FC2ブログ
xxxHOLiC 第20話 『アガナイ』 
2006 09 01
Fri 02:14:45
xxxHOLiC 第20話です。

2週間ぶり、と言うことになりますね。
放送の間があった期間で、原作を読む機会が出来ました。
原作エピソードも怖かったですけれど。
アニメ版は『もっと怖かった(( ;゚д゚))アワワワワ


人のは、

それに見合うものでしか支払えないという事ですか。

目には目を、歯には歯を。

やってしまった行いへの等価交換と言うことなんでしょうね・・・
非常に重い話でもありましたが、内容は良かったと思います。

で、百合さんがまさか・・・hikariの中の人だったとは。
某『ときメモ2』プレイヤーとしては、
2重Σ(´Д`lll)ガーン だった気も^^;

主観的あらすじ

侑子の店に訪ねてきた百合という女性は、
ヒモで縛られた異様な感じの封筒を取り出す。
侑子はそれを預かると言うが、
どうしたいかは百合自身が決めなければ行けないと告げる。
封筒の中身が気になる四月一日は
中を見て見ると、
そこには女性の後ろ姿が写った写真が入っているだけで…。


ki『ソレガ・・・アノヒトノネガイナラ』


さて、まとめ感想に。


・バレンタインデー・キッス♪

生チョコ湯煎中のキミヒロ君。

どうやら作るのは、フォンダンショコラみたいですけれど(*^-^)

yuko『完成ね(*^-^)』

watanuki『まだっスヨ!』

大体湯煎が終わったばっかじゃないすか(♯`з´)/ガミガミ

それからそこ!!

mokona『ふっふっふぅ~ヽ(´▽`)ノ』
さっ!

mokona『・・・ちっ(ー'`ー;)』

watanuki全く大人しく待てないのかよ、この”黒マンジュウ”は!
言うに事欠いてなんて事を、キミヒロ君(`皿´)!

しかしモコナもあきらめた訳ではなく・・・

mokona『そ~っと・・・そ~っと・・・イマダ!』
ささっ!!

全く油断も隙もありゃしない・・・
marumoroは『完成だ(*^-^)』って騒いでるし(ー'`ー;)
俺の平和はいつになったら訪れるんだ・・・

次々と表れる不満。

大体俺が何でケーキなんか作らにゃならんのだ。
yuko『それはねワタヌキ・・・』

バレンタインだからよ( ̄ー ̄)
だから、作らせて”あげてる”のよ。

watanuki『普通、チョコ作るのって女の人じゃないんすか!!』

yuko『フツウって何?』
何の意味があるの?
人様に迷惑をかけない、と言う意味でなら・・・
yuko『世間様のフツウとしても問題はないわね( ̄ー ̄)』
2週間たっても侑子さんの理不尽ぶりは健在で。

watanuki『この寒空に、しかも夜中で』
チョコ食べたいからって買出しに行かされて。
その上ケーキ作ってるwatanukiには当てはまらないんすか!
その”メイワク”ってのはぁ!!

(o≧д≦)ノギャハハハハ!!

『ワタヌキ怒ったぁ~(*^-^)』
しかも笑われてるし^^

でもキミヒロ君も、そんな中である事を思いついたみたいで。
watanuki『別に男の人から贈っても問題はないんだよな・・・』
※欧米では何か贈る場合は、男の人から女の人へ
贈るのが普通だそうです。

そこへ尋ねてきた一人のお客さん。
運命の歯車が回り始めたようです・・・


・耐えられない痛み

『どんな用件で・・・』

『ここへ来れば、なんとかしてくれるって!!』
半ば半狂乱の様相でキミヒロ君に迫る女性。
ここならどんな願いも叶えてくれるって!
『支払えるものなら何でも支払いますから・・』
どうか・・・お願い・・・

かなり鬼気迫る表情に、気圧されるキミヒロ君。
『店主は私よ・・・』
侑子さんの表情もまた、
先ほどのオチャラケ振りとは打って変わっており・・・

yuko『貴女がココに入れたということは』
必要があったから。
願いをかなえるには、対価が必要だけれど。

『まず先に、何をして欲しいのか話してもらえるかしら?』

女性が取り出したのは、厳重にくるまれた封筒。
(やばいものなのか?)
側で見ていたキミヒロ君も、緊張の度合いを高めていき・・・

『預かりましょう』
それからどうするかは。
アナタガ、キメルコトダカラ。

・びびりワタヌキ?(大きなお世話だby)

yuko『美味し』
フォンダンショコラに舌鼓の侑子さん。
ところがキミヒロ君は、さっきから引きまくり。

yuko『えらく引いてるけど、これが気になるの?』
まあ、確かに珍しいものではあるけれど。

言いながら、くるくると封印をとき始める侑子さん。
watanuki『あ、開けていいんすか!』
それ、封印の紐なんじゃ!

『これはただの紐』
と言うか、ワタヌキ怖いの?

