』
”ぎゅむぅぅぅう”と頬をつねられるマモル君(笑)
『ど・う・し・てアホルはそういうことばっかり言うのよぅ(`皿´)!!』
しかし、マモル君のホッペは良く伸びますね^^
かなり柔らかそうですが。
そんなやり取りのあと・・・

放課後、公園。
見るからに『誰もかからなそうな』罠を仕掛けるエイリアン軍団。
※舌切り雀にもある、古典的トラップです。
仕掛けたネタは、『特上寿司ファミリーセット』。
公園で遊んでいた子供が気付いて、母親に伝えますが、
当然本気にせず、『じゃ夕飯はお寿司にしましょ』なんて言われてしまうほどのレベルです。
この様子を草むらから見ていたエイリアンも同じように懐疑的だったみたいで・・・
『地球の文献では間違いないのだが』
『餌もこの近隣で最高のものを用意したが』
罠に掛かったのは、愛玩動物一匹だけ。
これは仕掛けた罠が良くなかったのでは、と思い始めたところに
『最適の人物』が登場!!

その人物とは・・・
『ば~なな、ばなな♪バ~ナナバナナ♪♪』
電波&洗脳ソングを歌いながらやってくるその人とは!!
言わなくてもお分かりでしょう(爆笑)
そんな人は一人しかいませんって。
スタイルは良いみたいですけれど。

そして・・・罠発見。
『あれ?なんでこんな所にカゴがあるの?』
『おっきいカゴ・・・あ、分かった!』
『ダチョウを捕まえるんだ!!』
な、訳は無いでしょう(大爆笑)

再び、『ば~なな、ばなな♪バ~ナナバナナ♪♪』と怪しい歌を歌いつつ、
罠に接近する彼女。
しかし、この歌を歌うときは『必ず転ぶ』と言うオプションも
もれなく付いてくる訳で・・・
”ビタン(痛)!!”
しっかりと罠に捕獲されてしまうのでした。

これには仕掛けた方も馬鹿負けしたみたいで・・・
『こんな地球人をサンプルとして連れ帰るのは』と
エイリアンにすら危惧されるその天然ぶり。
やはり、最高ですよ貴女は^^
とりあえず、地球人を捕らえるのが目的だからと言うことで、
輿に担がれ、商店街を抜けて誘拐されてしまうのでした。
でも、商店街のみなさん・・・
普通に怪しいと思いましょうよ^^;
着ぐるみに見えたとしても。

で、ゆうなさん。
何で貴女は捕まっているのに『ぐうぐう』寝てるんですか!!
しかも携帯は落とすし^^;

その頃、家で『美少女仮面ぷるぷる忍トット』を見ていたマモル君。
えっと・・・『くんくん探偵』みたいなものかな?と思っていたら
『大人の都合で次回は総集編』って何じゃそれわぁ!!
と言うよりも・・・劇中放送してましたっけ?
そこへ、『マモル!!』とマモル母が声をかけます。
『今、ゆうなチャンのお母さんから聞いたんだけど・・・』
ゆうなが行方不明だ、との事。
どうせ、道草でもして帰りが遅いんじゃないの?と特に心配していないマモル君。
『マモル(〃*`Д´)!!』
あーあ、怒らせちゃいましたよ^^
しかも買い物まで押し付けられるし(笑)

街中を、ゆうなを求めて三千里(ウソ)
結局、ゆうなの姿は見当たらず・・・
携帯で連絡を取ってみることにしたマモル君。

『ば~なな、ばなな♪バ~ナナバナナ♪♪』
鳴り出す着メロ。
って何でゆうなのオリジナルソングが着メロに!!
マ、マジュイ・・・
公式サイトでDLできるなら、落とそうとしている自分がいる・・・

どうやら間違いなく誘拐されたと見当を付けたマモル君。
『ぶる丸』の助けが必要と、家に戻りますが・・・
小屋は”空っぽ”。
『何で肝心なときにいないんだ、ぶる丸~!!』
『ぶる丸ちゃん、いないの?』
不意に後ろから声をかけてきたのは山芽でした。
何でも、ぶる丸の大好物、お稲荷さんをこしらえてきたとか。
事情を話すマモル君。
と、イキナリ!
『きゃ、クスグッタイ(* ̄0 ̄*)!』
黄色い悲鳴が上がります。
どうも、山芽の服の中に何かいるみたいですが・・・
『あん、もうそこは駄目(*^-^)』
『あ、”ブラ”が外れちゃった(*>∀<*)』
”ぶ、ぶら・・・”
サスガはマモル君。
『聞き逃してはイケナイ』キーワードに敏感に反応してくれます(爆笑)
結局、正体は忍びウサギの耳乃介(みみのすけ)と判明しますが・・・
可愛いですね、この忍ウサギ^^
Blogペットに欲しいぐらいです。

