スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
となグラ! 第8話 『香月x初音 水泳対決!』 
2006 08 27
Sun 21:15:59
となグラ! 第8話です^^


今回は、姉妹対決ですか。
香月が水泳を始めたきっかけ。
それは大好きな勇治にほめられたから。
好きな事を始めるきっかけ。
『もっとほめて欲しい』とか、『もっと上手になりたい』とか。
そんな小さなことから人を好きになる事も、
得意なことが生まれたりするのかもしれませんね(*^-^)


主観的あらすじ

前回に引き続き重ねて言うと、初音は運動神経抜群である。
それはどんなスポーツにも当てはまる。
だが、香月が姉に匹敵する実力をもつスポーツも存在した。
それは水泳である。幼いころから水泳が得意だった香月は、
中学生時代も学年トップだった。そして高校生になってからも
水泳部に所属し練習に励んでいた香月は、今回ついに、
初音が保持していた校内記録を打ち破ったのだ。
その事実は学校中に広まり、メディア部によって大々的にとり上げられた。
香月は「姉と実際に競争したら絶対にかなわない」と謙遜するが、
メディア部はその「競争」の二文字を逃さなかった。
そして、周りが話を大きくしていき、
しまいには初音と香月の姉妹による水泳対決にまで発展してしまう。
その話に戸惑う香月に対し、初音は楽しそうに、
しかし本気で勝負することを宣言。こうして、戦いの火ぶたは切って落とされた。
その後、香月はちはやと勇治とともに、
対決に備えて新しい水着を買いにデパートへと出かけた。
勇治は香月に対し、色々と水着を勧めるが、
どれも布地の少ないセクシータイプばかり。
当然のように香月は(拳つきで)拒否。
そこで今度は、控えめカットの水着を差し出す勇治。
それは香月の好きな若葉色だった。勇治の選んだ水着を着て、
勇治の前に立つ。幼いころには無かった緊張をおさえ、
香月は勇治に水着姿を披露。
だが、勇治のかけた言葉は「意外と胸が小さいな」であった。
やはり勇治は勇治。香月は、呆れの感情とともに彼を吹っ飛ばした。
しかし、そこで香月は勇治から初めて気づかされる。
香月が着た水着以外のセクシータイプのどれもが、
同じく若葉色だったのである。勇治は香月の好きな色を覚えており、
それを基準に選んでいたのだ。さらにもうひとつ、勇治に気づかされた。
前回の一件もあり、姉には自分たちの世話ばかりではなく、
やりたいことをやってほしいと願っていた香月だが、
そのためにはまず自分が変わらなければならないことに。
姉が水泳にやる気を見せているのなら、こちらも全力で応える。
香月は、朝早くから学校のプールで猛特訓を開始した。
そして水泳対決当日。余裕の表情を見せる初音に対し、
早くも心理的に不利な香月だが、
勇治の(若干不真面目な)応援により、闘志を燃え上がらせる。
そしていよいよスタート直前。
どちらが勝ってもおかしくない、この勝負の行方やいかに!

さて、マトメ感想に。


・きっかけはいつでも小さなことから

学校のプール。
部活中の香月。
バタ足の練習を見てあげているのは、ニーナ。
一生懸命足をばたつかせる彼女を見ながら、香月が思い出したのは・・・

『もうクロール出来る様になったんだ(・∇・)』
『香月ちゃんの泳ぎは世界一だね!』

そんな一言が、今も私の原動力になっている・・・
私が走り始めたのは、貴方の背中に追いつきたかったから。
某『ときめきメモリアル2』的展開ですねこれわ(苦笑)

・放送部の憂鬱?
ありきたりの企画にお悩み中のメディア部。
部長も苦悩する中、1つの出来事が彼らを震撼させるのでした!

