スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
となグラ! 第6話 『お姫さまだっこ?』 
2006 08 13
Sun 22:05:39
となグラ! 第6話です^^

今回は、勇治と香月の仲直りに主眼を当てたお話でした。
エッチな場面はありませんでしたが、
それがなくても『となグラ!』らしい
定番のラブコメを見せていただいた気がします。


主観的あらすじ

たった30センチの距離が遠く感じる・・・
売り言葉に買い言葉。
『ゼッコーするから!!』
たったその一言を言ってしまったばかりに。
『お前なんか嫌いだ!』
その場の勢いで、その一言を投げ付けたばかりに。
勇治も、香月も仲直りのきっかけを見失っていました。
そんな二人に心を痛めるちはや。
初音さんは・・・ん?
『ライバル宣言されたら、私なら燃えちゃうけど(*^-^)』
なんて、この状況を面白がってるし。
素直に仲直りしたいのに。
でも、その言葉が上手く見つからない。
『香月はこだわりすぎや』
もっと、歩み寄ってもええんと違うかな。

そういえば、香月とちはや。
なんとなくときメモ2の『光』hikariと『水無月さん』kotokoを思い出しますね^^

さて、まとめ感想に。


・その距離は遠い

kaduki『勇治、どうしてるのかな・・・』
締め切られたカーテンの向こう側。
30センチの距離。
kaduki『遠い・・・遠いよ勇治・・・(*ノ-;*)エーン』
机の上のアルバム。
たくさんの想い出の写真たち。
でも、香月には『笑顔がなくて』。
嬉しいはずなのに、幸せなはずなのに。
ほんの少しだけ、困ったような、はにかんだような表情を見せて。


・ちはやの友情
hatune『ごめんなさいね、香月ちゃん部活に行ってしまって(*^-^)』
ゆーちんと香月は(どうしてますか?)
『登校もばらばら、朝食も別々。』
寂しいわね・・・
それなりに初音さんも心配みたいです。

それはあの後香月が部屋を出て行ってから。
tihaya『ゆーちん、追わんでええの(`皿´)』
・・・・。
ちょっと何してるんや!!
hatune『ちはやちゃん、これ以上のダメージはダメよ(*^-^)』

『・・・・(つん)』
グラリ・・・ばたん!!
実は勇治もかなりのダメージを受け、燃え尽きていたようです。
『ゼッコーするから!』が相当応えたみたいですね。
お互いに好きあっているからこそ、
だけど気持ちを確かめ合っていないからこそ
『ちょっとした言葉にも嬉しくなったり、不安になったり』
って・・・自分は何を言ってるんでしょうね(苦笑)

そして冗談とも本気とも付かないアドバイスをする初音さん。
『もたもたしてたら、ちはやちゃんが奪っちゃえばイイじゃない(*^-^)』

さて、ここでクイズです。
Q:hatune香月が飛び出したわけは?

チッ、チッ、チ・・・

A:tihaya『香月が勘違いしとるからや!!』
ピポピポピポーン!!
大正解^^

hatune『私ならライバル宣言されたら、燃えちゃうんだけれど』
本気とも冗談とも付かないことをさらりと言ってのける初音さん。
tihaya(あかんどないしよ・・・)
ますます収集のつかない事態と悟ったちはや。
tihaya『この数日、声かけづらくて・・・(T▽T)』
それだけなのに。
hatune(yuko)『引っ掻き回したあげくにシカト?』
初音さん、ヒッドイの(笑)

『多分、(香月が)勘違いしているだけだし』
勇治君、私達と遊んでばかりだったから。
その男の子が、”私達以外”の女の子と仲良くしてることに、戸惑ってるのよ。
ま、私なら。
hatune『さっさと排除しちゃうけど(*^-^)ニッコリ』
たおやかな笑顔で恐ろしい事を
サラリと言ってのけますね・・・(苦笑)
それとも、意識してるのかしら?ちはやちゃんも。
『・・・・・・。』
3.01秒経過。
tihaya『そ、そんなわけあらへん!』
hatune『微妙な間ね^^』
漫才ですか(笑)

しかし、その間まりえちゃんmarieは黙々と・・・
ご飯食べてていいんですか(苦笑)
その後しっかりちはやに拉致されてましたけれど^^;

