スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RED GARDEN 第13話 『休日』 
2007 01 10
Wed 21:12:32
RED GARDEN 第13話です。

主観的あらすじ

仲間たちとの関係がうまくいかないレイチェルは、
召集でのローズの言動に、辛辣な言葉を投げかけてしまう。
エルヴェとの約束をしたケイトは、
予想し得ない彼の言葉に心を騒がせる。
一方、学園では、思いもよらぬ動きが始まっていた・・・。


物語の印象点

・(*^-^)アハハハハ!!

いきなりの冒頭、クレアとケイトのやりとり。

『CMで掛かってるイイ曲』

・・・きっとアレでしょうね、神のCM^^

♪ろくわ~もぉ~はいいってぇ~
とくてんつ~きでぇ~♪

シッカリ途中で神を見させてもらいましたし(苦笑)

1クールの締めも、やるなケイト・・・

・覚醒

ケイトの力の覚醒。
月と危機感が鍵なのかな、とも思いました。
それから、『生きたい』と言う無意識の願いにも。
エルヴェとの出会いが、確実に彼女の中の『何か』の
スイッチを入れたような。

『生き抜けば、アノヒトにもう一度会えるかもしれない』
私的に思うところはそんなところもあったり。

それから学園のもう1つの顔。
とぼけた先生、実はJC達のボスなのか?

もう一人はローズ。
レイチェルの危機に何も出来ない自分を恥じ、
『もう逃げない』と心に決め、自らトレーニングを始めたり。
心が強くなれば、きっと彼女も・・・・
ただのマスコットではなくなるような、そんな気もするのですよ。

レイチェル。

友人アマンダのルークに対する真剣な気持ちの前に、
一人心を揺らがされる。

喫茶店での一時。
大人ならではの一言でしたね・・・
『今は傷とトコトン向き合うべきだ』
年をとれば、向き合う体力もなくなって行くから。
忘却を上手く言い換えた名台詞ですね・・・


・エルヴェの絶望

ついに訪れたミレーユの末期症状。
焦るエルヴェの瞳にやどった狂気。
(先生は、それでもリーズを・・・)

ダッタラ、ボクハナンダッテシテヤル。
イモウトヲ、マモルタメダッタラ。

彼の暴走と呼応するように、記憶の霍乱を見せる
リーズの2クール目での活躍が気になりますね・・・

総じて今回、物語の質はかなり高かったと思います。
ミステリーの名に恥じない良いエピソードでした。

それから、相変わらず洋服の作画、レベル高いですね・・・
毎回惚れ惚れしてますよ・・・・

ファンが少ないのは・・・萌えの要素の少なさもあるのかな??

ki『エルヴェ・・ケイトノキモチモテアソンデ!!』

JUM、ワタシエルヴェタベチャオウカナ!!

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

RED GARDEN 第13話「休日」 (アニメ感想) 2007/01/11 20:32:01 ◇ アニメのせまくてあさい森
■OPが微妙に変わりましたね。今までは停止したままだった人影がチョロチョロと動いております。2クール目突入ということでちょっと変更でしょうか。 というわけで今回も登場人物の一人一人にスポットを当てて書いていこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。