FC2ブログ
陰からマモル! 第10話 
2006 03 19
Sun 09:51:28
陰からマモル! 第10話です^^


今回はホタルの活躍、『切ないなあ』、
そして・・・愛里のタナボタによるオチが中心のお話でした。
しかし、自分の注目は・・・
『耳乃介カワイイよ耳乃介』でした(笑)
それから・・・


オーイ、スタッフさん!!
何で今回は楽しみにしている『あの台詞』がないんですか!!
こらー(苦笑)


全体的にオチのキレが無いような感じもしましたが、
ゆうなを真摯に守ろうとするマモル君、
ホタル達の健気さはとてもシンプルで分かりやすい感じがします。
見ていてアレコレ考えずに済むアニメとしては
本当に久しぶりだったので、
次週で終了してしまうのは残念なのですが・・・


長文あらすじ感想はコチラから。
※長いので、今後のアニメ感想はこうした形式で載せることにします。
見出しに全体のマトメを。
『続きを読む』クリックで『あらすじ感想』を読めるようにした方が
良いかなとも思ったので。
あらすじ感想を読みたい方だけ『続きを読む』をクリックしてください。
それでは、恒例となっている”アレ”から。


『陰守伴蔵よ・・・』


御前の目の前に並べられている”素晴らしい”コンニャクの数々。


『この”すばらしい”コンニャクを余の代で終わらせるなど絶対にあってはならぬ。』
『そこで、コンニャク作りの達人、紺若五郎兵衛を未来永劫守ってはくれまいか。』


『御意。』


・・・・。


ゆうな=おトイレの法則と並び、もはや陰からマモル!を語る上で外せない気が(笑)



さて、本編に。


『え、ほ・・・、や、ほ・・・』
何やら庭で穴掘り作業に精を出すゆうな。
それを見守る愛里。
『ゆうな、何してんだ?』
マモル君が愛里に尋ねます。


『埋蔵金探してんのよ(-ωー)フウ』
埋蔵金?何じゃソリャ?のマモル君。
手にしていた新聞を見せる愛里。
『徳川埋蔵金』と見出しの付いた記事がありました。
山梨のとある田舎のごみ捨て用の穴から見つかったと言う内容。
『たかが時価10億円だけどね( ̄ー ̄)』
タカガッテ・・・アイリサン・・・
もしや貴女の家は国家予算なみの資産があるんですか(苦笑)


でね、小鐘井市にもそうした話があるの、と言う愛里。
『もしかしてその話、ゆうなにもしたのか?』
モチロンよ(*^-^)と言う愛里。
『だってゆうなったら目をキラキラさせて・・・』
『私も探してみよっかな~ヽ(*⌒∇⌒*)ノ゛』って言うから。
ゆうなのお面を被り、声色を真似る愛里。
さすがは”ゆうな”フリーク。
ゆうなグッズはいつでも取り出せる、と言う事ですか。


そんな会話を尻目に、ひたすら穴を掘るゆうな。
ッテユウナサン・・・
普通、”制服姿”で穴は掘らないでしょ(苦笑)
しかもスコップ一本で(笑)


普通、そんな簡単に見つかる訳ないとゆうなをたしなめるマモル君。
返ってきたゆうなの答えは・・・
『あ、マモく~んヽ(*´∀`)ノ』
見て見て、スゴイでしょ( ̄+ー ̄)エッヘン
『これだけ穴を掘ったんだよ。』
でも・・・
『何で穴掘ってたんだっけ?』
オーイ!!それわないでしょ、ゆうなさん(苦笑)
過程に没頭して目的を忘れるって奴ですか。