・『天使』が舞い降りて
tihaya『ゆうちん、おるか?』

『・・・・あ゛あ゛あ゛・・・・』
部屋に舞い降りる天使。
どうやら、魂が抜けてしまったようです。
(これならウチに気があるなんてありえんわ(*^-^) )
一安心したちはや、
早速勇治に香月との仲直りを持ちかけますが・・・
『が、がづぎがどう・・したって・・・』
無理しちゃって。

tihaya『そんなんじゃ、本当にゼッコーされてまうで!』
ガタガタン!!
marie『・・・ダメージ大きいみたいです。』
何だかんだで、まりえちゃんも心配なのかな?

・女の子同士の気持ち
tihaya『迎えにきたで』
kaduki『ち、ちはや・・・』
まずは素直に頭を下げるちはや。
『仲直りさせたくて、お節介して・・・』
いいの。私だってホントハ・・・
kaduki『あのさ、勇治と仲直り・・・出来ないかな?』
でも、無理よねきっと。
『勇治私の事キライだって言ってたし・・・』
朝食でも登校でも、学校でも。
私の事見て避けてたし。
tihaya(意外やな・・・意地はるかと思ったのに)
kaduki『きっとちはやみたいなタイプが好みなんだよ』
私、上手く笑うことさえ出来なかったんだから。
小さい頃から勇治の前だとずっと。
『でも私、大丈夫だから・・・』
tihaya(何で泣いちゃうかな、このコは)
良い場面ですね^^
親友同士、何でも話せる間柄と言うのは。
ひとしきり泣かせたあと、ちはやは1つの忠告をするのでした。
tihaya『もっと歩み寄ってもええんと違うか?』
想い出にこだわりすぎや。
『もっとちゃんと、見たらなあかんで』
背伸びたし、大人びた顔つきになったけど・・・
中身は『えっち』だし、怒りっぽいしでも・・
優しいし、ちゃんとした趣味もあるし・・・
kaduki『私アイツに振り回されっぱなし』
でも、再会できて嬉しかった。

tihaya(そっか。・・・・そっか)
tihaya『ウチもあいつのこと、”意識してへん”けど・・・』
『全くないって言ったら嘘になるな』
kaduki『う・・・』
ほらそこで怯まない!
tihaya『取られたくないんなら、頑張り(*^-^)』
その言葉に、小さくガッツポーズを決める香月。
どうやら、何とか気持ちは決まったみたいです。

・勇治もいつもと違って。
早速ベランダから、勇治の様子を偵察する二人。
marie『あの・・・・』
まりえちゃんがポソッと現れました^^
marie『初音さんにお願いして・・・仲直りを』
その言葉どおり、部屋の中では。
『膝枕』をする、シスター初音(苦笑)
コスプレネエチャンですか、この人は^^

しかし、勇治の顔は晴れず・・・
いつものhatune『むにゅ』胸攻撃にも顔を緩めることなく。
kaduki(ちょっとナニシテンノヨゥヾ(`◇´)ノ彡☆)

初音さんには、ベランダの外にいる3人のことはバレテイタミタイデス。
『大体、香月だって悪いんだ』
そりゃ、からかいすぎたとも思うし悪かったなとも思うけど。
『ちはやちゃんに八つ当たりはないだろうって』
それで、つい・・・
それから気まずくて、顔あわせられなくて。
『・・・どうして、あいつそうなのかな?』
愛想悪かったり、怒ったり拗ねたり。
『俺、アイツに好かれてないのかな・・・・』
kaduki(えっ・・・・)
アイツがそんな風に思ってたなんて。
『あのね勇治君。』
だったら、その写真は何?
消した方がいいって解ってるのに、残しているのは何でかしら?
私もこの顔は良く見るけれど、それって。
hatune『心を許した相手にだけ、見せる表情じゃないかしら?』
そっか。それが香月なんだよな。
こちらもこちらで上手く行った様子。
『でも笑って欲しいな、やっぱり』
再会したんだし、仲良く暮らしたいし。

