スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RED GERDEN 第8話 『生きて愛せ』 
2006 11 23
Thu 18:31:37
RED GERDEN 第8話です。

主観的あらすじ

思いがけない現実に巻き込まれても、
少女たちの日々の生活は続いてゆく。
各々の友人たちとのやりとり、グレースの人間関係…。
お互いの事を知り始めた少女達は、ある召集の無かった日に、
徐々に歩み寄るきっかけを作る。

物語の印象点

・生きて愛せ

わたしの誕生を司った天使が言った
 喜びと笑みをもって形作られた小さな命よ
 行きて愛せ、地上にいかなる者の助けがなくとも
                 ウィリアム・ブレイク 

物語の1/3を消化し、歩み寄りを見せ始めた少女達。
特に物語を進める上で何か、と言うことはないのですが、
昔読んだ詩集の1節が登場するとは思いませんでした(*^-^)


この詩句の要である、”Go Love”という
二つの単語を一つにした部分。
この詩の良さはここにある訳ですが、
一方的で、自発的な、無限の無償の行為としての愛の性質を
ありありと示しているのではないかと思うのです。

それに続けるとするなら、
『絶望のむこう側にだけひょっとすると、
他人を助ける可能性があるかもしれない』

そうした冷えきった寂寥たる風景の中にこそ、
そして死んでいながらにして生きている彼女たちだからこそ
この語句が、ほとばしるような命令形の「行きて愛せ」が
もの凄く生きてきたような気がするのですよ。

前半を締めくくる意味合いとして、
これ以上ないまとめ方を見せて頂きました(*^-^)

正直この話を見てからなら・・・
あの神とまで言われたCMも、
その意味合いを変えてくるんですけどね(苦笑)

ほんの少しだけ、勿体無いかな・・なんて。

・・・クレアの『電話機内蔵リュック』攻撃は面白すぎですが。

初めてミュージカルらしいお話を見たようにも思います。

次回からはますます物語も面白くなりそうですし、楽しみ^^

ki『ワタシハJUMトイッショニイキテ、JUMダケヲアイスルンダモン♪』

ダッテ、JUMガワタシノスベテダカラ・・・(*^-^)

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)




参照りんく
http://semakuteasai.blog49.fc2.com/tb.php/217-83eb7916
http://joch.blog55.fc2.com/tb.php/407-a2ed127d


スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

RED GARDEN 第8話「行きて愛せ」 2006/11/25 20:20:54 ◇ アニメのせまくてあさい森
■ケイトもジェシカからの嫌がらせがあってからはグレースの仕事をやるようになったようです。それにしても髪型チェックまであるとは日本の高校みたいですね。アメリカでも厳しい学校はこんな感じなのかな? 学校の
【アニメ】 RED GARDEN 第8話 「行きて愛せ」 【感想】 2006/11/28 19:47:03 ◇ TimeReversal
【あらすじ】グレースらしいケイト⇒ローズ⇒本当の体があったこと⇒腹筋⇒親友⇒エロワール⇒レイチェル仲直り⇒電話止められるクレア⇒元に戻れるということ⇒犬男撃破⇒CMケイトの陰口⇒キレるローズ⇒口論⇒レイチェ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。