『有坂初音の校内記録更新です!』
誰が?
『妹の有坂香月です!』
おし、それだ!
今度の水泳大会、ハイライトの100m自由形マッチレース。
話題はソレで決まりだ!
『で、後はカメラマンだけど・・・』


・奴は『キケンすぎる』

『透ける下着』『わきの下のチラリズム』『開放的な谷間・・・』
夏はそんな季節。・・・なのに、なのにぃ~!

『何で、みんな”ベスト”着てるんじゃぁ~ヾ(`◇´)ノ彡☆』
激怒の勇治。
いや普通だれもそんなこと思わないというか、考えるとすれば・・・
まあ、好みは人それぞれってことで(苦笑)

『そうだ、どうせならスク水で登校すればいいんだ!』
なんじゃそれは(≧∀≦)ノギャハハハハ

えっとそれって・・・

4『お兄ちゃん・・・』 とか

5『そんなに視ないで・・・』とか

9とか←これはイキスギ^^;

で、いいのかな?

と言うか・・・勇治君『バ○?』


・本気モード

tihaya『聞いたで、初音さんの記録破ったんやって?』
mizugi『そんな大したことじゃ・・・』

でも、あの姉にしてこの妹あり。
元々のスペックは高いのではないでしょうか。
ある1部分を除けば、ね(*^-^)

mizugi『それに偶然タイムが良かっただけだし』
本人としては、今ひとつ納得の行かない部分もあるみたいで。
周りが勝手に盛り上げているだけで。
ファンクラブは『感激ッす!!』なんて”どんどんぱふぱふ~♪”だし。
それに・・・
mizugi『?』

パシャパシャ・・・

mizugi『ちょっと勇治まで何なのよぅ!』

コ・レ。

『カ・メ・ラ・マ・ン(*゚∀゚)=3』
もうどうにも止まらない姉妹対決の機運。
さらに初音さんが火に油注いでるし^^

hatune『しばらく一緒に泳いでなかったし、ワタシは良いわよ( ̄ー ̄)』

パシャパシャ・・・

mizugi『ちょっと勇治やめてって・・・・』

mizugi・・・・ヽ(*`Д´)ノ

mizugi『ど・こ、撮ってるのよぅ凸(`△´#)』

marie『任務了解。排除開始』
ぱららら・・・・

でもちょうど良いきっかけなのかも。
『変わるという事』、そして『変えていくということ』
まずは動かない事には変わらない。
それは香月と初音さんの間でも、きっと同じな話で。
勇治も言ってましたしね。

『いいじゃねえか、泳ぐの楽しめば』
そう、それでいいんですよきっと。


・すく水愛好会ってなに?

そんなこともあり、早速水着を選びに来た香月たち。

mizugi『コレ良さそう』
競泳用の高機能型水着に興味を示す香月。
アスリートとしては、別に不思議でもないんですけど・・・

某一部の方には不評だったみたいで。
『すく水愛好会としてはぁ~。・゚・(ノД`)・゚・。』

ぜひビキニとかオーイエー!!
(あの・・・OH,yeah!なんて今頃言うのでしょうか^^)

そんな香月たちを余所に、初音さんは着々と水着を決定。
着替え中のガードはまりえちゃんに。
marie『それ、機能性高いです』
確かに似合ってますけれど・・・
どうみても『レースクイーン』にしか見えないのは、目がおかしいのかな?

その後もとなグラ!らしい水着選びが続き・・・
ビキニをベースに選んでいくのは良いとして。
だんだん『布地』が少なくなっていくのは・・・(*゚∀゚)=3
まあ、それが”健全なオトコノコ”でしょう普通。
”まにあ”に走るのは、まだ早いですしね(コラ)
紐ぱんはやりすぎですけど(苦笑)

mizugi『ちゃんと真面目に選んでよもう!』

じゃ、これなんかどうだ?
ごく普通の若葉色のセパレーツ。

mizugi『適当に選んでない?』
軽く憎まれ口をたたきながらも、いそいそと試着する香月。
mizugi(勇治、似合ってるとか、カワイイとか言ってくれるかな("▽"*) )
そんな事を考えながら、試着を終え、お披露目をしたはいいものの。

