スポンサーサイト 
-- -- --
-- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のだめカンタービレ 第11話 『LESSON 11』 
2007 04 05
Thu 17:29:28
のだめカンタービレ 第11話 です。
遅くなって、申し訳アリマセン・・・

主観的あらすじ

学園祭最終日。
満席のホールの中、観客はミルヒ率いる
Aオケの登場を心待ちにしていた。
千秋は数日後に日本を去っていくミルヒに対し、
もっと教わりたかったと思いつつも最高の演奏を披露。
同様にミルヒもまた、巨匠としての指揮で最高の
オーケストラを奏でる。
そんな千秋とAオケの演奏をみたのだめは、
強い衝撃を受け、寝食を忘れ取り付かれたように
ピアノを弾くのだが、ミルヒにそれを否定されて?

物語の印象点

・触発

今回は演奏が特に良かったなと^^
ミルヒと千秋の協奏曲。
『音楽を楽しみましょうか』と以前ミルヒが言った言葉そのもの。
アニメ版でこれだけ楽しませて頂いたわけですから、
きっと実写版はもっと楽しめたのかな・・と思うと
視聴してなかったのが勿体無い・・とも感じてもいたり。
そんな演奏が放送の中心でした。

もちろんのだめさんにも良い意味での触発になったみたいで。
着替える時間がなく、着ぐるみのまま千秋の演奏を聴く事に
なったわけですが、思わず手にしたぬいぐるみを落としてしまうほどの
感銘を受けたみたいで・・・

『ピアノ弾かなきゃ!』
けれど、そこには何か一つ『足りない』ものもあって・・・

『音楽と向き合うことです』と言うミルヒ。
今のままでは、オケとの協奏は無理ですね・・と言う一言。

ああ、そうなのかと思ってしまったり。
確かに今までの千秋とのだめさんの珍妙なやりとりを見ていても、
それ、音楽に置き換えてもそうなのかな?と得心がいってしまったり。
自分の気持ち、を常に前面に置いて、暴走してしまうのだめさん。
けれどそこに・・『相手の気持ち』と言うか『合わせる』、
あるいは『正しく相手の姿を見る』と言うことがないのも確かで。
つまり『自分のイメージで自己解釈してしまう』ことが
最大の問題なのかなと。

そのあたりを次回以降、どう物語に織り込んでくるのかな?
なんていうのが楽しみでもあったり・・・・

そしてそんな次回は4/12の放送なんですよね・・orz


面白かった、あるいは1言コメントなどありましたら、
下の拍手ボタンを押してみてください。
(コメントの返信はカテゴリ『雑記』記事(WEB拍手)にて)





スポンサーサイト

Re comments.

Comment form.

  管理者にだけ表示を許可する 
  注意 名前、タイトル、本文を入力する事で投稿可能になります。

Trackbacks.

のだめカンタービレとは 2007/04/20 03:50:26 ◇ のだめカンタービレとは
のだめカンタービレの漫画・ドラマ・アニメ情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。