改めてゆうなに話をするマモル君ですが、
なにやら怪しげな扉を見つけてしまいます。
とりあえず、取っ手を引っ張ってみたものの・・・
折れちゃいました(笑)
その後、どうにか扉を開けると、中はイカニモ・・・な通路が。
『もしかして本当に隠し通路!?』
期待感を膨らませるゆうな。
『だったとしても、絶対一人で入ろうなんてするなよ。』
『明日、市役所に連絡して調査してもらおうか。』
あくまでもゆうなの心配をするマモル君。
『大丈夫だよ、私一人で入る勇気なんてないもん♪』
とっても素直なゆうな。
いやまあ、確かにソウなんでしょうけど・・・
貴女には、『おトイレ』と言う最大最凶の"鬼門"がある訳ですし^^;
貴女にその気が無くても、貴女が『おトイレ』と言い出せば、
絶対”何か”ある訳ですし(笑)


その夜。
自室で取っ手を眺めるマモル君。
何気なしにツツイタところ・・・
表面の汚れが取れ、金の輝きが露になります。
(まさか、本当に?)
どうやら、信憑性が高くなってきたようです。
と、なれば・・・
『ピ、ポパ・・・』
携帯を取り出し、ニュースソースに確認をとるだけ。
『もひもひ・・・』
『アホル?何よこんな夜中に(-_-#)』
『ツマンナイ用事だったら承知しないわよ(`ε´ )』
『ソレを踏まえて重要だと判断したら話しなさい(〃*`Д´)』
マシンガンのようにまくし立てる愛里。


『うるせー(*`д´)σ=σ!!』
思わず窓から携帯を放り出すマモル君(笑)
・・・もちろん鍵縄を引っ掛けて回収したのはイウマデモナク。
多分、今日も愛里は日記に書くのでしょう。
『今日もつまらない事でケンカをしてしまった。』
『あいつにツマラナイ事を言ったのが原因だ。』
『このままでは何時までたっても関係は進展しない』とかね(苦笑)


ニュースソースについて、詳しく説明を聞くマモル君。
『社会の授業なんだけど・・・』
ホリヤマ先生が雑談で話してくれたの。
『でも私、200%授業に集中しているから雑談はホトンド耳に入らないの』
嘘付け、居眠りしてたんだろと心の中で突っ込むマモル君。
で、この話なら椿っちの方が詳しいはずと愛里。
『先生は椿っちのクラスの担任だから。』


その頃、話題に上った椿の道場では・・・
『ふう。』
湯上りの髪を撫で付ける椿。
今回は非常に女の子らしいですね^^
コレが『モエ』とかいう奴なんでしょうか。


窓を開け、月を見上げる椿。
『陰守・・・』
あやつも今頃同じ月を見ているのだろうか。
何かミョーに『おセンチ』ですね、今日の椿は。
月を見上げて想うのは、想い人の事ばかりですか。


『・・・呼んだか。』
屋根からヒョッコリ顔を出すマモル君。
『☆○×凹凸※~$б㊥~!!』
月夜にキラメク『斬瀬羅満狗剣』。
その後・・・
イキナリ斬り付けるなんて、と文句を言うマモル君。
あんな所から現れるほうが悪いと椿。
それはどっちもドッチでは?
シカシ。。。
さすがはマモル君ですね。
片方の袖を切られただけで済ませるとは。
(しかもセロテープで応急処置をしてあったのは吹き出しました)


勧められたお茶を飲みながら、椿に事情を説明するマモル君。
『それはな・・・』
戦国時代の昔、ここ小鐘井市には
『清大菜明呂之介(きよだいなめいろのすけ)』と言う武将がいたとの事。
財を蓄えたは良いが、時は戦国。
よって、地下に隠し財産として残したと言う話だ。とくくる椿
その方法が『巨大迷路』。
ってそのまんまジャン!!
さらに彼はそれだけでなく、財宝の番人を置いたとの事。
『地底怪獣もぐらす』
あのねえ・・・いくらベタとは言っても
ウ○トラマンじゃないんだから(苦笑)
怪獣の件はともかく、財宝についての裏が取れたと判じたマモル君、
お礼を言うと、さっさと椿の家から退散してしまいます。