『同じ姉妹なのに、なんで”そこ”だけサイズ違うかな?』
あーあ、馬鹿ですねぇ(苦笑)
ここは”褒める”ところでしょ普通^^

mizugi『水着選んどいて、そんなとこしか視てないの!』
mizugi『どうしてカワイイよ、とか似合ってるとかイッテクレナイノ!!』
うん、香月さんGoodです。
そうそう、鈍感な誰かさんには
そのぐらいでちょうど良いのではないでしょうか。

とはいえ、勇治君も心底鈍感な訳でもなく。
『お前、若葉色とか好きだっただろ・・・だから』
そうした系統の色で、水着選んでたんだけどな。
mizugi(そうだったんだ・・・("▽"*)  )
あっという間にご機嫌な香月さん。
良いですね、こうしたお年頃の感情の揺れ動き。
色々ビミョーな時期ですよね、高校時代って(すでに遠い目)

hatune『汚れてしまった、と感じた時それを感じるのよ・・・』
(管理人の心のつぶやき)
あれ?誰かこんな台詞言っていたような気も。


・きっとこれはチャンスなんだぜ

初音さんはトレーニングに励み、
香月は一人悩み中。
姉妹で対決なんて今までになかったこと。
ふと視線を上げれば、そこには30センチの距離のベランダ。
mizugi(あいつに聞いてみようかな・・・)
まるで声が届いたように、窓が開き・・・

『覗くなよ(*^-^)』
『そ、そんなことしてないわよ!』

あのね勇治・・・

mizugi『やっぱり姉妹で争うなんてオカシイと思うの』
それに、単なる話題づくりでしょこれって。

『でもな香月・・・』
お前、前に言ったろ。
『(初音さんも)したいことをしたら良いって』
今のままだったら、初音さんもやりたいこと出来ないんじゃないか?
だからさ。

『これは逆にチャンスなんじゃないか?』
お前にとっても。
『自分で出来るようにって』
そっか、変わらなきゃいけないのは私なんだ。
私が変われば、自然お姉ちゃんだって、勇治だって変わっていくはず。
なら、私も負けるわけにはいかない!


・振り向けばいつもそこに

大会当日。
がちがちに緊張する香月を余所に、余裕たっぷりの初音さん。

hatune『実力の差を見せ付けて・・・勝ちますわ(*^-^)』

mizugi『えっとその・・・頑張ります。・゚・(ノД`)・゚・。』

心理戦は初音さんに有利。
しかも周りは『初音!初音!』一色。
完璧なアウェーでの戦い。
そんな香月に気がついた勇治、ふと思いついたようです。

marie『ちはやさん、耳を塞いでください』
以心伝心、まりえちゃんも気がついていたようで。

『お前が本気出せば勝てんだよ!』

『負けたら全○・・・ぐはっ!』

mizugi『言われなくても勝つわよヽ(`Д´)ノ』

hatune(あらあら、心理戦失敗かしら・・・これは本気でかからないと)

始まる競技。
mizugi(勝ちたい・・・勝って変わりたい・・・!)
ほんの少しの思いの差でしょうか、勝ったのは香月でした。

hatune『あのままプレッシャーかけてたら、お姉ちゃんの勝ちだったのに・・・』
でも、まあいいわ(*^-^)
そんな風にも見えましたね。

mizugi『でもお姉ちゃんがそこまでして勝とうだなんて・・』

何言ってんだ。お前、昔から泳ぎ得意だったじゃねえか。
小さい頃から一緒に泳いでてさ。

mizugi(覚えててくれたんだ・・・(*^-^) )
でもね、勇治。

mizugi(私、勇治がほめてくれたから、水泳始めたんだよ・・・)