探索を耳乃介の鼻に頼り、ゆうなを探す二人。
しかし、ゆうなの匂いは例の公園で途切れていました。
と、なれば・・・
(愛里か。)
早速、愛里の自宅に向かう二人。
前回大爆発したにも関わらず、見事1週間で復旧した現象については
触れないほうが良いでしょう。
触れてしまったら・・・沢菓家MIBが飛んできそうですし^^

愛里を呼び出すマモル君。
『いらっしゃい、山芽ちゃん。歓迎するわヽ(*´∀`)ノ』と
山芽には優しい愛里ですが、
『何よアホル(`皿´)。何の用?』
ヒッドイの(笑)
ホントは、ねえ・・・。
しかも、応接間に通しておいて、お茶すら出さないし
※山芽にはキチンと出されていました。

ゆうなの為、と我慢してUFOの存在を肯定するマモル君。
裏を知らない愛里は、勝ち誇った様子でUFOの消えた場所を話してくれます。
『素津地山(そっち山)に行ったわよ。』
そっち山だな、と確認したらもうここには用はアリマセン。
じゃあな、と立ち去ろうとするマモル君ですが・・・
『これでゆうなオネエチャンを助けられるね(^∀^)』
との山芽の一言で暗礁に(笑)

『アフォル~~~ヾ(`◇´)ノ彡☆』
大魔神もかくや、と言う感じの愛里^^
ゆうなを助けに行くわよ、息巻くのですが・・・
『で、なんでここに椿や、ホタルまでいるんだ(´Д⊂』

椿にはもっともな理由があったみたいですが・・・
『商店街でな、ぷるぷる忍トットのお面を被った怪しい爬虫類集団をみたのだ。』
は、良いとしてホタルの場合は・・・
『山芽さん、マモルさんと"抜け駆け"しようったってそうはイキマセンヨ凸(`△´#)』
『ナンデスッテ~(" ̄д ̄)』
タハハ・・・マモルクンモタイヘンデスネ^^

こうして一行は素津地山へ。
『はあ、ひい、ふうう・・』
あれだけ張り切ってたのに、最初にへばってしまったのは愛里。
ま、当たり前ですけどね^^
皆は”鍛えて”ますから、シュッ(響鬼より)
『アフォル~、アンタは平気なの?』
『あれれ、沢菓、僕のことを心配してくれるのか?』
途端に顔を赤くする愛里。
『そ、そんなワケナイデショ(つ∀`照)』
もう少し、素直にならないとね、愛里さん^^
自覚はあるんですから。

頂上についた一行。
眼前には、確かにUFOがありました。

『マンドラゴラザルベスタバルドロモン』
『ガルギーバーエリマルキー』
『強行偵察型宇宙船』
だ、そうです。
って長すぎ^^(このブログの感想もね。)

半ば非常識な事態に呆れるマモル君ですが、ゆうながいるとなれば話は別。
早速侵入方法を考えるのですが・・・

まずは椿から。
愛刀で切りかかりますが、傷1つ付きません。
『この地上に、ナタデココ以外にも切れぬものがあったとは。°(°´Д`°)°。』
この時の椿の泣き顔には吹き出しました。
『あのな、コレハ地球外の物質だから(切れなくても大丈夫)・・・』
マモル君、優しいですね。
一方、目ざとく鍵穴を見つけた山芽。
宇宙船に鍵穴なんてあるわけない、とマモル君。
『ウチは鍵の隠し場所は、植木鉢の下と決めてますが・・・』
全く人の話を聴いていないホタル。
オチは、『あ、植木鉢』と愛里。
ホントに植木鉢があるし!
しかも『鍵』があるし!!
何じゃこれわぁ!!

