スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときめきメモリアル Only love 第7話です。

主観的あらすじ

期末テストも終わり、夏休み目前!
だが、桜井の陰謀で、
陸は小百合と共に文化祭実行委員にされてしまう。
しかも演劇部の黒十影先生に目を付けられ、
芝居のオーディションに駆り出される始末。
その為つかさとのデートはドタキャン。
つかさと連絡が取れないまま
陸はオーディションに向かうのであった……。


物語の印象点

・復活の天宮sayuri伝説

3週間ぶり、と言うことになりますか(*^-^)

今度の伝説はサンドイッチ。
何をやらせても様になるヒロインと言うことなんでしょうけれど、
ますます色彩がパワーアップ!
次の第6章も期待できそう^^

・つかさ、頑張る

なかなか思うように陸君と遊べないつかさ。
思い切ってデートの誘いをかけるも、
その目前で天宮さんとのツーショットを見かけてしまい
意気消沈、と言うかちょっとショック。
『ただのクラスメートだよ』と言われて、

tukasa『・・・そうなんだ(*^-^)』

ホッとした彼女がとても可愛らしかったり。

デートに向けてアレコレ洋服選びをする彼女も素敵でした。
なのに・・・・

陸君のある意味不幸フラグとも言うのでしょうか、
ハプニングに巻き込まれる体質のせいで、
デートはお流れ。
むくれる彼女がとてもいじらしいというか何と言うか(*^-^)

まだまだ予断は許さない感じですかね?

tukasa『陸くん・・・(信じてるからね)』

mina『む』

ayane『つかさも苦労するねえ(*^-^)』




・とんでもな勘違い

文化祭のみならず、演劇部の黒蜥蜴先生に見込まれ
無理矢理オーディションを受けさせられる陸君。

題材が『異性への告白』ということから、
ある程度、オチの予測はしていましたが・・・
見事その通りに。

『好きだ・・・』

sayuri『え・・・』

えって・・・天宮さん、そこで固まりますか(爆笑)
別に貴女に言った訳でなく、ただの舞台稽古だっての(*^-^)

しかも顔赤くして、恥ずかしいのか逃げ出して。
その上、その場面をつかさに目撃されて。

いろんな意味で勘違いが暴走中な感じが?


・一番の見所

つかさの手をもじもじさせるところ、
天宮さんの足の動き、水奈ちゃんの食事時のリアクションなど
物語そのものよりもキャラクタの動きが今回の見所かもしれません。
台詞でアレコレ、と言うよりちょっとした仕草で感情を表す試みは
とても面白く、そして雄弁に人物の気持ちを表していたと思うのです。

次回は水奈ちゃんにスポットが当たるみたいですね。
何か、本編をプレイしていた時の主人公を思い出す部分もチラホラ。
最初はメインヒロインと思っていたのに、気がつけば別のヒロインに夢中みたいな。


tukasa『でも陸君は、私の運命の人なんだから!』

mina『むむむ・・』

sayuri『・・・どうしよう?』


ki『JUMゥ、モシモワタシイガイノコトナカヨクシタラ・・・』

タベチャウカラネ(*^-^)♪

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)





参照りんく
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/a2357d7679c9cf0e6d8907c1e185825d/94
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/727-59cbd75d


スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

ときめきメモリアル OnlyLove 第6話「ときめきの告白」 2006/11/14 13:21:53 ◇ 恋華(れんか)
ときめきメモリアル OnlyLove 第6話「ときめきの告白」予想に反して小百合さんがメインのお話しです。
【アニメ】 ときめきメモリアルOnlyLove 第7話 「ときめきの告白」 【感想】 2006/11/14 22:39:46 ◇ TimeReversal
【あらすじ】OP⇒期末テスト終了⇒夏休みどうする?⇒キバヤシと番長⇒会長から呼び出し⇒文化祭実行委員やれ⇒天宮も⇒承諾⇒春日、天宮と青葉を目撃⇒昼食⇒実行委員は三重苦⇒ブー!!⇒『天伝5「サンドイッチ」』⇒春日
「ときめきメモリアルOnlyLove」 2006/11/17 16:35:30 ◇ まるとんとんの部屋
「ときめきの告白」  どうでしょうか?この作品も微妙なんですが、ちょっとだけ面白くなってきた感じはするのですが、今回は「陸」が演劇に参加するかどうかの試験の為になぜか「好きだ」ってセリフが「小百合」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。