スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プレイ日誌 『東京魔人学園外法帖血風録』 1回目 
2006 08 26
Sat 12:45:46
プレイ日誌 『東京魔人学園外法帖血風録』1回目です。

何で今頃?と言うツッコミは無しの方向で。

クリア回数は相当の回数に上ります。
※このゲームは、好感度、クリアレベル、習得技の熟練度などが引き継がれます。

そうした背景もあり、かなり有利な状況でプレイできました。

管理人の初期状況

主人公レベル:99
技:全て奥義級まで昇華済&熟練度10
仲間の好感度:女性陣のみ最大(多分MAX)

そんな状態から始めています。
※物語は陰陽編クリア→邪編となっています。
陰陽編はどちらからでも始められます。

さて、始めましょうか!
東京にまつわる、始まりの『龍』の物語を。


プレイ開始:陰編
※クリアデータをロードしたら、前回『陰編』から始めていたようなので^^

陰編第1話 『因果』

概要
江戸市中に鬼が出始めた、慶応2年の春。
雨の降りしきる中、主人公緋勇龍斗は桔梗と名乗る
妖艶な女性に出会うが・・・

プレイ時の印象

物語の因縁。
とある武家、九角家を襲った悲劇。

菩薩眼を持つ女性を匿い、かつ子までなした事による
幕府からの追撃。

そう、菩薩眼とは・・・
『覇者のかたわらに現れ、龍脈を視る力を持ち富と栄光をもたらす』者。

やがて戦いに敗れ、九角家はお家断絶。
歴史の影に消えていくかに思われたが・・・

陽編とのザッピング

江戸に現れた主人公。
甲州街道の道中、茶屋に現れるか山小屋に現れるか。
違いは多分そこだけでしょうね。

山小屋で雨宿りする主人公をおびき出し、
山鬼に襲わせる桔梗。
多分、鬼哭村の近くだったからなのかも。
ちなみに、この山小屋で出会う僧侶。
後に陽編で共に戦うことになる雄慶です。

陽編では、彼らの放った3番隊と戦闘に入ります。

鬼をも恐れぬ主人公の胆力と技のキレに感じ入った桔梗は、
自分たちの集団『鬼道衆』に引き込もうと画策します。

そこで出会った一人の少年。
主人公と良く似た拳技を使い、妙な対抗意識を持つ子。
彼こそは後に剣風帖、双龍変へとその技を伝えていく人物なのでした。
彼は蹴っ飛ばされることに『愛』を感じるらしく・・・
(実際好感度が上がります)

戦闘は至極簡単です。
側面・背面攻撃が有効なので、
出来るだけソレを意識して戦いましょう。

名台詞

『外法ってやつをみせてやろう・・・』

九角カッコイイ(*^-^)ニコニコ

簡単にまとめてますが、追加補足は要望がありましたら
随時。

質問、ご意見はBBSか、コメントにて。


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

東京魔人學園 2007/07/12 12:05:09 ◇ ゆうりのブログ
東京魔人學園東京魔人學園伝奇(とうきょうまじんがくえんでんき)は、1998年6月16日に発売されたプレイステーション用ソフト『東京魔人學園剣風帖』を第一作とする学園伝奇ジュヴナイルゲームシリーズ、およびその世界設定を共有するコミックス・小説・C
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。