はらりと落ちたのは、1枚の写真。
てっきり心霊写真だと思ったのですが・・・
中はごくフツウの写真でした。

1人の背を向けた女性が映っているだけで。

watanuki『ただの写真じゃないですか?』

そう、思うの?
でも、ビビッテたじゃない(*^-^)クスクス

『じゃ封筒が・・・』
となれば、mokonaの出番で(苦笑)
やおら封筒を持ち・・キミヒロ君に向かってダイブ!

watanuki『ぁqw背drfgthyじゅいこlp;@!!』

あれ?なんともない。
『じゃ、やっぱりこの写真が?』


・オンナノコは時に残酷で?

himawari『フシギね(*^-^)』

himawari『その写真って侑子さんのミセにあるの?』

学校でひまわりちゃんにケーキを振舞うキミヒロ君。
『写真立てにいれてるけど』
何も無いといいんだけど・・・っておいーっ!!

手にしていたコーヒーが消えて・・・
domeki『ふむ』

watanuki『人のコーヒー飲むな!!』
百目鬼のクセに!

himawari『百目鬼君荷物一杯だね(*^-^)』

ちくしょう、何でこんな奴がモテルンダ・・・
百目鬼のクセに。・゚・(ノД`)・゚・。

いやキミヒロ君もモテモテだと思うんですけどね^^
マルモロとか、座敷童とか、おでん屋の子供に管狐。

『あ゛、全部””じゃない』

しかも折角のケーキは哀れ百目鬼に食われてるし(爆笑)

watanuki『何してくれてんだ!吐き出せコノヤロ!』
それはバレンタインにひまわりちゃんにぃ~。・゚・(ノД`)・゚・。

domeki『食っちゃマズイのか?』
お前は”不味い”ものを作るのか?

watanuki不味いもんなんか作るか、でもマズイんだよ
食っちまったらお前が!!』

ほとんど漫才ですねこうなると(笑)
とどめはひまわりちゃんの『空気読まない一言
(実は分かってて言ってるのか?)

himawari『二人とも仲良いね(*^-^)ニコニコ』

まあ、とにかく頑張れキミヒロ君。


・終わりの始まり

チョコは百目鬼に食べられたものの、
キチンとひまわりちゃんからもチョコをもらえてご機嫌のキミヒロ君。

上機嫌でミセに入ると・・

marumoro『ぬし様お風呂~♪』
マルモロコンビにお出迎え。
今日はビールか・・・
でも俺が上機嫌だから、夕食のお酒も少し大目にみるか。

marumoro『ワタヌキしっかりもの~(*^-^)』
ほのぼのとした会話。

しかし、確実に終わりの足音は近づいていて。

座敷に飾られた写真を見やるキミヒロ君。

watanuki『なんとも・・・ないよな』

・・・・



『やっぱり、なんか違う・・』

湧き出した疑問を掃うには、確かめてみるしかない訳で。
恐る恐る写真立てに近づくと・・・

そのスタンドが溶け始めるのでした。

とろり、とろとろ・・・・

yuko『動いちゃったわね。』
封印代わりに入れておいたのに、ダメだったのね。
全く気落ちしていない台詞。

気がつけば、後ろに侑子さんが。
そして、写真の女性も。
最初は背を向けていたのに。
次第にこちらを向き始めて・・・
やがて、その姿を見せる彼女。
微笑んでいる顔からは、何かを読み取る、
と言うようなものはなかったのですが・・・

watanuki『これ、何です?』
霊がついているとかなら、燃やすなり破くなりあるんでしょうけれど。

だったとして、燃やして、そして破いてどうなるの?
何にもならないし、それに・・・
yuko『決めるのはホンニンよ』


・過去の清算と対価の支払い


『・・・!!』
その言葉どおり、彼女が現れました。

yuko『見ての通りよ』
封印を施してもご覧の通り。
よっぽど見せたいものが”あるんでしょうね”

yuko『で、”どうしたいの”?』

『私はっっっ』

再び動き出す写真。

もう一人、女性が現れ・・・
あれ?百合さん?
なにやら会話を交した後・・・カメラ?
そっか、写真の女性を撮影するの、か・・・な?

『見ないで!』
覆いかぶさるように、写真を隠してしまう彼女。

yuko『隠したいけど、怖くてそのままに出来なかった』
だってそれは・・・

アナタノカコダモノ。

写真はね、絵のように書き手の主観も感情も交えずに、
ただそこにあるものを写すだけ。
もちろん。

『見たくないもの、もね・・・』
その言葉どおりに、過去を再現し始める写真。
女性がカメラを手放し・・・そして・・・
フレームから消えていく彼女。

もしかして・・・*した?