『あ、あの陰守、もう一杯お茶はどう・・・イナイ(´;ω;`)』
『切ないなあ』と溜息混じりにつぶやく椿なのでした。
良いムシュメさん1号なんですけどね・・・。


翌日。
ゆうながいない、と知らせを受けるマモル君。
ゆうなママからの話によると、昨夜懐中電灯を持って出たまま
戻って来ていないとのこと。
ソレヨリモ・・・ユウナママサンノスガオガキニナル・・・
もしや、と通路を覗いたマモル君。
予想通り、痕跡はありました。
落ちている懐中電灯に、『ばななプリント』のスリッパが片方。
(アイツ、一人で行くなって言っておいたのに・・・)
ぶる丸を呼ぶマモル君。
『重大な事態だ。お前の鼻・・・うわ( ̄▽ ̄;)』
『ぶしゅん!!』
鼻水を垂らしてしまうぶる丸。
この画像はナカナカ可愛らしかったですね(笑)
どうも風邪を引いていたみたいです^^;
『と、なればもう一度アイツの力を借りるか・・・』


山芽の自宅。
マモル君の来訪に大喜びの山芽。
『わざわざ来てくれるなんて(*^-^)』
『もしかして・・・愛の告白ヾ(≧∇≦)ノ"?』
ハジマリマシタヨ、ボウソウガ・・・
イキナリ"ぷろぽーず"なんて、私良いお嫁さんになるからね、マモル兄ちゃん^^
『え゛。』
用があったのは、耳乃介にでした(爆笑)
『重大事態だ、お前の鼻を・・・っておわ( ̄▽ ̄;)』
『クチュン!』
こちらもコチラでお風邪を召していたようです。


となれば、他に頼れる当ては一人だけ。
『ホタル~』
彼女のアパートを訪れるマモル君。
何とホタルは造花内職の真っ最中!
これには吹き出しました。
今時、こんなシチュエーションは無いでしょう(笑)
いつの時代のコメディですかそれわ^^
本当に苦労してたんだ、と感心するマモル君。
『少しでもマモルさんの側にいられれば苦労なんてありませんヾ(*≧∇≦)〃キャ』
一途なホタル。
こちらも、良いムシュメさん2号でしたね^^
残念ながら、忍び動物は連れてきていないと言うホタル。
その代わり・・・
『甲賀流秘術、神声術』を使いますと言います。
これは勘働きを強化する術との事。
早速マモル君に術を施し、効果の程を確かめるホタル。
効果は抜群でした。
目をつぶっていても、立てた指の本数を正確に言い当てるマモル君。
『今、マモルさんは目をつぶっている。トイウコトハ・・・』
顔を真っ赤にしながら、狙いはマモル君の唇へ!!
『ん~( ̄3 ̄)』
当然、勘働きを強化されたマモル君、良からぬ?気配に
パッと目を開けて(爆笑)
ホタルの目論見は見事に撃破されるのでした^^;


その後、地下通路に侵入した二人。
一方、この展開で残る二人が黙って見過ごすはずもなく・・・
マモル君の家にやって来た椿と山芽。
マモル母からゆうなの家にホタルと"二人きり"で出かけたと知るや、
『おのれ、雲隠ホタルぅ~ゥォー!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ ウォー!』
大激怒の山芽(爆笑)
吹き出したのはBGMもそうでした。
8話で愛里の発進シーケンスにも使われたBGM。
結構バカっぽくて好きだったんですよね、アレ(笑)


地下通路を進むマモル君とホタル。
勘働きに従い、左、右と通路を進み、見事?隠し財宝を発見!
って目的が違うっての(苦笑)
目的は『財宝』ではなくて『ゆうな』なんですから。
デモ・・・『神声術』ってスゴイデスネ。
ちゃんと財宝まで探り当てるんですから^^


そこへ現れた謎の物体!
鎧具足に身を固めた彼らは・・・モグラ!?
『地底怪獣 もぐらす』
だ、そうです(脱力)
見た目可愛らしくて好みなんですけどね^^


暗闇で戦うのは不利と、一時撤退を図る二人ですが
何故か袋小路に追い込まれてしまいます。
『さっきと同じように勘に従ったのに!!』
焦るマモル君。
『あの、マモルさん・・・』
今日、私が食べた朝ごはんはご飯ですか、パン食ですか?と
いきなり場違いな質問を振るホタル。
『えっと・・・ごはん?』
『違います、今日は・・・"パンの耳"でしたq(*´`*)p』
”もじもじ”しながら答えるホタル。
何か、本当に苦労してたんですね・・・彼女は。
健気さもココまで来ると立派です(笑)


