スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鍵姫物語永久アリス輪舞曲 第1話 
2006 03 14
Tue 18:38:47
鍵姫物語 永久アリス輪舞曲を見てみました^^

第1話の感想を。
※マンガの原作があるようですが、『全然』知りません( ̄ー ̄)

『アリス』に憧れ、アリスの物語を紡ぐ少年。
舞台は中世風の町並みでした。
今日はココまでと、執筆をやめて眠りに付こうとしたその時・・・
「綺麗なものは、いつも遠くにあるんだな・・・」
ポツリとつぶやく少年。
そして、窓の外を飛ぶウサ耳少女が一人。
「アリス・・・?」
どうやら少年の想い人らしく、慌ててその後を追いかける少年。
間違いない、僕の思い描いていたアリスだ、と感動の声を上げながら。
やがてたどり着いた場所は少年の通う学校の図書館でした。
アリスはどこ・・・?と辺りを見回す少年。
突如、静寂な雰囲気を破ったのは、
鍵のような剣を持って戦う二人のウサ耳少女の姿でした。
「な、何だ一体・・・?」
どうやらココは一種の特殊空間のようで、普通は侵入できない場所のようです。
呆然とする少年に、一撃を食らったウサ耳少女が激突!
当然のごとく『下敷き』状態の少年。
コレがホントの「尻に敷かれる」?状態かなと
イラナイ突込みを考えつつボーっと見ていると、
さらに「お約束」のシーンが追加(^∀^)
上から落ちてきた本が少年の頭をゴッツンコ^^
思わず少女の胸にお顔ダイブ状態。
ウ、ウラヤマシイ・・・ぢゃ無くて!!
その後に訪れた展開は・・・
少女の胸にキーブレード(?)を突き刺し、鍵を開ける仕草をするもう一人の少女。
すると・・・
刺された女の子の体から、突如として現れた1冊の本。
『やめて、心を覗かないで・・・』と懇願する少女。
こう書くとシリアスなんですけど・・・
画面の中の女の子は結構『やらしい』顔っをしてるんですよね(≧□≦)
何となく、「創世のアクエリオン」を思い出してしまったのは自分だけでしょうか?
どうやら、これを奪いあうことが彼女達の目的のようです。
本の中の1枚のページを破りとる勝利者の少女。
彼女の顔もまた、エクスタシー状態(苦笑)
やがて、早く立ち去りなさいとの言葉を残し、不思議な少女は姿を消すのでした。
『何だったんだろう・・・?』
疑問を抱きつつ、家に帰る少年。
と、家の前で待っていたのは少年の妹君のようでした。
どうも、兄のことがとっても心配のようで、外で帰りをずっと待っていたようです。
出かけた理由が『アリス』に関係あることを知るや否や・・・
とたんに『おかんむり』状態に。
どうも極度の『ブラコン』のようです(笑)
実はこの後、この出会いが物語を紡いで行く訳で・・・
舞台は変わり、学校に。
図書館で『アリス』の書物を読みふける少年。
少年に声をかけた少女がいるのですが、その少女こそが
昨日、図書館で激闘を繰り広げていたあの『アリス』なのでした。
昨日の出来事を聞く少年。
名は有人と言うそうで、『アリス』の少女は「ありす」(そのまんまやん!!)
と言うそうです。
また、あのウサ耳ルックは「コ○プレ」ではなく・・・
アリス能力者の姿らしいとの事。
また、物語を奪い合うのは、有人の好きな『アリス』に関連があるものだとか。
著者であるタキオンが残した書物が『アリス』
2冊まではその存在を確認出来ているそうですが、実はもう1冊「終わらないアリス」
の物語があるそうで、その物語を求め戦うのが昨日のバトル、と言うことだそうです。
アリスの物語を自分でも執筆している、との有人の話にいたく興味を示したありす。
たちまち打ち解けたようですが、
その存在を少々「じぇらし~」の視線で見つめる女の子が一人。
それは、有人の妹、翠星石・・・じゃなくて「きらは」でした。
自分が書いているアリスの物語を見せたいと、ありすを自宅に誘った有人クン。
お、中々積極的・・・と思いましたが、実は彼自身にとっても意外な言動だったようです。
しかも、舞い上がっていたのでしょうか、
先約の「きらは」とのお買い物の約束は「ドタキャン」に
なってましたし^^
この後は、当然お約束の展開が待っており・・・
『BOO~BOO~』状態のきらはをなだめる有人なのでした。
「私、やっぱり帰るね。」と帰宅してしまうありす。
せっかくアリスが好きな仲間が出来たのに・・・と彼女を追いかける有人クン。
そして、またもや突然訪れた異空間への誘い。
新たなアリス能力者との戦いが幕を開けたようです。
「へんし~ん^^」するありす。
しかし・・・あの変身シーンは・・・イイのかなあ??
『キューティーハニー』みたいでしたが^^
「胸」と「お尻」にスポットを当てているのはスタッフさんの趣味でしょうか?
始まるアリス能力者の戦い。
相手は、意外な人物でした。
なんと、有人クンの妹、きらはだったのです!
(もっとも、ありす自身は気が付いていたようですが)
激しく激突する二人。
互いの心の物語を賭けて・・・
やがて勝負は付き、きらはの胸にキーブレードが突き立てられます。
「やめろぉぉぉ!!」
とキーブレードを引き抜く有人くん。
きらはがアリスの戦いに参加した理由とは、大好きなお兄ちゃんの為に
幻の「3冊目のアリス」を手に入れたいとの願いからでした。
健気ですね・・・。
結局、共闘する事になった二人。
どうやら凸凹コンビの誕生の瞬間のようです。

そして、1話の締めは・・・
不思議な雰囲気をもつ双子の少女と、どこか浮世離れした感じのある青年。
どうやら物語のキーマンのようですが・・・。

しかし・・・鍵姫と付いているだけに・・・
まさか「キーブレード」とは思いませんでした^^
キングダムハーツみたいですね(笑)

ちなみに1話のタイトルが「Down the Rabbit-Hole」、
「ウサギの穴に落ちて」だったので、少しモチーフとなった作品についても少しだけ。
※ルイス・キャロルの原作の第1章のタイトルでもあります。

*少し真面目なアリスのお話*
ルイス・キャロルの原作で知られていると思いますが、
実はこの作家が数学者でもある事はあまり知られていません。

原題はAlice's Adventures in Wonderland(不思議の国でのアリスの冒険)
ですが、日本では省略形であるAlice in Wonderland(不思議の国のアリス)
の方が著名なようです。

イングランド、オックスフォード近郊のフォーリー橋から始まり、
5マイル離れたゴッドストウ村で終わった旅路の途中で、
アリスという名前の女の子の冒険の物語を即興で少女たちに語って聞かせた事が
今も語り継がれている小説の元となっているとか。

ちなみにアリスのモデルは実在の人物です。
ロリーナ・シャーロット・リデル
アリス・プレザンス・リデル(この女の子が一番知られているのではないでしょうか)
イーディス・メアリ・リデル
の3人と言われています。
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。