スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ときめきメモリアル Only love 第20話です。

主観的あらすじ

修学旅行も無事終わり、つむぎの高校は平静を取り戻していた。
学期末が近付くにつれ、年末のイベントやその前に控える
学期末試験などの話題で一喜一憂しているの陸のクラスメイト。
だがひとり陸は遠くを見つめてボーッとしている。
修学旅行中つかさ、水奈の自分への気持ちを
改めて知り胸を締め付けられるような思いに駆られる陸。
小百合はそんな陸の姿を心配げに見つめて・・・・・・


物語の印象点

・ボクはどうしたら・・・

曖昧なままではいられないんだと思う。
今まではただ巻き込まれるだけで、相手の気持ちまでは
良く分からなかったけれど。
才媛の天宮さんに、ほんの少しの憧れを持つ事はあったとしても。

けれど、つかさや水奈ちゃんの気持ちを知ってしまったから・・・
こんなにも真剣な彼女たちの気持ちに、今のボクは
答えることが出来るのだろうか・・・

今回もときメモらしい展開でしたね^^
どことなく陸君の抱えている悩みって、
意外なほど年頃の男の子女の子には実感できる部分も
あるんじゃないでしょうか。

気になるけど、あとほんの少しの勇気が出なくてとか、
自分でもその気持ちを持て余してしまう事って。

犬飼君が今回陸君の気持ちに喝を入れてくれてましたね・・・

陸君の抱える悩みを真摯に聞いて、
『そんなの、お前が逃げてるだけじゃねえか』と
バッサリと。

相手が真剣なのに、のらりくらりは失礼じゃないのかと。
そして空パンチを陸君の顔面に突きつけて一言。

『逃げなかったじゃねえか(*^-^)』
だったら大丈夫だ。
悩んでも答えが出ないなら、そんなもん今すぐ出るかよ。
今のその気持ちを素直に相手に"伝える"ことが大事なんじゃねえか?
言外にそんな含みを込めていたのかな、と感じましたね・・・

普段は『うぜえ』とか斜に構えた物言いしかしませんが、
きちんと陸君のことを考えてもいるあたり、実は・・・

『フラグ、立っちゃいました??』なんて(苦笑)


・それぞれの気持ちと陸君の誠意

水奈ちゃん。

a1

19話で自分の気持ちが溢れ、それが留守電での一言に。

きっと誰よりも素直で、誰よりも真っ直ぐな気持ちで陸君に
接しているからこそ、募る気持ちは大きくなったのかもですね。

a2

おみやげを手渡され、頬を赤らめる水奈ちゃん。

a3

mina(先輩、困らせちゃったかな・・・)

きっとそんな事を考えてもいて。
何であんなことを言ってしまったのか、
と少し胸を痛めてもいたのかも。
けれど、それで良いんじゃないでしょうか。
時には激しい想いのたけを伝える事だって、大事だと思いますしね。

そんな真っ直ぐな彼女へ陸君が返したお返事は。

k1

いつかキチンと伝えるよ、ボクの気持ちを。
(今はこういう言い方しか出来なくてごめんね・・)
そんな含みを感じ取り、トキメキ度もREDゾーンへ突入!!



mina『陸・・・さん("▽"*) 』


a4

って携帯握り締めて悶えてドウスルンデスカ貴方わ(苦笑)

つかさ。

高校生活1度きりの思い出、修学旅行。
運命の人、と陸君を見染めてから、いつだって全力で
陸君を見続けてきた彼女。
今回陸君の笑顔が消えたことで、一番心を痛めたのは
間違いなく彼女だったかもしれません。

t1

廊下での頬を染めた顔はとても可愛らしかったですけれど、
でも、陸君の顔からは笑顔がなくて・・

tutere

tukasa(もしかして、迷惑かけたからかな?)
きっとそう思ったのかもしれません。

そして彼女の元にも届いた同じ文言。
端から見てもその嬉しさが分かるぐらいご機嫌な彼女。

k1

tukasa(そうだったんだ・・嫌われたわけじゃないんだ^^)

t2

tukasa『やっぱり君は、私の運命の人なんだ・・・・』

って、陸君^^
これは間違いなくハーレムエンドへの布石にもなってしまうぜ^^

天宮さん。

一番のすれ違いを見せている二人。
陸君と楽しく回ろうと桜井君に相談をもちかけただけなのに。
彼にはそこを勘違いされて。

せっかく回ろうと陸君を探した時は、彼はつかさと自由行動で。
すれ違いが続く二人。

今回その二人の距離をぐっと近づけたのは図書館でした。

テスト勉強の最中、天宮さんにアタックしろとけしかけられる陸君。

それを偶然?本棚の陰で聞いていた天宮さん。
(実は偶然じゃない??)

s1


sayuri『え・・・("▽"*) 』
でも、出てくる言葉はどうしてもあと一歩を踏み込めないままで。

aya

これにはあやめも溜息また1つ^^

けれど、このままじゃ何も変わらないし変えられもしない。
それに、彼のあの寂しそうな顔を見ては放ってもおけない。

s2

そう思った彼女は校門の前で陸君を待つという大胆な行動に!

夕暮れが綺麗な中、二人きりの時間と他愛無い会話を交わして。

s3

sayuri『2学期からだよね・・・色々変わったのは』
それって、これからも続いていくのかな?と控えめに
気持ちを伝える天宮さん。

『きっと、続いていくよ』

sayuri(きっと、か・・・)
その言葉にほんの少しだけ嬉しそうな顔を見せる天宮さん。
それは陸君がバスに乗り込み、その姿が見えなくなるまでずっと・・・


s4


総じて今回は黒の人の猛チャージと
ライバル?犬飼君のフラグが立ってしまった感じですね^^

次回はクリスマスイベント。
果たしてゲーム同様『寂しいクリスマスになるのか』、それとも???

☆20話終了時点の勝手な好感度予想☆

青■■■■■■■■X1億
赤■■■■■■■■X100万倍
黒■■X255??
犬■■■■■■■■■■■■■■■■X10
17■■■■■■■■■■■■■■■■■■■X
桃■■■■■■■■■■■■■■■■←これはありえない^^;

やはり17エンドになってしまうのか??


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)







スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。