とは言え、勘が働かなかったという事は術の効果が切れてしまった訳で。
周囲をもぐらすに囲まれピンチの二人。
しかし、コレをチャンスと見たのでしょうか、
ホタルさんがまたまたヤッテくれました(笑)
『あぁん、こわぁい~(*/∇\*)』
ここぞとばかりにマモル君に抱きつくホタル。
『いやーあれーこーわーいー(*>∀<*)』
コラコラ・・・
抱きつかれた拍子に懐中電灯の明りも消えてしまい、辺りは暗闇に。
これはホタルにとって、さらなるチャンス到来!!
『マモルさん(/^-^(^ ^*)/ イチャイチャ』
何をシテルンダ貴女わぁ!!
しかも・・・
”むにゅ”って一体・・・


と、来れば他の二人が黙っているはずもなく・・・
『雲隠ホタルぅ~ゥォー!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ ウォー!』
『陰守、貴様暗闇を良いことに何と破廉恥な(`皿´)』
その後ろで『チッ』と舌打ちするホタル。
良いですね、この関係は。
みんな本当にマモル君が好きなんですねぇ^^;


『そんなことを言ってる場合じゃない!!』
さっと懐中電灯を奪い、もぐらすに立ち向かうマモル君。
あれ?いつもの台詞は?
『お隣を守り続けて400年』は?
あれれ??


戦闘はアッサリ終わってました^^;
曰く、『忍法もぐらたたき』だとか。
懐中電灯の光をビームサーベルに変える技、ナンデスカネ(苦笑)
※見た感じ、そんな風に見えました。


しかし、マモル君にはさらなる受難が。
喉元に突きつけられる『斬瀬羅満狗剣』。
『陰守ぃ~お主は\(`曲´♯)プンプン』
この時の椿の顔には吹き出しました。
その上、本格的に崩れ始める地下迷路。
『待ってくれ、まだゆうなが見つかってない!』
しかし、このままでは我々もと危惧する椿。
『ゆうなが!!』と我が身よりゆうなを心配するマモル君。
”どすっ!!”
『・・・済まぬ、陰守。』
不意打ちの当身を浴びせ、迷路からの脱出を図る椿。
ヤリマスネ・・・カッコ良いです。


何とか脱出した4人。
しかし、ゆうなの姿は無く・・・
ゆうなの名を呼び、塞がった穴を掘り返すマモル君。
『何処かの窪みにハマッテルンダ、きっとそうだ!』
だから僕が助けなきゃ!!
真剣な表情に言葉を失う3人。
と、ココまではシリアスだったんですが。


『マモ君、何してるの(*^-^)』
って後ろにいたのはゆうなさんその人(笑)
一人で行ったんじゃないのか!?と言うマモル君。
『ううん、行ってないよ。』
だって、マモ君が"絶対行くな"って言ったから。
『じ、じゃあ、あのスリッパと懐中電灯は?』
それはね・・・
『缶ケリの夢を見てぇ~スリッパ飛ばしちゃった(^◇^)』
それでぇ・・・
『懐中電灯を持って探しに行ったら転んじゃってぇ』
無くしちゃったから部屋に戻ったの( *^▽^)
『それじゃ、今朝いなかったのは?』
あれはねぇ・・・
『"おトイレ"に行ってそのまま寝ちゃってたから(*´∀`)″』


キタよ、”おトイレ”落ち(大爆笑)
最終回に向けて、おトイレバージョンもグレードアップしてますね^^;
大いなる勘違いに振り回された一日がこうして終わろうとする時、
『♪~』と鳴り出すゆうなの携帯。


チョットマテ・・・そのメロディハ・・・
マ、マジュイ・・・


・・・


早く公式サイトでも聞けるようにしてくれぇ!!