お、綺麗に落ちが付いたかな・・・と思ったら。
勇治の懐から滑り落ちる写真。
中身は言うまでもなく、『むふふ(*゚∀゚)=3写真』ばかりでした(爆笑)

mizugi『もう!私先に帰る!!』
むくれる香月さん。

でも、そんな写真の中に1枚のベストショットが。
競技を終え、プールから上がる香月を捉えた1枚。
とても自然体に映っていた1枚。
視るべき所はきちんと押さえていたようですね^^

物語も中盤を迎え、まとまりが良くなってきた感じがしますね。
といっても、次回はまた波乱含みみたいですけれど・・・
タノシミですね。

今回は勇治のたっての希望もあり、
『すく水アイコン』をお借りしています^^


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







参照りんく
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1479129
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=ff310d480c
http://telanim.blog58.fc2.com/tb.php/46-82a38a1c
http://nekonii.blog3.fc2.com/tb.php/531-86ba3a93
http://fumablogversion.blog57.fc2.com/tb.php/63-b83ab7ff
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=5e2bb931f3
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/fde4cccc975edef10435c425f8cf5e4e/94
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11647556
http://blog.seesaa.jp/tb/22936308
スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

【となグラ!】香月×初音 水泳対決! 2006/08/27 23:52:21 ◇ ABSアニメ放送局-Anime Broadcasting System-
水泳大会・・・先週からwktkして待っていました。スク水、スク水、スク水・・・
となグラ! 第8話「香月×初音 水泳対決!」 2006/08/28 00:00:38 ◇ 移り気な実況民の日々
 前回からOPのパンツの柄が変わってるなんて聞いてないよー。
となグラ! 第8話「香月x初音 水泳対決!」 2006/08/28 01:42:30 ◇ ねこにこばん
諸君.私は好きだ.水着回が大好きだ!
となグラ! 第8話 「初音さんが泳ぐの速いというのはどー考えてもおかしい」の巻 2006/08/28 08:07:30 ◇ ふろむ かーねぎー
今回は香月×初音の水泳対決ですよ~!!期待いっぱい、夢いっぱい!ここはくつろぎ別世界!!
となグラ! 第8話「香月×初音 水泳対決!」 2006/08/28 14:24:46 ◇ 恋華(れんか)
となグラ! 第8話「香月×初音 水泳対決!」香月ちゃんが、成長していくお話し?
となグラ!#8「香月×初音水泳対決!!」 2006/08/28 22:48:01 ◇ ■■テラニム日記2■■
いまいちよくワカラナイといえばワカラナイ……そんな回だった。香月と初音の関係と、香月と勇治の関係の2つがあって、やや焦点がブレてたんじゃないかと思う。 初音さんは実は負けず嫌い?香
となグラ! 2006/08/28 23:45:08 ◇ まるとんとんの部屋
「香月×初音 水泳対決!!」 いいよっ!最高だねっ!もぉぉぉ~「初音さん」がいい味だしてます!最強のお姉さんではないかと!まぁ~「香月」のお母さんでも通用するかもしれませんが・・・! それにしてもここの高校
となグラ! 「香月 vs 初音 水泳対決!」 2006/08/29 00:33:35 ◇ ゼロから
独りで、Hな妄想の神楽勇治。水着で登校すれで、雨がふても大丈夫などと考えているよ。
■となグラ! 第8話「香月×初音水泳対決!」 2006/08/29 17:39:32 ◇ ゆかねカムパニー2
 いつもは仲良しさんな姉妹二人、たまには本気でぶつかってみるのもいいかも。  なんてね。  おねーちゃんには敵わないって言いつつ、香月はあんまり初音への引け目と
となグラ! 第8話「香月×初音 水泳対決!」 2006/08/29 21:09:50 ◇ 二千万パワーズ
二次元の水着少女は激しくすばらすぃ~(´д`*) 前々から思ってたことだけど改めて思ったね。 わかば色の水着がとても似合ってますよ、香月さん。 グラビアアイドルの水着なんて見ても不感症と思われるぐらい何とも思わないけどやっぱり二次元は全然違うね。 格が違う!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。