そして、イタズラ好きの神様が起こしたことは・・・
屋根に避難していた香月をダイブさせたことでした^^
見事に勇治の腕に抱かれる香月。
hatune(arisia1)『あらあら、お姫様だっこね(*^-^)』

・そして仲直り?
『聞きたくて聞いてたわけじゃないけど』
全部聞こえちゃったし、それに・・・
ピッ!
『何で消すんだよ!!』
kaduki『どうせ・・・なら・・・エガオノシャシントカ・・・トッテホシイシ・・・』
maiker『ポゥ!!』
香月の笑顔に、マ○ケル君maikerになる勇治。

早速次の日に撮影をすることに。

kaduki『ひ、ひんひょう(緊張)するのよ(*・・*)ポッ』
そっか、よし。
『無愛想かもしれないけれど、笑顔が大事』
kaduki(これからは勇治と仲良く・・・)
自然といい笑顔を見せる香月ですが・・・
maiker『ポゥ!!』
その笑顔にノックアウトの勇治君。
『か、カワウソ、っぽい(。・・。)ポッ』
kaduki『な、なんですってぇ~!!』
そんなに私を怒らせたいの!!
すっかりいつものやりとりに戻ってしまった2人。

でも、『とってもお似合いですよ』二人とも。
物語も半分を消化し、こうしたエピソードがあるのもいいですね。
次回もますます楽しみになりましたし^^



面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)






参照りんく
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=3283683bd7
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

となグラ! 第6話「お姫様抱っこ?」 2006/08/14 08:00:42 ◇ 移り気な実況民の日々
 香月に絶交と言い渡された勇治は落胆していた。
■となグラ! 第6話「お姫様だっこ?」 2006/08/14 16:25:21 ◇ ゆかねカムパニー2
 世界中で銀河中で、一番遠い30センチ。  というわけで、絶交しちゃったのも、仲直りしたのも、同じくあのベランダなのでした。  みんなに心配して貰って、二人、幸
となグラ! 第6話 2006/08/14 22:23:09 ◇ LUNE BLOG
飾らない素顔。
となグラ! 第6話「お姫様だっこ?」 2006/08/15 00:09:36 ◇ 恋華(れんか)
となグラ! 第6話「お姫様だっこ?」勇治と絶交宣言をした香月ちゃん。ちはやちゃんが、二人の関係修復に動きます。
となグラ! 第6話 お姫様だっこ? 2006/08/15 21:25:04 ◇ SOBUCCOLI
なんていうかいままでのとなグラのイメージが一蹴されてしまうぐらい 今回の話はよかった(つД`) でもやっぱり思うことは一つ みんな初音さんの手のひらの上で遊ばされてる(笑
となグラ! 2006/08/15 22:41:13 ◇ まるとんとんの部屋
「お姫様だっこ?」 「大原さん」がすごすきで・・・もぉぉぉ~なんか悶えてしまった「おぢさん」です!どう考えても「初音さん」年齢詐称疑惑です!でっかい「疑惑」です!大学生のお姉さんの設定で良かったん
となグラ!第6話「お姫様だっこ?」 2006/08/16 01:42:24 ◇ 二千万パワーズ
前回絶交するほど喧嘩してしまった香月と勇治。 といってもお互い後悔しているようで、勇治は空元気でかなりのショックを受けている模様、香月は香月で勇治に嫌われたと思って泣き出す始末。 大喧嘩した後になって素直な気持ちにきづいたようだけど・・・それなら最初から大
となグラ!#6「お姫様だっこ?」ネコさ~ん♪(それはラッコです) 2006/08/16 21:57:24 ◇ ■■テラニム日記2■■
要は「意地の張り合い」的状況。どっちかが謝れば済むハナシ、でも……ってとこっですな。裏側では、 あたしって、ダメだよね、嫌われてるよね、かわいげないよね……ああ、殴りたいw※ま、勇治も
となグラ! 第6話 『お姫様だっこ?』 感想とか 2006/08/17 01:40:37 ◇ りせっとはかく語りき
黒いよ初音さん!!初音さんの言動を見ていると、勇治も香月も彼女の手のひらの上で踊らされているとしかw何だかんだで影の支配者そこも含めて初音さんの魅力!!って方は是非ポチッとお願いします⌒*(・∀・)*⌒
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。