『違う、アレは事故で!』
だったら、どうして泣いてるの?

yuko『それから、貴女はドウシタイノ?』


・・・・ケシテ。
うめくようにつぶやく彼女。

『この世から消して!』

yuko『対価が必要よ』

『何でもしますから、消して!!』
もうほとんど理性のない言葉で叫ぶ女性。

なんでもする、なんて軽々しく言うものではないけど、いいわ。
『アナタノノゾミ、カナエマショウ?』
さらさらと消えていく写真。
その最後に残った部分に写された、百合さんの表情は・・・
般若の様相を呈していました。

そして、ふとその目がキミヒロ君のチョコを捕らえた時・・・
『いつもそうだった』
あの娘はいつも人のものばかりとって。
私があの人のこと好きだって知っていて、それでもチョコを渡して。
そうやって私を都合のいいように使って。
だから・・・・

『写真は消えたわ』
唐突に告げる侑子さん。

もう二度と映らないわ、貴女がある事を守りさえすれば。
『そ、れは・・・?』

”ナニニモウツラナイコト”
もし映ったら、その時は。
また彼女は貴女にアレを見せるでしょうね・・・

『そんなっ!』
なんでもするって言ったのは貴女よ。

yukoアナタガ、ソウキメタノヨ

支払われた対価はとてつもなく重いものでした。
これから先の一生、
『映らない』ように生きていくなど到底不可能に近い事。
出来るとすれば、侑子さんも言いましたが
『一生外に出ず、誰とも会わない』ことが出来れば可能かも。

それが対価だから。

イノチの重さに釣り合う、対価だから。

ちょっと考えてしまったお話でしたね・・・
ある意味xxxHOLiCらしいお話といえば、そうなのかも。
ほのぼのしたやりとりと、
シリアスな本題の対比が際立っていたような感じもしました。
次回は迷信がらみのお話ですか。

タノシミですね^^

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)






9/5より3ヶ月の期間限定で
ランキング参加中です(試験運用ですね^^)
面白かったと思われたら・・・

banaこちらも”ポチっとな”と(*^-^)クスクス


参照りんく
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1482187
http://ariori.blog64.fc2.com/tb.php/307-7a2d4a8f
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11722175
http://angelnotes.blog46.fc2.com/tb.php/533-ac15c8ec
http://yuukansimin.blog7.fc2.com/tb.php/571-0c0ce589
http://ap.bblog.biglobe.ne.jp/ap/tb.do?newsid=a1b17619b7
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/tb.php/402-fc07f500
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/495-583c2240
http://ameblo.jp/servlet/TBInterface/10016531912/758463fe
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1511306
スポンサーサイト



Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

xxxHOLIC 「アガナイ」 2006/09/01 06:38:47 ◇ ゼロから
久しぶりの「xxxHOLIC」なので、ストーリーについて行けません。間が空くのは、良くありませんね。
アニメ xxxホリック 2006/09/02 00:37:55 ◇ アーリオオーリオ ドゥーエ
「アガナイ」お休み続きで久々のホリック!このドヨーンとした空気が心地よい。今週はまた笑うせえるすまん的な話でして。怪奇!動く心霊写真ま、いつものパターンね。人を殺した対価なんて計り知れない
xxxHOLiC 第20話 「アガナイ」 2006/09/02 14:48:23 ◇ angel notes.
かなり久々なホリック。全24話ぐらいでまとめるのでしょうかね。久々な割に本来のホリックと言うべきか、シリアスなネタ。毎回この流れだと辛いのですが、ネタ回が多いからかこういう真面目な話が時々入った時に
xxxHOLiC #20 「アガナイ」 2006/09/02 14:56:11 ◇ マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
侑子さんのミセにやってきた女性・・・(今回の設定はバレンタインデー!?) ↓ ↓
xxxHOLiC 第20話 「アガナイ」 2006/09/02 17:52:25 ◇ PEN:PENの雲外蒼天
普通って何?大多数と一緒ってこと?それって何の意味があるの?誰にも迷惑かけないなら、世間様の言うところの普通じゃないって選択に問題なんてないわ。でたー大人のへりくつ。どんなに憎しみの込もる人がいても、たとえ、その人を殺しても、けして楽にはならず、さらに苦
xxxHOLiC 第20話 2006/09/03 02:09:28 ◇ LUNE BLOG
なんでもします、なんてコトバは軽々しく言ってはいけません。侑子さんの前でなら尚更です・・・。
×××HOLiC 2006/09/03 11:24:35 ◇ まるとんとんの部屋
「アガナイ」  いゃぁぁぁ~今回も怖い話でした!ここの所比較的和やかな雰囲気だったのでのんびり見てたのですが、怖いですねぇぇぇ~結局人殺しな訳で再び自分が映ると同じ事が起きると・・・自業自得なんだから仕
xxxHOLiC ~ホリック~ 第20話 「アガナイ」 2006/09/06 03:59:48 ◇ 螺旋階段
■xxxHOLiC ~ホリック~ 第20話 「アガナイ」  四月一日が怪しい顔して何か作ってるかと思えば、チョコレートケーキ作成中(苦笑)たしか原作では、この話で座敷童登場だったかな?だいぶ話変わってますけどね(ノ∀`)   毒牙一発!(違)迷惑がりつつも作
xxxHOLIC第二十\話「アガナイ」 2006/10/20 18:14:44 ◇ kasumidokiの日記
アニメxxxholic20回目感想です。これ関西では放送日9/16だったんですよねー。それで私、パソ\コン壊れたのが9月の4週目だから…、多分この回は書いた感想、消えちゃった回なんだと思います。もう1回書いてみよう。かなり色々忘れてるけど。