スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ARIA The NATURAL 第17話です^^

その 雨降る夜が明ければ・・・


今回は16話に引き続き、ゴンドラとのお別れを描いたお話でした。
別れがあれば、新しい出会いがまたやってくる。
今回の出会いは、『新しいゴンドラ』になるのかも・・・しれません。
とても良いお話だったと思います。


主観的あらすじ


アイちゃんai
夜が開けると、ホントにゴンドラとお別れです。
色んな想いが込み上げてきて・・・
今日は言葉になりません。・゚・(ノД`)・゚・。

ゴンドラでのアリガトウパーティー。
灯里を中心に、ウンディーネのフルメンバーが揃って
お別れ会。
ARIAカンパニーにやってきて、初めてのゴンドラ。
たくさんの思い出を抱えて、ゴンドラは今日も波間をたゆたう。
それは、人の一生のように。
楽しいことも、悲しい事も、その船体の傷に刻み込みながら。

さて、長文まとめ感想に^^
(それはあらすじ感想と言わないか?)

・最後のディナー

『お別れディナーですね・・・』
ううん、違うわ。
arisia1『ゴンドラさん、”ありがとう”ディナーじゃない?』
悲しんでいるよりも、笑って送り出してあげた方が
きっとゴンドラも喜ぶはず。
アリシアさんらしい気遣いなのかも。

『ありがとうを言っても、ゴメンナサイを言っても、とても足りません』
灯里がぽつりとつぶやいた台詞が、
そのまま誰もが思う気持ちの代弁だったのかも。


・アリシアさんの『初めて』
arisia1『私が初めて漕いだのも、このゴンドラだったのよ(*^-^)』
今よりほんの少しだけ幼い、小さなアリシアさん。
aricia『ゴンドラさん、ヨロシクお願いします』
グラン・マ、社長を乗せての初めての練習。
『水の上を滑っていくようね・・・』
社長もご機嫌でしたし。
天性の才能というのでしょうね、きっと。
とは言え、初めてはやっぱり初めてで。
『危ない!』
横切るゴンドラに気がつかず、船体を橋にぶつけてしまい・・・
aricia『それが、この傷。私が付けたのよ・・・』
信じられない、といった面持ちで聞き入る灯里。
『私も新人の頃は、しょっちゅうぶつけてたわ^^』
akari『このゴンドラは、ペアの頃からのアリシアさんを知ってるんですね・・・』
それは、受け継がれて、灯里も体験してきたこと。
船体にくっついたフジツボを剥がす作業。
aricia『♪~』
akari1『はひ、楽しいですね(* ̄0 ̄*)』

お掃除をしたこと。
aricia『綺麗・・・』
akari『虹だ・・・・(* ̄0 ̄*)』

ワックスがけ。
aricia『ワックスはむらなく塗るのよ』
akari『ピカピカになりますね・・・』
そうした歴史をたくさん詰め込んだゴンドラ。

aricia『私だって、寂しいわ・・・』
アリシアさんにとっても、たくさんの思い出を詰め込んだゴンドラ。
別れがつらいのは、誰にとっても同じで。
それは、この放送がいつかは
終わりを迎えてしまう事を知っている、
自分たちにとっても同じことで。


・たくさんの人に囲まれて
aika『おーい、灯里ー!』
藍華さん達でした。
『みんなにも参加して欲しいかなって思って』
athena『お招き、ありがとう(*^-^)』
アリシアさんの配慮のようです。
改めて始まったありがとうディナー。
音頭を取ったのは、灯里でした。
akari1『えー今日はお招きいただき、あの、その・・・』
ずっとこのゴンドラを・・旅立つことになり・・・
はひはひ(* ̄0 ̄*)
aika1『長いわよ(ー'`ー;)』
akira『あとで、ゆっくり、な』
athena『そうそう、楽な気持ちで』
akari1はひ~(ー'`ー;)フウ
aika1『それは気を抜きすぎ!』

こうして始まるディナー。
『カメラのおかげでたくさんの思い出が残せました^^』
その中の1枚に、ふと昔を思い出す晃さん。
aricia『あるわよ、私達が取った写真も』

・ゴンドラとの別れ、3大妖精編
athena『プリマ昇格おめでとう(*^-^)』
akira『くそ、私もすぐにプリマになってやるからな』
でも、そうなると。
athena『白いゴンドラに乗るのね・・・』
お別れは寂しいけれど、写真とっておきましょうか。
で、ゴンドラは?
aricia『新人さんがくるまで、陸揚げして保管しておくわ』
『その新人が、私、ですか?』
そうよ。
ARIA創設からの歴史は、アリシアさんを通じ、灯里に受け継がれる。
そして、その次の人に受け渡される。
それは形がなくても、きっと・・・

・それぞれのお別れ
aikaakira『気をつけてな』『いい人に使ってもらえるといいな』
aliceathena『さよならです』『またどこかで』

hime社長もさりげなくお別れを偲んで・・・いたのかな?
あれ?『まあ』maa社長は?
おねむの時間だったかな?

