スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス 反逆のルルーシュ 第20話です^^

主観的あらすじ

元枢木政権のメンバーだった澤崎敦がフクオカ基地を占拠し
「日本」として独立を宣言。
だが、それは中華連邦の傀儡に過ぎなかった。
それに対しゼロは賛同せず、逆に黒の騎士団による
真の独立国家をトウキョウに立ち上げると謳う。
その頃、騎士を辞退したスザクは
単身ランスロットでフクオカに出撃する。
が、圧倒的な澤崎軍の前に窮地に陥ってしまう!

物語の印象点

・自分を好きになりたい、なって欲しいと言う事。

自分を好きになれないヤツは、他の誰を愛せるのか。
昔何かの小説で読んだような気がします。

スザクはある意味自分が嫌いだったのかもしれません。
かつて父を殺めた過去を悔やみ、今も惑う彼。
戦いの中に身をおけば、
その事柄から一時でも目をそむけていられるから。

そんな彼の心を知りたい、と願うユフィ。
いつまでもお飾りでなく、自分の足で何かを成し遂げたいけれど
今の彼女には、何の力もない。
せめてもの意趣返しは、スザクを自ら騎士に任じた事ぐらい。
けれど、それもキュウシュウ戦役のどさくさでスザク自身から
騎士を退任したいとの申し出で幕を閉じてしまった。

彼はこんな事を言うのでした。

『今のまま、騎士を続けるなら自分はもっと自分を嫌いになりそうだから』

物語の見所はそこからだったのかも。
そこでユフィが涙に暮れるのか、それともそこから1歩を踏み出すのか。

ユフィの演じた立場をスザクに置き換えても同じように
読み解けるのではないか、なんて事を感じましたね・・・

そして今回扉を開いたのはニーナ。

学園祭の準備に出向いた美術館で、偶然ユフィを見かけた彼女。
いつぞやのお礼を述べたくて、必死に警備員に願い出る彼女。

結果的にユフィの計らいで、膝を付き合わせ会話が出来る事に。
その中で、自分を蔑むような物言いをするニーナに、
ふとスザクの姿を重ねたのでしょうね、ユフィは。

『・・・そっか、分かっちゃいました!』
だったら私を好きになってもらえばいい、
そして私も好きになればいいと。

誰かを好きになる、と言う事は別の見方をすれば
自分の中にある他人を好きになるということと同じで。

それはきっと今の自分をもっと好きになれる、そう考えたのでしょうね・・・・

戦闘の最中、孤立するスザクに呼びかけるユフィ。

『私を大好きになりなさい!』
私も貴方を大好きになるから、だから・・・・

”自分を嫌わないで”と。

・シュナイゼルの戦術

軍規違反を犯したスザクを前線に立たせ、
(もちろん矢面に使うつもりではないのですが)
彼に突破口を開かせた上で、コーネリアが二次攻撃を、
最後のトドメをシュナイゼルですか。
万一スザクが倒れたとしても、その損失はイレブンゆえにさほど問題ではないと。

もしもそこまで考えていたとしたら、大した策士だな・・・とも
思いましたね。
妹に付いた悪い虫を退治しつつ、同時に自らの戦果も上げてしまうと。
斜に構えた見方をすると、どうしてもそうなってしまいますね(苦笑)

・ルルちゃん、素敵なおもちゃにご機嫌ちゃん。

C.C.が操縦を受け持ち、火器管制及び電子戦をルルーシュが受け持つと。
これ、適材適所ですね、ガウェインの戦闘特性を考えると。
しかもルルは自ら操縦する訳でもないのに不思議と偉そうにしてますし(爆笑)

ラクシャータの技術とロイドさんの技術が偶発的に合わさり、
結果、最強の剣を手に入れたルルーシュ。
となれば、この坊ちゃまが考えるのは・・・ねえ^^

だから『トウキョウに国を建国する』とか言い始めたんでしょうか^^
(ホントは違うと思いますけれどね)


・傀儡

中華連邦の先兵、と言う位置づけで『日本』を復興させようとしたのかなと
見受けました。

方法論の1つとしては、敗残国の在り方としてもアリなのかもしれません。
ただ、黒の騎士団の活躍、さらには藤堂の存在を考慮したうえでは
そのやり方はベターではあってもベストではなかったのかも・・・

誰かの手を待っていて得られる平和が今の日本には必要なんじゃない。
自ら勝ち取る平和こそ、今のイレブンには必要な事である。

故に、澤崎を攻めるとしたルルーシュ。
偶然にもスザクを助ける形での共闘。

この光景を面白く思わないのは・・・カレンさんでした。

『紅蓮なら、ゼロの壁にだってなれるのに、なんで白カブトとなんか・・!』
いや、それただのヤキモチですからww

・記憶のかけら

学園の中では、シャーリーがふと部屋で見つけた手紙の事を
思い返していました。

記憶がないのに、何故かルル=ゼロと書いた手紙が部屋にある。
そんなの書いた覚え、ないのに。

戸惑いとどこかぽっかり穴の開いた心。
何故か、少し心が痛い・・・
そんな風にも感じましたね・・・・

次回はどんな物語を紡ぐんでしょうか。

物語的にはあと3話の放送で終了ですし、
まとめ方はどんな感じになるんでしょう?

楽しみですね・・・

番組は3月最終週からのSTAGE23放送で
いったんの区切りを迎えますが、
その後STAGE24、STAGE25の放送を予定しているとのこと。
このSTAGE24、STAGE25の放送時期に関しては・・・・

うーん、続報が楽しみ^^

面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)




スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

コードギアス反逆のルルーシュ STAGE20「キュウシュウ戦役」 2007/03/11 07:12:07 ◇ MAGI☆の日記
コードギアス反逆のルルーシュの第20話を見ました。STAGE20 キュウシュウ戦役文字数制限の関係でフリーページにレビューは書きました。以下感想「戒厳令は必要ないよ、市民を不安にさせるだけだからね。EUのガンドルフィ外相に親書を。あぁ、それとカンボジアのトロモ機...
コードギアス反逆のルルーシュ 2007/03/12 19:27:08 ◇ まるとんとんの部屋
STAGE20「キュウシュウ戦役」 元枢木政権のメンバーだった「澤崎 敦」がフクオカ基地を占拠し「日本」として独立を宣言! それは中華連邦の傀儡に過ぎなかったとの事・・・この話で思い出したのは、「マキャベリズ
コードギアス 反逆のルルーシュ 第20話「キュウシュウ戦役」 2007/03/13 18:33:44 ◇ SERA@らくblog
スザク、死なないで! 生きていてぇぇ――! 傀儡をたて中華連邦がキュウシュウに進行。 平定に向かったスザクだったが、ランスロットのエナジーが尽きる。 生を諦めたスザクにユーフェミアの叫ぶが届く――。 ユフィ×スザクのラブストーリー…なの?(笑) それともルル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。