と、ソレハさておき^^;
一連の珍騒動は、何と愛里の家が崩れたという意外な流れにつながって行きました。
翌日の学校。
新聞にデカデカと載っている愛里。
見出しは『埋蔵金発見。時価総額100億円』
なんとあの財宝のあった場所は愛里の屋敷の真下だったそうです。
これにはマモル君も心底マイッタみたいで・・・
かたや懲りた様子の無いゆうな。
『いいなぁ愛里。』なんて言ってますし。
そこでマモル君、デタラメ情報をゆうなにリークする事に。
『この学校の地下にも先代理事長が残した隠し財産が。』
嬉々として探しに出かけるゆうな。
『アホル、何でアンタがそんなこと知ってるの?』
知ってるも何も、嘘だよと言うマモル君。
コレで懲りてくれればと言うつもりが・・・
『それ、ホリヤマ先生が言ってたわよ。』
学校の地下に隠し財産があって、地底怪獣ありだすが守ってるって。
”アリダス”ってあの靴のメーカーのパチモンですかそれわぁ!!
『マモく~ん変なの見つけちゃったよぅ~。・゚・(ノД`)・゚・。』
校庭で、まさにその”ありだす”に追い回されるゆうな。


お後が宜しいようで・・・


ちなみに次回の放送は1時間枠だとか。
久々に笑えるアニメだっただけに、
終わってしまうのは残念ですね・・・
スポンサーサイト



Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

陰からマモル!第10話「ゆうなの黄金伝説」 2006/03/19 10:03:13 ◇ 有限と無限
陰からマモル!〈4〉来襲!甲賀最強の忍陰からマモル! 其ノ壱陰からマモル! ~ミリオン・ラブゆうなの家の庭を掘っていると謎の迷路が。そして、ゆうながその中に入っていってしまい行方不明に・・・感想いきませう。続きへどぞー
陰からマモル! 第10話 2006/03/19 10:42:31 ◇ アニメに漫画それが私のシアワセ
       「ゆうなの黄金伝説」 極貧生活を強いられていることが今回始めて明らかになった、雲隠ホタルさん。ニートの長男を抱えた家計からは仕送りを期待するべくもな
陰からマモル! 第10話 2006/03/19 11:26:59 ◇ パズライズ日記
今回は巨大迷路の埋蔵金の話でした。巨大迷路を作った主は戦国武将清大菜明呂之介。要するに「巨大な迷路之介」ということですが、陰マモのネーミングセンスにはいつも脱帽です(笑)。10億円なんて端た金とでも言いたそうな愛里には何だか腹が立ちます。前々回....
陰からマモル! 第10話 「ゆうなの黄金伝説」 2006/03/19 11:57:22 ◇ アニメって本当に面白いですね。
陰からマモル!  現時点での評価:3.0~3.5  [忍者 コメディー 萌え]   テレビ東京 : 土曜 26:50  テレビ大阪 : 土曜 27:10~  原作:阿智太郎(MF文庫J)  アニメ制作 : グループ・タック   http://www.aniplex.co.jp/kagemamo/....
陰からマモル! 第10話・「ゆうなの黄金伝説」を見て 2006/03/19 13:21:35 ◇ サトシアキラの湾岸爆走日記(自転車でね♪)改
 今回は、なんとゆうなの家の地下に埋蔵金への迷路があったと言うお話! うーん、 やっぱり髪を下ろした椿っちは色気があっていい女だな。しかも今回は洗い髪。そこはかとないしゃんぷーの香りが伝わってくるようだ。この頃はマモルの存在も脳裏にチラついてるから、「恋
陰からマモル 第10話「ゆうなの黄金伝説」 2006/03/19 16:12:01 ◇ パプリカのアニメ鑑賞よた話
@@@陰からマモル!@@@アニメ・パプリカ今回は、自分たちの住む町に戦国武将が隠した埋蔵金があるらしい、という話しに、ゆうなが思いっきり食いついちゃった、っていうエピソード。何の根拠も無く、自宅の庭に穴を掘り始めたゆうなが、地下道へと続く扉を....