鍵を使い、あっさりと内部への侵入を果たす一行。
『道が3つに分かれてるな。』
こちらも3手に別れるか、と提案する椿。
『そ、ソレデハ・・・拙者は、か、陰守とo(*´д`*)o』
そういえば、彼女もマモル君が好きだったんですよね。
忘れてました^^

『それじゃ、くじ引きで決めよ(*^-°)v』と山芽。
『公平だし、恨みっこなしと言うことで。』
でも、その視線はしっかりホタルに向いていた訳で(爆笑)
♪視線のレイザービームが♪
郷ひろみの『2億4千万の瞳』を思い出してしまいました^^

結果は・・・
『椿っちと一緒なら安心♪』(愛里)
『ちっ』(椿)

『ホタルオネエチャンと一緒だ(*^-^)』(山芽)
『良かった(*^-^)』(ホタル)
ココの組が一番危険な感じが
♪眩しいくらいにエキゾチック、エキゾチック・ジャパン♪な予感が。

その後、探索に入る5人。

山芽とホタルは人気の無くなったところで本性を表し、
マモル君争奪戦を開始!!

愛里と椿は、侵入者検知用のトラップを見抜いたのはイイのですが、
逆に古典的トラップの『鳴子』に引っかかってしまい・・・
それぞれがそれぞれの場所で大バトル開始!!
これには迎撃に向かったエイリアンも相当マイッタみたいで・・・

その頃のマモル君。
同じ所を堂々巡りしていたようですが、実は司令室前の通路を
周回していたとの事。
しかも艦長が『トイレ』掃除なんて”禁止ワード”を言ったばかりに、
毎度のごとく、ヒドイメにあわされます。

ビーム銃に狙われ、逃げ込んだ先はサンプル捕獲室。
そこには目指すゆうながいたのですが、何と”スッポンポン”
動揺した隙を突かれ、昏倒するマモル君。
しかし、ゆうなの隣に『ぶる丸』が捕獲されていたのを見るや・・・
苦無を投げ付け、布石を打つ辺りはサスガです。

『美味いぞ、これは・・・』
山芽が持ち込んでいた『お稲荷さん』を頬張る艦長。
結果的にこれがゆうなのピンチを救った訳で・・・
『お稲荷さん』と来れば・・・
『ハッハッハッ・・・(*^-^)』
正義の忍犬、ぶる丸登場。
コレが欲しいのか?と言うエイリアン。
『でも、あげないよ~ん』
と、来れば・・・この展開は。
『怒怒怒 (`´)怒怒怒』
オーラを漲らせるぶる丸。
解読してみましょう、とエイリアン。
モニターに現れた文字は・・・

『お隣を守り続けて400年』

∑d(o▽≦o)bキター
今回は、ぶる丸バージョンですか(笑)
ナイスだぶる丸^^

こうして、エイリアンは撃退され、地球の平和は守られたのでした。

山の上で目覚めたマモル君。
その目の前には・・・

”スッポンポン”のゆうなが!!
ッテユウナサン・・・
『あれ、マモ君?』
『何で私、ハダカなの?』
悲鳴ぐらい上げるでしょ普通は!!
やはりムテキングでした(爆笑)

『アフォル~あんたゆうなに何したのよぅ(`皿´)!!』
愛里のお怒りをはじめ、怒りのオーラが満ちていく山の頂上。

『陰守!なんと不埒な!そこになおれ(*`д´)σ=σ』(椿)
『マモルお兄ちゃんって・・・やっぱり"ヘンタイ"だったんだ(`ω´)』(山芽)
『マモルさん・・・それならそうと言って下されば(私が)』(ホタル)
ホタルさん、貴女のは違いますって。
ズレテマスカラ、それは(苦笑)

こうして哀れ、マモル君へのお仕置きタイムが始まった訳で・・・

何故か、『タイムボカン』シリーズを思いだしてしまった
自分は一体?

今回は、お笑いネタは一休み、といった印象もありました。
次回はさらなるお笑いを期待できるのかな、と言う気もします。



スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

陰からマモル! 第9話 2006/03/16 04:04:40 ◇ Mugi_Sta 2
3/11 TX 26:50-今回はSFチックも良いところでいきなり宇宙人ですかマジカノみたいなノリになってきましたねしかも、ゆうなは不本意にも捕まってしまうしw着メロが「バ~ナナ~」にはうけたwwあれ、自分で作ったんでしょうかね?ということで?、山芽....
(アニメ感想) 陰からマモル!第9話 「小鐘井UFO注意報!」 2006/03/17 13:02:28 ◇ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
陰からマモル!〈3〉忍の里から来た少女今回は宇宙人が地球にやってくると言うお話し。愛里のツンデレぶりもいいですけど、山芽とホタルのマモル争奪戦もなかなか楽しいです。特に、ホタルの崩れっぷりは見事です。最初登場した時とはもう別人ですな(苦笑)。それでは、感....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。