『戻りましょうか?』
『もう少しだけ、一緒にいてもいいですか・・・』
最後は灯里一人でゴンドラとのお別れをしたいみたいです。
静かに船べりに顔を寄せて、今までを懐かしむ灯里。
そして、その心を表すかのように空が曇っていき・・・
さあさあと雨が降り始めました。
aria『ぷいにゅ(雨だ、灯里ちゃん傘は?)』
濡れては大変と、傘を持って迎えに出た社長。
『ありがとうございます』
でも、しばらくこのままで。
aria『ぷいにゅ』
夜明けには運んでいくそうです。
もう二度と、一緒に走れなくなっちゃたんですよね・・・

たくさんの初めてと出会って。
いろんな初めての場所へ行って。
この先どんなに町が変わっても、
思い出の中にアナタがいてくれるから。
それはいつまでも消えることのない、宝物です。

akari『本当に、お世話になりました』
アナタから、たくさんのはじめてをもらいました。
いつしか眠りこけてしまう灯里と社長。
静かに、傘を差しかける上品な老紳士。
『またいつか、AQUAの何処かの水の上で』
ひょっとしたら、そんなことを言っていたのかもしれませんね^^;

・その、新しいゴンドラとの出会いは・・・

それからしばらくして、新しいゴンドラがやってきました。
aricia『灯里ちゃんが初めての人ね(*^-^)』
akari『き、緊張します・・・』
大丈夫よ、ちゃんと風を切って走ってるから。
『あ・・・』
ふと見やった先にいた一艘のゴンドラ。
(あの傷・・・あれは・・・)
再会したゴンドラ。
灯里が付けてしまった傷もそのままに、
荷物を載せて頑張っているみたいです。
(そうだよね、またきっと会えるよね・・・)
そんな気持ちを胸に、新しいゴンドラに挨拶をする灯里。
akari『ふつつかものですが、よろしくお願いします・・・』


アイaiから灯里さんへ
ぴかぴかのゴンドラと、たくさんの初めてに出会えそうだね(*^-^)
次に乗る人は、『私』かな?

前後編に見える形でじっくりと
ゴンドラとのお別れを描いたのかな、と言う気がします。
内容的にはとても良いお話でした。

次回からは新しいゴンドラで、新しい初めてと出会う旅。
タノシミですね・・・
もちろん、PS2版も^^


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







参照りんく
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1458523
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ARIA The NATURAL 7月24日付 第17話「その 雨降る夜が明ければ…」 2006/07/24 16:27:30 ◇ 第23軍日常報告
ARIA The NATURAL 7月24日付 第17話「その 雨降る夜が明ければ…」ゴンドラとのお別れが前後編合計二話に分かれているとは。今回は、灯里がゴンドラとのお別れ会ならぬありがとうパーティーを挙行する。回想
ARIA The NATURAL 第17話 『その 雨降る夜が明ければ…』 2006/07/24 20:46:59 ◇ INFINITE-COSMOS ~Eternal~
~アニメ ARIA The NATURAL 第17話 『その 雨降る夜が明ければ…』 について~ 【 ゴンドラとの想い出 ~過去編~ 】 ◇灯里とアイのメールでのやり取り(始)◇ 灯里 『 アイちゃん? 夜が明けるとゴンドラとも本当にお別れです…。
ARIA The NATURAL 「その 雨降る夜が明ければ…」 2006/07/25 07:18:34 ◇ ゼロから
最後ゴンドラは空輸され、新しいゴンドラが灯里に渡されました。別れと出会いですね。
ARIA THE NATURAL 第17話「その 雨降る夜が明ければ…」 2006/07/25 10:03:45 ◇ 二千万パワーズ
先週に引き続き今週もゴンドラとのお別れ話。 わざわざ2話続ける必要あるのかな~なんて軽いノリで見たけどこれがどうして、ついつい目頭を熱くしてしまった・゜・(つД`)・゜・ 。 やっぱり2話使っただけあるよ。
ARIA The NATURAL 第17話「その 雨降る夜が明ければ…」 2006/07/25 18:45:08 ◇ 恋華(れんか)
ARIA The NATURAL 第17話「その 雨降る夜が明ければ…」ゴンドラと最後の夜を過ごす・・・。
ARIA The NATURAL 「その 雨降る夜が明ければ…」 2006/07/26 00:31:44 ◇ 現代視覚文化研究会「げんしけん」
 『ARIA The NATURAL』の第17話を観させて頂きました。今回は、第16話から続き【灯里】のパートナーである「ゴンドラ」とのお別れの後編が描かれます。その「ゴンドラ」への想いは【灯里】だけはない。【アリシア】さんにもたくさんの思い出をくれた「ゴンドラ」だった
ARIA The NATURAL 追記16 2006/07/26 00:42:27 ◇ Geallza's Power
= 第17話 「その 雨降る夜が明ければ…」 ='''灯里が長年親しんできたゴンドラとも、いよいよお別れ。'''[[attached(1)]]ゴンドラとの最後の晩ということで、夜ご飯をゴンドラの上で食べることに。ゆれて食べにくくないのかな?[[attached(2)]]ゴン
ARIA The NATURAL 第17話「その 雨降る夜が明ければ・・・」 2006/07/27 19:25:21 ◇ のほほんホビー
今回は、先週に引き続きゴンドラとのお別れのお話。灯里にとっては、とても思い出深いゴンドラ。だが、それはアリシアさんにとっても同じ事だった。アリシアさんが始めて漕いだゴンドラ。若かりし頃、グラン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。