スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京四郎と永遠の空 最終話です。

主観的あらすじ

ようやく再会した空と京四郎。
空の身体を抱きしめる京四郎、微笑む空。
だが一方、再び大崩壊へと向かう世界。
空は世界を、愛する人たちを救う決意を京四郎に告げる。
空の精一杯の想いに京四郎が語りかける「行こう……一緒に……」と。
二人のラストダンスは、いま始まる!

物語の印象点

・永遠

昔、女の子は王子様と出会いました。
けれど、ふとしたことから女の子は
王子様と出会った事を忘れてしまいます。
女の子にとって、王子様は世界の全てだったはずなのに。
だから女の子は空っぽになってしまいました。
そして今、空っぽの心を満たしてくれるのは・・・

落下する二人を追い、茨の鞭を突き出すカズヤ。
それを阻止するせつな。

京四郎と空の語らい。
『俺は・・・逢いたかったんだ、君に』
『私も・・京四郎さんに会いたかった』

崩壊するバスティーユを前に、繋がる二人の心。
しかしバスティーユの崩壊は同時に世界の消滅をも意味していて。

『止めます』と言い放つ空。
あれも・・・”もうひとりの私だから”
かおんが、たるろってが、せつなが、そしてメギンギョルドが
それぞれの想いを私に示した今、
大切な人を守る為に、今私に出来る事を。

差し出される手。
最初に出会った時と変わらない手。

『行こう・・・一緒に』
京四郎の差し出す手を取り、世界の崩壊を食い止める空。
けれど半身の崩壊は同時に空が消える事でもあって・・・
再び4つに割れる剣。

たるろってはソウジロウに、かおんはひみこに。
そしてせつなは・・・
『マナの思いが世界を満たして行き、大切な人を救っている』
だけど、私には・・・

見ていて私的に感じたのは、この作品って『初恋の痛み』が
もしかしたらテーマだったのかなと。
実らない初恋の痛み・・ですか。

純粋なものはそれゆえに壊れやすい。
混じりけのないものだからこそ、見る人を魅了してやまない
輝きがある。
けれど、手にしたその時から、それはその手から零れ落ちてしまう・・・

・・・・何をおセンチに妄想してるんでしょうねワタシはorz

・10人の王子よりも貴方が欲しい

二人きりのラストダンス。
その後にやってくる別れを知っているからこその美しさ。

『笑っている私を覚えていて欲しい』
そう空は言います。
本当は怖いし、死ぬのだって嫌!
助けて欲しい、京四郎さんと離れたくない!
そんな葛藤を背中で隠し、世界を、大事な人を守って散った空。
後に残った白い羽根が、物語のハイライトとして
とても印象的でしたね・・・

そしてせつなへのケジメをつける京四郎。

物語的には、せつなと京四郎って本質は
似たものなのかも。。。と言う印象を最後に感じました。

空を探す、と言う京四郎。
『その前に、お前に俺をやるよ』
心は空のものだが、それまでのお前へのケジメとして
俺を好きにするといい。
最後までエゴを貫いた俺に出来る、それがケジメだ。

『京四郎は・・・その方がいいの?』
そしてせつなの下した決断は・・・
自らの長い髪を切り落とす事でした。

『私も京四郎と行く』為に。
空と逢わせてあげる為に。

ワタシガ、ソウシタイカラ。
もしかしたら永遠に逢えないかもしれないけれど、
それでも私は彼とともにありたい。

せつならしい決断なのかな・・と思いますね。
互いに見果てぬ初恋の思い出探しで幕を閉じる、
と言うことでしょうか。

その純粋な気持ちは、あの永遠の空の向こうに・・・

最後にスタッフの皆様本当にお疲れ様でした。


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)






スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。