陰からマモル! #10「ゆうなの黄金伝説」感想 2006/03/19 19:22:00 ◇ endlessspace-無限空間
感想出だしはいつもの通り、こんにゃく家を守ってやってくれのお約束シーンで始まる埋蔵金の話を聞き、家を掘り出すゆうなそんな簡単に見つかるわけ無いとあきれるマモルだがあやしい洞窟の入り口や本物の金が出てくる。地底怪獣もぐらすが出てくる話を聞きゆうなに警告する
陰からマモル! 第10話「ゆうなの黄金伝説」~徳川埋蔵金に目がくらむヒロインw~ 2006/03/19 20:03:32 ◇ ◆◆◆ テラニム日記 ◆◆
 コウノトリは赤ん坊を、沢菓愛里は(トラブルの)ネタを運んできます。埋蔵金のハナシを聞かされたゆうなは早速穴掘り。 しかし、今回はそれがビンゴ!見事に入口らしきものを発見!!とはいえ、地下調査は素人には危険すぎる。だから「入るな」と言ったのにゆうな……と
陰からマモル感想 2000×2000-1999×1999 2006/03/19 20:41:35 ◇ ラムネブログ ナナミ~ -NOSTALGIA- オリジナル笑顔で更新中
来週は日あわせのために 2本立て最後はどうなるのか?第10話 ゆうなの黄金伝説神声術 勘がよくなるなら ゆうなの居場所はマモル「なんとなく 家の中にいる」 おわり なるはずということは マモル 埋蔵金に目がくらんでいたんですね。 ゆうなをマモル身なのに も
陰守マモル救出作戦「陰からマモル!」第10話 2006/03/19 21:58:03 ◇ その他省その他局執務記録
400年の時を経て、小鐘井黄金伝説の扉が今開かれる、第10話「ゆうなの黄金伝説」です。 ある日、学校から帰ってきたゆうなは、せっせと家の庭を掘っていました。 愛里によれば、ゆうなは、徳川幕府の埋蔵金が発見されたという記事を読んで、自分も探してみたくなった
影からマモル! 第10話 2006/03/20 03:13:53 ◇ 初音島情報局
影からマモル! 第10話「ゆうなの黄金伝説」昔の武将は何してんだよマモルは服だけ斬られたのか?愛里に電話するのこえーよたかが10億円って何よ、たかがって椿も山
(アニメ感想) 陰からマモル! 第10話 「ゆうなの黄金伝説」 2006/03/20 16:54:27 ◇ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
10話なんてあっと言う間でした。最初はなんかギャグも古臭いし楽しめるかな?って不安だったのですが、今は十分に楽しませてもらっているアニメです。さて、今回は埋蔵金。いやあ、徳川の埋蔵金は男のロマンですね。まあ、昔はよくTVでやってたのですが最近はさっぱりです...
陰からマモル!第拾話『モグラダイバー』 2006/03/20 21:07:05 ◇ いまはむかしな物語VOYAGERS
今週は内職してマイゾーキン掘ってモグラ叩いてトイレでおネンねして地下でイヤ~ンパヤパヤなお話・・・・ってどんな話ですか?
陰からマモル! 第10話 「ゆうなの黄金伝説」 2006/03/22 00:23:07 ◇ 現代視覚文化研究会「げんしけん」
 第10話のストーリーは「徳川の埋蔵金が発見されたという新聞記事を見て夢を抱いた【ゆうな】は、家の庭をシャベルでせっせと掘り始めた。すると本当に、石造りの扉が現われる。その扉を開くと、奥には真っ暗な通路が続いていた・・・。」という展開が描かれている。今回
陰からマモル! #10「ゆうなの黄金伝説」 2006/03/23 02:45:18 ◇ 今日もコレクト!
黄金伝説!なんとも景気の良さそうなタイトルですが埋蔵金は見つかるのでしょうか?また一波乱ありそうですね。