スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Gift ~eternal rainbow~ 第8話 『思い出の時間』 
2006 11 26
Sun 05:15:47
主観的あらすじ

大切なのは過去の思い出にとらわれることではなく、
莉子と過ごすこれからの時間を守っていくこと
――偽Giftの一件を通じて、
莉子への想いを新たにする春彦。
そんな春彦の告白を受けて、霧乃も偽り続けてきた自分の気持ちを、
まっすぐ春彦に伝えようとする。
修学旅行の前日。
霧乃は、決意を込めた瞳で春彦と莉子を呼びとめた。
春彦たちが向かう観光地には、恋愛成就で有名な寺がある。
「そこのお守りが欲しいの。春彦くんから……私に」
そう告げる霧乃を前に、春彦が選んだ答えは?


物語の印象点


・1つの答え

スキナヒトガイタ。
ダレカニワタスナンテカンガエラレナカッタ。

だから・・・ありったけの気持ちを込めてお願いをした。

すきなひとがいた。
ずっとそばにいて、わたしのことをまもってくれた。

だから・・一度は素直になれなかったけれど、
でもやっぱり気持ちは抑えられなかった。

好きな娘がいた。
初めて会った時から、それは変わらなかった。
だからもう、曖昧なままではいられない。

1つの気持ちを選ぶことは、もう1つの思いを捨てることだと
解っていても。

ようやく互いの気持ちが通じ合った春彦と莉子。
そして・・・霧乃の想いは届かないまま。
旅行先の京都の風景のせいでしょうか、
古都の持つ何かでしょうか、
お互いの気持ちに素直に向き合えた事は
素敵な事だと思うのです。


・お守りと贈り物

Giftに似ているな、と春彦は言いましたが
私的印象も同じものがありますね。

ただ1つの願いを込めて、案じる誰かに贈ったり、
1つの願いを叶えたいと言う気持ちを込めて身につけたり。
その純粋な気持ちをGiftと呼ぶのであれば、
それはそうなのかもと思ったり。

楢崎町にかかった消えない虹。
かつて莉子が願ったGiftのかけら。
綺麗な虹は、莉子の想いだったと言うことですか。


・霧乃の想いは・・・

『京都は楽しいですか?』

たった1行のメールに託した気持ち。
ほとんど前に進み出ることのなかった彼女の想いはどこに・・・
それでもあきらめるのか、それとも・・・
物語的には、あと一波乱は待っている感じがしますね。

三角関係が、と言う陳腐なお話でなく、
もっと、人を好きになると言う根幹的な部分で。
それは誰かから与えられるものなのか、
それとも掴み取るものなのか。

9話以降はそのあたりが注目かも。


・丁寧な物語
8話までで莉子の物語と霧乃の関係に1つの答えを出し、
次回からはGiftに関わる物語を構成する丁寧な仕上げ方は
とても良いな、と感じました。
今話のラストシーン、重なり合う2つの影がとても印象的でした。
その直後の莉子の涙を上手く盛り上げてくれたと思うのです。

次回も楽しみですね・・・


ki『スキナヒトヲエラブッテ・・・ツライヨネ』

ワタシモ、モシJUMガホカノヒトヲエランダラ・・・クスン

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)




参照りんく
http://crosschannel.blog13.fc2.com/tb.php/389-722a60e9
http://www.mypress.jp/trackback/tb.php/1530935



スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

Gift ~eternal rainbow~ 第8話「思い出の時間」 2006/11/26 16:29:30 ◇ Cross Channel
春彦と莉子は修学旅行ですよ。霧乃の手の届かない京都でのお話。まさか霧乃が密かに京都に追って来ている展開だと怖いが、そんなことはなかったようだ。「こいつはただの妹・・・」「妹なんだ・・・」旅行先でも春彦
Gift ~ギフト~ eternal rainbow 「思い出の時間」 2006/11/26 19:43:29 ◇ ゼロから
音声に雑音が、入りすぎていました。これは、木之坂霧乃の呪いでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。