スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乙女はお姉様に恋してる 第9話です。

主観的あらすじ

学園祭の季節がやって来た。
それぞれのクラス、部活で思い思いの出し物を
考え、一番の盛り上がりを見せるイベント。
そんな中、まりやだけが一人浮かない顔をしていた。
瑞穂の事を考えていたからだ。

今までずっと自分の後ろをちょこちょこと付いてきた、
どっちが男で女か分からないような関係だったのに。
いつも先頭切って彼を導いてきたのは私だったのに。
今はもう・・・彼?は私の手を離れ、ずっと先を歩いている。

なんだか・・少し寂しい。
その一方で、生徒会主催の出し物に頭を悩ませている貴子さん。
どうやら出し物は演劇らしいが、
その『ある1場面』に激しく動揺の色を隠せずに・・・


物語の印象点

・いつから・・・

小さな頃は、私がお姉さんみたいな役割だったのに、
いつの間にか、私より頼れる人になってしまっていた。

それはもちろん嬉しいことだけど・・・
ほんの少しだけ、寂しい・・・

mariyaaki『私だけの、瑞穂ちゃんじゃなくなったんだね・・・』


今回の物語を一言でまとめると、
コレに尽きるのかなと。

もう1つまとめるとするなら、

takakoaki『私・・・あの人の事を、もっと知りたい』

どんな時も、毅然と振舞ってきたはずなのに
最近の私はどうかしている。
同性のはずなのだから、こんな気持ちになる方がおかしい筈なのに。
でも・・・何だろう、こんなにドキドキするのは・・・・

orzaki『いや、貴子さんそれ間違ってますってorz』

orzaki『ボクは男だからドキドキしていいんです・・・でも、言えないんだよなorz』


・圭さん、絶対図りましたね(爆笑)

ロミオとジュリエットを生徒会主催の催物に持ってきたのは
いいとして。

キスシーンにベッドシーンはやりすぎでしょう(爆笑)

keiaki『フフフ(邪笑)、でも視聴者の要望?に答えただけよ』


・貴子さん、『おボクさま』は最終回までお預け??

見られない人の為に、ご用意しました。
とても純粋な人なんですよね。。
実際可愛らしい人だと思いますね。


takakoaki『う、うるさいのですわ・・わ、私だって・・・orz』


moetakako


takakoaki『だ、誰ですの?こんな破廉恥な私を載せたのは!!』


次回も楽しみ?ですね・・・

ki『イイナ、タカコサン(*^-^)』

ソウダ・・・
ネエネエJUMゥ、ワタシニモホッペニキス・・・シテホシイナ♪


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)




参照リンク
http://maruton.blog55.fc2.com/tb.php/774-5f79b27d

スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

乙女はお姉さまに恋してる 2006/12/06 23:39:25 ◇ まるとんとんの部屋
「まりやの気持ち」 いゃぁぁぁ~正直サブタイは「まりや」ですが、今回はもぉぉぉぉぉぉ~「貴子ちゃん」のデレが最高っす!キスシーンの所では真っ赤になっちゃうしねっ!どうやら「貴子」は「瑞穂」に惚れて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。