スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乙女はお姉様に恋してる 第6話です。

主観的あらすじ

エルダー選挙や、幽霊・一子の登場など、
様々なことが瑞穂の周りで起こった。
しかしそれも落ち着いて、彼は聖應女学院での生活にすっかり慣れた。
このまま何事もなく学院生活が続いていくのかと思いきや、
また新たな問題が発生してしまう。
季節は夏。夏といえばプール。プールといえば水着である。
しかし、瑞穂がスクール水着を着れば、
男であることがバレてしまうかもしれない。
そこで瑞穂はまりやの提案で、女の子の日を理由に
プールの授業を見学することにした。
とはいえ、プールの授業は一度だけではないため、
彼は繰り返し見学せざるを得なかった。
他の生徒たちはそんな彼の様子を見て、
「プールを意図的にボイコットしているのでは」と噂するようになる。
その噂を耳にした生徒会長の貴子は、瑞穂に直接、真相を問い詰めた。
しかし、その場にまりやが居合わせたため、話は大きく逸れていく。
過去の因縁により、対立関係にあるまりやと貴子。
その2人が、今回の噂の発端である瑞穂そっちのけで口論となり、
最終的には水泳勝負をすることになってしまったのだ。
すぐさま猛特訓を開始するまりやと貴子。
まりやは陸上の大会前以上に過酷なトレーニングをこなし、
貴子はプールでタイム短縮に尽力する。
だがその影響で、授業中に貴子が居眠りをするようになってしまう。
普段では考えられない貴子のその様子を見た瑞穂は、
彼女を昼食に誘うことにした。
まりやも貴子も、なぜそこまで無理をするのか。
その原動力となっている、過去の因縁とは? 
その疑問を解決するためである。
やがて貴子は、親身になって話を聞いてくれる瑞穂に対し、
因縁の真実を話しはじめる……。

物語の印象点

・水着?

瑞穂にとっては一大事。
胸はなんとかごまかしが効いても、
さすがに水着ともなればそうも行かず。
なんとか女の子の事情で誤魔化しては見たものの・・・

大変な目に会ってますね^^
素直に笑わせていただきました。

maria『ごめん、考えるの忘れてた(*^-^)』


・紫苑さん、いよいよ本領発揮?
トボケ具合がパワーアップ!

sion『忘れてましたわ(*^-^)』
ってコラー!!
貴女が一番最初に男だと看破したんじゃないですか(苦笑)

orz『何か男への道が遠のいていく・・・』

おボクさまな瑞穂がとても可愛らしかったり。

・貴子とまりやの因縁

生徒会との掛け持ちが不可能な為、泣く泣く陸上部を
あきらめ、生徒会へと入った経緯を持つ貴子。
まりやがその事情を知ってか知らずか
そのことがしこりとなって、今までの因縁が出来ていたようです。

水泳大会で決着をつけようとした二人。
何だかんだで仲良さそうでしたね^^

しかし圭さんkei、あの水泳大会はないでしょう(爆笑)


・いざとなればオトコノコ。

水泳大会に向け、練習を重ねる貴子さん。
無理のしすぎで倒れてしまうこともありましたが、
そんな時に瑞穂の男らしい機転がとても頼もしくて。
『はやく先生呼んできなさい!』
いいじゃないですか^^

mizuho『貴子さんにはいつも毅然としていてほしいから』

確かに。
弱気を見せる貴子さんは、らしくなさそうですからね(*^-^)

最後の貴子さんが見せた微笑み。
とても可愛らしく見えました。

takako>『べ、別にいいじゃないの!』

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)




スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

乙女はお姉さまに恋してる 2006/11/14 21:09:40 ◇ まるとんとんの部屋
「夏の日の狂想曲(カプリッツィオ)」  いやはや「貴子」がめちゃくちゃかあいいのですが・・・、なんでしょうか?これも立派なツンデレという奴なんでしょうか?疲れて倒れてしまった「貴子」を膝枕をする「瑞穂」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。